<   2016年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

索引 2016年12月


Eingriff bereit? 2016-12-31 | 生活
刺し方が難しいケーキ 2016-12-30 | 生活
厳しい冬の森林駆け足 2016-12-29 | 生活
対照とされる音楽劇場演出 2016-12-28 | 音
今年も栗入りザウマーゲン 2016-12-27 | 料理
晩餐の為の運動の朝 2016-12-26 | 料理
クリスマスの買い物終了 2016-12-25 | 暦
11月のような冬至が過ぎて 2016-12-24 | 暦
イスラム化を阻む漫画化の威力 2016-12-23 | 文化一般
オージーの天狗裁きの朝 2016-12-22 | 生活
クリスマスマーケットなんて 2016-12-21 | マスメディア批評 TB0,COM2
待降節第四主日を終えて 2016-12-20 | 暦
高尚な数寄者の審美眼 2016-12-19 | 文化一般
囮になる狩りのその日 2016-12-18 | アウトドーア・環境 TB0,COM2
過去を学ばなければいけない 2016-12-17 | 文化一般
可処分所得三割増の一年 2016-12-16 | 暦
カンボジア風バッハの破壊力 2016-12-15 | 文化一般
Wake-On-Lanで使うXP 2016-12-14 | テクニック
電光石火の笑いの意味 2016-12-13 | 女
日曜日の朝寝がよい 2016-12-12 | アウトドーア・環境
時計を合わせる学力 2016-12-11 | 生活
弁証法的な辛い生活 2016-12-10 | テクニック
デジタル情報をものにする 2016-12-09 | アウトドーア・環境
震えるバルコンの測定 2016-12-08 | 暦
プロテスタンティズムの焦燥 2016-12-07 | マスメディア批評
婦女暴行殺人事件の容疑者 2016-12-06 | 雑感
持続力を鍛えていくと 2016-12-05 | アウトドーア・環境
楽譜が読めたならの持続力 2016-12-04 | 音
氷点下の峠を攻める 2016-12-03 | アウトドーア・環境
軽く回り過ぎるエンジン 2016-12-02 | 雑感
ボットネット「未来」の攻撃 2016-12-01 | テクニック

[PR]
by pfaelzerwein | 2016-12-31 18:00 | INDEX | Trackback

Eingriff bereit?

d0127795_135066.jpg
温度管理が難しい。零下摂氏数度になるとあまり分からなくなる。寧ろ寝起きは暖かく感じて、寝室の暖房をつけっぱなしいしていたのではないかと思ったぐらいだ。が実際には、窓に午後も氷柱が残っていた。暖房をしている寝室の天窓である。流石に走りには行かなかった。車の外気温計も氷点下のままである。それでも陽射しがあると、冬至も越して、新春という気がしてくる。

荷物が届いた。早速下着のボクサーショーツを履いてみる。購入者が書いていたように生地も細やかで柔らかい。ネットの写真を見ると毎夏に履いているステテコと呼ばれる綿の織生地の硬いものとの差があまり分からない。詳しく拡大しないと分からないのだ。だから購買者の感想が決め手であった。その固いものならば二割ほど安い価格である。しかしこれは違う。

また誰かが「アイングリッフが小さくしか開いていない」と残念がっていたが、なるほどとも思った。就寝時に直に履いてみないと最終的には結論は下せないが、生地とそのフォーム、また評判の良い柔らかいゴム部などは良さそうだ。大きさも7XLと就寝用には丁度である。活動時ならば6Lなのだが、それでは窮屈過ぎて、8XXLならば洗濯でゴムが伸びるとだれだれになってしまうのだ。夜が楽しみである。

先日ドイツを代表するチェロ奏者ハイリンッヒ・シフの死亡記事が載っていた。お弟子さんなどは知己があり、彼からファックスなどが入って来た瞬間に居合わせた。しかし、恐らく大阪で一度生演奏を聴いたぐらいで、あまりコンサート等では出会っていない。最近は指揮活動をしていたようで、何かロストロポーヴィッチを思い起こすがブルックナーなどを得意としていて、明らかに三流の仕事しかしていなかったから知らないのは当然であろう。死亡記事にはチェロ出身の有名指揮者がリストアップされていた。何といってもトスカニーニだが、あとはアーノンクールぐらいで、それ以外はロストロポーヴィッチのように胴音の管弦楽を鳴らすような人が多い。演奏者としては素晴らしい音を奏でていても指揮者となると中声が強調されて譜が読めないような人が多いかもしれない。もともとザルツブルクの人とは知らなかった。アロイス・ツィンマーマンのチェロ協奏曲の録音が手元にあるが、代表するものの一つであろうか。

ワインを探す序にクリスマスイヴからの温度測定のためにセットしておいたラズベリーパイを回収した。気温は摂氏13度から9度ぐらいで約4度の温度差である。大まかな傾向から外気がこの間20度近く下降しているのに比べて安定している。実際の温度を2度下げてたとしてもそれほど冷えていない。夏も20度止まりとすれば上下数度で納まるだろうか?もう少し研究してみないといけない。



参照:
刺し方が難しいケーキ 2016-12-30 | 生活
対照とされる音楽劇場演出 2016-12-28 | 音
[PR]
by pfaelzerwein | 2016-12-31 01:04 | 生活 | Trackback

刺し方が難しいケーキ

d0127795_22201011.jpg
久しぶりにネットショッピングをした。前回は、急遽手配した壊れたHDDに関するものだったので、11月始めだった。年末は決算期でもあるので、保険や会計の支払い等が一挙に押し寄せてショッピングどころではない。それでも年末に発注して請求書が出されると2016年度の会計として落とせる。その辺りもあって、クリスマス前に続いてネットショッピングはフル回転だと思う。

秋から検討していたプリンターのインクを籠に入れる。年明けに延ばせても一月末までは分からない。その間に印字するものが多ければ危ない。支払いが来る二月頃にはひょっとすると使い始めるかもしれない。しかしそれだけでは送料無料にはならない。

今回目をつけたのは、PC周りの片付けなどから、電源スイッチ付きのタップがもう一つ必要になったことで、その解決策としてHiFiシステムに使っているタップを取り換えてしまおうというものだった。現在そこから電源を使っているのは、DAC、センターコンソール、カセットデッキ、DATカセットデッキ、フォノアムプ、LPプレーヤー、グーグルキャスト、CDプレーヤー、SACDプレーヤーと9種類の機器である。この中で毎日電源を入れるのは3種類で、精々数種類を不定期に稼働させているだけだ。しかし現在のタップではそれらを稼働させると全部に電気が回るようになる。これでは夜中などに電源を落としても節電効果があまり出てこない。そこでメイン以外にも銘々に落とせるタップを採用することにした。更に前面で切り替えなので、床に置いておいても使い易いものが比較的安く見つかったので発注したのだ。

最初に発注するときはアマゾン販売ではなかったので、送料無料にするために他のものを更に探した。スキーシーズンになったので、洗浄不凍液を準備しておかなければいけない。昨年凍結のためにノズルを破壊して200ユーロ以上の修理費を必要としたのであった。だから昨年暮れに5lに対して17ユーロも払って不凍液を購入している。そして調べると同じメーカーでリッター6ユーロというのがあった。それも零下55度までを謳っている。純度が高いのある。水で薄めたりの面倒はあっても、こちらの目的に適っているのである。

この冬使ってみて分かったのは、そもそもなによりも夜中に駐車しておく時に必要なので、水洗液の量は要らないのである。凍らさないことが最重要なので量を減らしておけばよいのだ。つまり5lは要らない。必要な時は後で薄めればよい。つまり、丁度この液で調整すればアルプスの駐車場ならばどこでも凍らないということである。

そしてこれでも足りないので、懸案になっていた下着を調べる。数年前に購入したものが崩壊状態になっているがそれを就寝時に使っている。流石に穴が開いたりしていると用を成さないので探した。中々見つからなかった。要するに前が開かないものが安いのでこれが売れ筋で、実際に前回これを注文してから、それはそれなりに使えるのも分かった。但し小便するのに大便器に向かわなければいけないこともあって、TPOの問題だと分かった。

それが今回は、ドイツ語でこれをEINGRIFFというのだが、そのまま取り出し付きで検索すると幾つかが見つかった。その中でシーサーのサブブランドで質がよさそうなものが見つかった。二枚組で16ユーロならば数年は間違いなく保つようなので試してみようと思った。

そして発注すると、次には同じタップがアマゾンで直販となっている。早速全てをキャンセルする。結局下着もインクも近く購入しなければいけないのでそのままに発注すると一ユーロほど決算代金が上がった。それでも送り返す時に容易で無料になるのでそのまま発注とした。

昨日のビンネンシュティッヒつまり蜂の一刺しのケーキは生クリームが美味かった。持ち運びで壊れやすいのだが比較的無事に皿に乗ることになって写真撮影した。また文字通りフォークを簡単に入れると壊れるので刺し方が難しい。パン屋は来週から二週間お休みだ。パンは二週間目には肉屋でも買える。しかし走るコースが変わるので検討しなければいけない。



参照:
花崗岩の標高700mの風 2016-05-08 | アウトドーア・環境
積極性が満ち満ちるとき 2015-09-28 | 生活
[PR]
by pfaelzerwein | 2016-12-29 22:21 | 生活 | Trackback

厳しい冬の森林駆け足

朝のパン屋、走りがとても辛かった。クリスマス明けに買えなかったので、明日こそはと思って床に就いた。夜中に目が覚めたのはノートブックをつけたまま寝込んだからである。明け方の眠りを楽しんだが、分かっていながら起きるのが辛かった。あの温もり感の気持ちの良さを捨てて、出かけてショーツで走ることを考えると気持ちが萎える。それでもここ暫くの風邪気味の体調と近々スキーを試してみなければいけないことを考えると楽はしていられない。どこかに動機つけが無いと厳しい。

パン屋で久しぶりに新鮮なビンネンシュティッヒを見つけたので購入すると、翌日のクロワッサンを含めてほとんど5ユーロになった。先日来GPS時計の調子が悪かったので押しボタンを裏蓋を外して調整してから調子は良くなった。その時計でGPSを捉えながら駐車場に近づく。

遅い時刻で昨日に続き陽射しが出ていたので摂氏2度ほどの放射冷却の割には沢山の人が来ている。爺さんが戻ってきて犬を車に乗せるのに時間を掛けていた。同じようによぼよぼの犬が一日中帰りたくない様だということだった。同じ爺さんでも犬の方がやはり活動的だ。

ショーツになるのはいつものように勇気がいるが、手袋を嵌めてバンダナを巻いて準備体操しているうちに徐々に上がって来る。足取りは悪くないのだが、太ももが寒い。路上駐車の車は皆霜取りに大変そうだった。これでショーツならばスキーでもショーツで滑れるななどと考える。登りも足元が悪く苦労して、最後に吹かすがそれほど早いわけはない。降りではスピードを狙う。時速12㎞越の時間は長くなりつつあるがまだまだである。爪先が冷たくなるのは、靴のプロフィールもちびって来ていて靴下も薄いからだろう。冬の走りは厳しい。下りて来て15分5秒は凡庸であるが、下りの速度が安定してきている。

最高速を上げるにはピッチかテムポかと考える。フォームが定まってからはあまり考えなかったが、テムポを上げ過ぎると息が続かなくなる、またピッチを長くし過ぎると足元の状況で不安定になる。どちらかを改良しないことにはとても時速15㎞どころか13㎞も難しい。ネットで調べてみよう。



参照:
持続力を鍛えていくと 2016-12-05 | アウトドーア・環境
DNSサーヴァーを調べる 2016-11-21 | テクニック
[PR]
by pfaelzerwein | 2016-12-29 00:11 | 生活 | Trackback

対照とされる音楽劇場演出

承前ロストロポーヴィッチが指揮したマドリッドでの上演のTV放送録画があった。試しに見てみた。どうも翌年モルティエー博士が再びこの作品を取り上げているようで、新制作には今年バイロイトデビューをしたヘンヒェンが指揮をしている。録音や画像を悪さを通してもロストロポーヴィッチの指揮の悪さが甚だしい。技術だけでなく音楽的にも楽譜が読めているのかどうか怪しい。あれだけのチェロ奏者も指揮者としては三流であったことが明らかになるようなアーカイヴである。なぜあの年齢になってからこのような仕事を引き受けたのか不思議である。それには前史があって亡命とその後の「マクベス夫人」復興上演によって西側で経済的だけでなく政治的な宣伝としても任を担った背景があり、そうした過去を最後まで引き摺ることになったのだろう。

そして今回のハリー・クッパーのような演出でこの「マクベス夫人」を体験すると後を引く。同じようなことを感じた人もいるようでツァイト新聞には最近になってようやく批評を書いている。発刊回数の問題があるにしても時間を掛けて熟成させている。そして私が「新劇」と書いたことに対して、明白に「ブレヒト」を対照として挙げている。つまりその流れからのクッパーの舞台演出家としての仕事が現実化した結果としてこれを捉えている。舞台下に沈む陰の主役の音楽監督については絶賛していても、演出に関してはなかなか充分に書き切れないということでもある。

その演出と音楽に関して一つだけ挙げておくべきことがあった。それは当日の冊子にもあったように先ごろ亡くなった米国の作曲家エリオット・カーターがこの改定された作品の上演を1950年代にドイツで観て発した言葉である。それによると、旦那が知らせを受けて戻ってきて現場を抑えると直ぐに浮気相手と妻によって殺害される場面の音楽が可笑しいというのである。手元にある楽譜と今回演奏されている最新校訂版とは相違はないようだ。この作品で重要な役目を果たすBクラリネットの旋回音が鳴らす息途絶える音はあるのだが、作曲家の鋭い耳の評価は分からない。但し今回も初日のラディオ中継では「人形」と呟いたところで笑いが起こったようだ ― そもそもこの曲ではクラリネットからファゴットの使い方など固執しているような組み合わせや管弦楽法にも気が付く。その後は「手違い」が無くなっているので演出上の所作とかの改正でそれを防いだとみられる。批判した作曲家の真意は何だったのか?

知れば知るほどパロディー満載で、マーラーのアーダージェントならず愛のアダージョを、「ばらの騎士」のヴァルツァーなど恥ずかしもなく引用変容させているが、ここまで意味も無く遊びで多くの曲を書いている作曲家は珍しいのではなかろうか?そこが全くヒンデミットなどとは大違いである。そこまで気が付くとキッチュな映画音楽やその他のパラフレーズのような曲も同じ感覚での創作としか思えない。(続く)



参照:
電光石火の笑いの意味 2016-12-13 | 女
一様に誤解なく伝わる芸術 2016-10-26 | 音
[PR]
by pfaelzerwein | 2016-12-28 06:29 | | Trackback

今年も栗入りザウマーゲン

d0127795_22443457.jpg
何時ものように栗入りのザウマーゲンを食す。付け合わせには緑のヴィルシングと思って見ると白菜の倍の価格だったので、白菜にして、マッシュポテトの代わりにコメを炊いておいた。白菜は炒めて茸を混ぜてじっくり煮込んだだけいい味になった。どうせザウマーゲンを温めるには一時間以上お湯に浸けておかなければいけない ― 四人家族ならば膀胱ではなく本当に胃に入れた二キロ大ならば更に時間が掛かる。米も一時間ほど掛かるので、いい具合にパンを千切ってワインが開くまでに試飲と称して口をつけるのとで、丁度都合よく時間が流れる。男の料理にはオードブルが欠かせない。

また何時ものようにワインはイエズイーテンガルテンを開ける。前日の魚類には2010年ウンゲホイヤーを開けた。両方ともフォン・ブール醸造所のものである。ウンゲホイヤーは余っていて比較的安かったので二三本買った筈だ。酸が突出する年度だったので保存には問題ないと思ったからである。最初から最後までそれほど悪くはなかった。糖が数時間経つと分離傾向になるが、この年のものとしては秀逸だ。勿論驚くほど綺麗に熟成していたレープホルツ醸造所のガンツホルンとは比較にならないが、ビュルクリン・ヴォルフ醸造所のカルクオーフェンよりも良かったかもしれない。最初開けた早々はぺトロール香のようなものを感じたが直ぐにそれも飛び、杏子系の味筋が中々美味である。ただしそれが魚類の食事に求めたいミネラル風味としてそれほど強く感じないのは一度は名門復活しかけたあの醸造所の技術的な限界だったろう。

兎に角、満腹で飲みたいだけ飲んだ。リースリングは今一つだったが、久しぶりに腹一杯食した。そして夜中の三時に目が覚めた。あまり眠っていない、そして朝寝した。太ももや脹脛がなぜか疲れている、腰が張っているのは韋駄天走りの為と分かるのだが、太ももなどは後ろ側の張りを除いて久しく前側には疲れはなかったものだ。理由は分からないが膝が良くなってきているので動きが変わって来ているのだろうか。

年末年始過ぎには一度試し滑りに行かなければいけない。喉が若干腫れ気味である。暖かくなってきた今が危ない。体温の調整も難しい。あれだけ栄養を摂ったのだから簡単に風邪をひいてしまうようでは困る。早朝は歯茎が腫れ気味で問題の歯間から血が滲み出ている感じがあった。そして歯がぐらぐらしている感じだったが、もうひと眠りすると歯も確りしていて調子が良くなった。



参照:
天晴熟成10年産ガンツホルン 2016-08-25 | ワイン
栗ザウマーゲンのXマス 2014-12-27 | 暦
晩餐の為の運動の朝 2016-12-26 | 料理
[PR]
by pfaelzerwein | 2016-12-26 22:44 | 料理 | Trackback

晩餐の為の運動の朝

d0127795_4185090.jpg
イヴの食事は満足だった。14ユーロは予算オーヴァ―だったが、先ずは価値があった。昨年までとは異なるのはサーモンを食したことである。燻製が特に好きな訳ではないが、スーパーの安売りでディル入りの芥子を購入していたのでこれを使いたかったのである。勿論八百屋でディルも購入したが過不足なかった。

ビオとヴィルトつまり野生とノルウェー産と三種類があったが、先の同価格の二つから色が濃くて、味の強そうなのを選んだ。芥子に合い易いからで、燻製臭があまり目立たないと思ったからだ。図星だった。三枚注文したが四枚入っていたので、一枚は改めて食する。こうしたものを食するとスパーで売っているパック入りのものは食べられない。別の食品である。同じ金を出すなら少々高くてもこうした専門店のものが断然美味い。スパイヤーはこの辺りでは漁師部落としても有名だ。その下流はヴォルムスであり、双方とも日本でも世界史の教科書で間違いなく習うローマンカソリックの主要拠点である。

翌朝25日は暖かくなった。風呂場も薄く暖房を入れてあったが、外気温が八度近くになると殆んど効かない。イヴの夜から雨がちだったが予想通り時間が経つにつれて上がって来た。八時前から布団の中で様子を窺っていた。正直、頂上まで上がるのは億劫で仕方がなかった。前回は12日で二週間近く経過している。その間は風邪気味のような調子で、その時の自己記録など更新の仕様がない。動機づけがあまりない。

それでもクリスマスの食事を食べなければいけないのだ。おなかを空かす位に運動しなければいけないだろう。最も手っ取り早いのが頂上まで走ってくることだ。これが動機づけだった。暖かめの割には地面の濡れていて人影は少ない。軽く流すと言っても、足にも来たり、加速したりでスピードの割には速度が上下して苦しかった。同じ苦労するならば記録に挑戦した方がましだ。それが出来ない体調で何度か引き返すことも考えたが、意地で頂上まで駆けると、降りも心肺を鍛えるような走り方になってしまう。


登りは予想通り36分40秒で凡庸であり、57分で帰って来た。風がアゲインストで強くて厳しかった。少なくとも食事分のカロリーは消費しただろうか?計測すると70㎏を久しぶりに割っていた。この調子である、但し筋力が落ちているとなると再び鍛え上げなければいけなくなる。先ずはスキーで膝の調子を試してみなければいけない。

結局その後に陽が出るが、天気が悪くても頂上から降りて来る親仁や、犬を連れて坂を上って来る親仁などがいて、ドイツも変人が沢山いるなと思うばかりである。奴らも晩餐のために運動しているのだろうか?



参照:
日曜日の朝寝がよい 2016-12-12 | アウトドーア・環境
土壌の文化性の問題 2012-12-26 | 文化一般
クリスマスの買い物終了 2016-12-25 | 暦
[PR]
by pfaelzerwein | 2016-12-26 04:22 | 料理 | Trackback

クリスマスの買い物終了

クリスマスの買い物を終えた。例年のようにストレス勝ちの年末であるが、この辺りで一段落となる。買い物に早く出かけるために早めに床に入った。何も特別なことをしようとは思わないのだが、毎年のように習慣になってしまうと、考える必要もないが強迫観念にもなってしまう。以前は祝日連休ともなると買い物を済ませておかなければ困るとか、どこかに出かけなければ行けないとかの別の強迫観念があった。実際に生活上困るからである。それが今や習慣に縛られるようになっているのである。

コメント欄でドイツのクリスマスは?という問いかけがあったので、つくづく日本の正月三が日に似ているなと思った。家族が年に一度に集まる機会であるというのがこうした習慣性を如実に表している。キリストの生誕と関係があるようでないようでの因習化したことの方が重要な要素となっているのである。日本の正月に関しては充分な分析が出来ていた筈だが、こうしたクリスマスとの差異が分からなくなったり混同してしまうような気持ちになると、その因習化した意味について目が開かれるような気がする。モミの木の飾りの為にマーケットをさまよう人や門松や飾りを終える新年のそれの共通性など一神教のそれと多神教のそれとの差とは関係ないそれが面白いのである。

ラディオでは合衆国が初めてイスラエルへの国連決議に拒否権を使わなかったとニュースになっていた。反イスラエル政策だとイスラエルは批判するが、オバマ大統領が最後の最後で主張をしているのが興味深い。対イスラエル関係に関しては冷え込んでいるのは分かっていてもこうした態度は前例ともなるので国際政治上も意味があるのだろうか。少なくとも徐々に公平な態度をとれるようになって来るならば意味がある。連邦共和国のイスラエルへの態度に関しても徐々にその熱量を落として来ているのは明らかで、ユダヤ人問題からあからさまに批判は出来ないにしてもその政策を肯定はしていない。

クリスマスイヴは、来週の最終週のことも用意しておかなければいけないので、少し仕事をしなければいけないかもしれない。昨晩は暖かくなることもあって、再び暖房を消して就寝した。どうも歯茎の調子は歯軋りよりも就寝時に顎を下にするとかで物理的な圧力がかかっていることで悪くなるらしい。これではなかなか炎症が治まらない。寒気もこの炎症から来ているとなるともう少し注意しなければいけない。

起きたのは予定していた暗闇ではなかったが、雨が降っていて車通りも少なかったので寝坊をしたのだろう。急いで身づくろいをして出かけた。パン屋は無理なく駐車出来て、行列も思ったよりなかった。欲しいものが買えた。その足で市場に行って何時ものスパイヤーからの魚屋でテリーヌなどを購入した。14ユーロを超えて予算を超えて支払い不能なので急いで銀行に金を下ろしに行った。そして支払いを済まして八百屋に向かった。何時ものようにプレゼントの花の小鉢を貰いに行く。予算よりも少なくここでは10ユーロを切った。これで完璧である。一先ず安心だ。



参照:
クリスマスマーケットなんて 2016-12-21 | マスメディア批評
待降節第四主日を終えて 2016-12-20 | 暦
[PR]
by pfaelzerwein | 2016-12-24 19:14 | | Trackback

11月のような冬至が過ぎて

HDDを交換してから一月半ほどになる。マイデーターもDディレクトリーに移したのでとても快適である。この調子ならば2012年12月から使い続けているノートブックが壊れるまでにCディレクトリーが三分の一を超すことはあり得ないだろう。それでも30GBほど余裕がある。RAMも8GBなので弄る必要もない。そのように思っていたが寝室の籠もり部屋で使っているとヒーターのお湯の流れる音とよく似た音が新しい1TGのHDDから聞こえるのが気になりだした。読み書きしていなくても、回り続けているためにそれが気になるようになってきた。以前の750GBとは振動域が低くなった分気にならない筈だが、音量は増えているのかもしれない。 要するに籠もり部屋で静かに読書でもしていると、暖房のお湯の流れとこの回転音がステレオのようにして聞こえるのだ。暖房の方も調整が行き届いているので水が流れるような音がしないのでエアコンのファンよりも遥かに邪魔にならないだろう。PCの方も書き込みで吹く時の音とは違うのでそれぐらいの騒音でしかない。勿論音出しして乍ら仕事などになると気になる筈もない。それでも気になるのはやはり住環境が以前より静かになってきているからだろう。

今年はバルコンのドアを直したのでそれだけでも街道筋の音が更に小さくなった。これも大きいかもしれない。街道筋にある建物乍ら、車の気配を感じても数を数えるとなると耳を澄ましていても難しい。つまり室内で直接音や振動が感じられる場所などは限られるということだ。ドアの隙間が無くなると余計に直接音が減った。それでも期待していた保温効果は冷却効果と比較するとそれほど感じられない。つまり以前は隙間風や騒音は気になったが、遮音効果は高まっても陽射しが無いと保温効果はあまり感じられなく冷える。

このシーズンは未だに浴室のヒーターを切っている。そこで毎朝ヒートショックを体験する。血圧が上がっていると感じるのはこの時だ。寝室を温めて就寝しても熟睡は出来なかった。寝起きも良くない。籠もり部屋は快適な摂氏18度ぐらいに保たれているが、夜中にどこまで落としたら熟睡が可能となるのか、浴室でのヒートショックを避けれるのかなど設定が難しい。そこに着衣の状況や外気温の変化があるので更に調整が困難になる。

節約を緩めて浴室に緩く暖房を掛けることも考慮する。なぜか今年はいつもは籠もり部屋へと流れるお湯の道筋が ― 丁度CD並べてある棚の裏側である ― 温まっていない。理由は全く分からない。そこで浴室の暖房を入れてみることで現象を観察することは可能かもしれない。

兎に角、今年は昨年よりも寒いのは確かである。例年ならば11月が最も寒く感じるが、今年はそのような陽の無い12月となっている。当時にはバルコンでも温度が夜中五時過ぎに最も下がっていた。相変わらずショーツで走っているがこれも温度差が激しい。



参照:
バルコンからの冬籠り 2014-01-10 | アウトドーア・環境
外国人に手厚い社会保障 2014-12-05 | 文学・思想
[PR]
by pfaelzerwein | 2016-12-23 23:30 | | Trackback

イスラム化を阻む漫画化の威力

車中のラディオは、ムスリムを取材して、インタヴューを流していた。女性の祈りや金曜午後の仕事時の祈りの時間やその作法などについてである。そして一人がムスリムとしての信心について語る。「神は命」であるのになぜ自殺テロなどが起きるかとの問いに答えてである。それによると、「今起きていることは神が与えた試練であって、皆がムスリムになれば解決する」ということらしい。キリスト教の救済もユダヤ教の何もかも同じであるが、簡単に現実的に成就するようなことでは宗教にはならないのである。それを称して信心という。イスラム教も宗教としてサブカルチャー化して仕舞えば解毒出来るのだがカトリックなどと同じようにその勢力も衰えていくことになる。

新聞にクララ・シューマンが日本の漫画化されていることが報じられていたが、音楽芸術などもサブカルチャー化されることで本来の爆発力も影響も失われてしまうので、ムスリムがモハメッドをコミック化することに過激に反対するのもある意味正しいのである。コミック化というのは ― デフォルメと言い換えることが出来るが ―、それがアニメ―ションでありどのような形であり、解毒化、サブカルチャー化としての非文化化にとても大きな威力があることがこれでもよく分かる。このことは美学的にとても興味深い。

またニュースでは、連邦共和国の税収が再び膨らんだと伝える。労働市場の好況とまた相続税の伸長などで増えているらしい。更にアウトバーン用の通行税をEU市民からも徴収するとなると可成り公共投資にもまた将来のための研究開発などにもテコ入れが出来るようになる。モスリムもその他いろいろ外国人労働者も含めての税収であって、皆喜んでドイツで仕事をしている限り何一つ文句の出ない好況である。政府を小さくして無駄を省いていくことは大切であるが、役人も含めて公共事業などで豊かになるならば、文句の言いようもない。



参照:
まだ言論の自由がある? 2006-02-17 | BLOG研究
啓蒙されるのは誰なのか 2015-01-16 | 文学・思想
クリスマスマーケットなんて 2016-12-21 | マスメディア批評
愛おしくて、侮れない 2016-08-23 | ワイン
[PR]
by pfaelzerwein | 2016-12-23 19:43 | 文化一般 | Trackback