タグ:ベルリンからの生中継 ( 2 ) タグの人気記事

録画録音した中継もの

d0127795_21214944.jpg
先週金曜日のベルリンからの生中継を聞いた。録音してみると、デジタルコンサートの音質よりも良さそうだ。通常は日にち違いでDLFが流すのだが、今回はシーズン初日でARD全局の協力の中継だった。無難にSWRを流した。バーデンバーデンからの中継などでそのネット伝送には満足しているからだ。フランクフルトのARD中央から同じ経路で流された可能性もある。但し中継に傷は何度もあった。

ヴォルフガング・リームに捧げられているハースの新曲「小さな交響詩」も手慣れていた。どうも同じ編成でメインの「天地創造」を継承していて、嘗てのヘンツェやツェンダーなどとは全く異なる方法で前奏の委嘱目的を果たしている。

ハイドンも流石に当代切ってのハイドン指揮者だけあって、その(創世論に関してもの)ユーモア感覚やベルリンのフィルハーモニカ―の弾かせ方も的を得ていて気持ちよい。本当にそれが幸福というもので、それがライフスタイルというものなのである。やはりこの指揮者とこの楽団の演奏は制作録音しないといけない。今回も欧州中で多くの客演をするのでその準備は出来る筈だが、儲からないのでその心算などは無いのだろう。

実は金曜日の夜は同じ時間帯にプロムスでの「グレの歌」の放送もあった。こちらはロンドンのシムフォニカーの演奏で、興味はあったが、ベルリンでのそれよりはよくなる筈はないと直ぐに判断が付いた。あの辺りのレパートリーではロンドンではこの指揮者からベルリンでよりも多くを期待できないだろう。

日本でペトレンコ指揮「ルル」のDVDが発売となっていて、そのフロントの舞台写真の光景は記憶に無かったのでがせねたかと思っていた。しかしベルエア―の発売で本物らしい。同じような映像はARTEで流れたものなどメディチTVなどのクレディットがついているものが沢山あるが、なぜ今「ルル」発売なのかは分からなかった。

手元にあるファイルは2.8GBの劇場のストリーミングを録画したもので、P1080で音質もAAC126kbps、44.1kHzでそれほど悪くはないが低音が抜けない。発売されるものはどれぐらいよくなっているのだろう?ARTEが中継していなかったと思うので、カメラワークはそれほど凝ったものではないと思われるが、勿論上手に切り替えを使っているのだろう。もう一つの2.1GBの方は、940x640で画像は悪いが、音質は160、4.8kHzで改善されている。更にもう一つ1.41GBというファイルが、175、4.8kHzとなっていて、画像が640x360となっている分、更に音質が向上しているようだ。

初日5月25日の中継放送は会場にいて録音できていないが、6月6日中継分の終了後の指揮者の表情がもう一つ冴えていないのは何故かなと思った。通して聴いてみないといけないが傷以上の音楽的問題があったのだろうか。その月末22日にベルリンでラトルの後任に推挙されることになるのだが、10日過ぎにはパスキエ女史の排除とそれに抗議する書簡が出されるなど、「ティーレマンの陰謀」が丁度大きな負担になっていた時であろう。

そして、最後のバイロイトでの指揮が終わってから、9月に予定を変更して三回「ルル」を追加で指揮している。その代わりかどうか秋の「ヴァルキューレ」はシモーネ・ヤングに指揮を任せたという経過があった。やはり、新ヴィーン楽派の一つとして音楽実践的にやり残したものがあったのだろう。キリル・ペトレンコのレパートリーとしてはアルバン・ベルクの作品はシェーンベルクなどに比較するとそれほど主要なものになるとは思わないが、しかしあれまでにこの制作が注目されていなかった原因は未だに分からない。うかうかしていて少し遅れてから注文しても適当な券が簡単に入手出来たぐらいであるから、その後の入券の困難からすれば、考えられないぐらいだ。そしてなぜか、「ルル」は人気オペラである筈なのに、殆んど注目されていなかった。



参照:
地方の音楽会の集客状況 2017-01-23 | 文化一般
百年後の現在の社会の構造 2015-06-04 | 音
耳を疑い、目を見張る 2015-05-27 | 音
[PR]
by pfaelzerwein | 2017-08-30 21:23 | | Trackback

ハフナー交響曲を想う

目覚ましはいつの間にか夏時間に変更されていた。しかし比較的新しい壁時計はまだ冬時間の儘だ。いつになったら変わるのだろう?電波が上手く届いていないのだろう。もう一日変わらなかったら、取り外してバルコンに持ち出してやろうか。

先週のベルリンからの放送録音を聞いた。次期音楽監督キリル・ペトレンコが五年ぶりにフィルハーモニカ―を振る演奏会の二日目である。第一印象は、交響楽団が編成を切り詰めて大ホールで演奏する、牛刀割鶏の如くの問題の多いモーツァルトのハフナー交響曲が殊の外上手くいっていたことだ ― 前日は楽員の緊張のため大分ホルンなどに乱れがあったということである。

第一楽章アレグロコンスプリトーソでのファゴットとフルートと弦の上昇音型のバランスなども見事であり、また主題がニ短調へと、展開への八分音の休止が一息置かれて大きな効果を上げていた。新聞評などはこうしたことを含めて可成り視覚的と言及するが、こうした近代的な管弦楽でモーツァルトを演奏する場合、結局譜面の深読みしかないのではなかろうか?

なるほどカール・ベーム指揮ベルリナーフィハーモニカ―の録音はそうした演奏形態での歴史的な頂点であったろうが、自らモーツァルト指揮者では無いと自認するキリル・ペトレンコ指揮でモーツァルトの交響曲形態があからさまにされることは喜びである。アーノンクール指揮などの演奏を楽譜を前に聴くとその演奏の出来に失望しないまでも、天才作曲家の交響曲としての価値の再認識までには至らない。その意味からもメヌエット楽章トリオでのクレッシェンド指示の弾かせ方も中庸なものとして、明らかに表現すべき主体がそこに如実に表れていると感じられる ― 正しくそこがサウンド的なものだけではなくて、古楽器演奏でも如何にアマデウスの創作意思に迫れるかということでしかない。

コーミシェオパーにおいての連続上演でも批判もあり、ミュンヘンでただ一つ大成功となっていないモーツァルトのオペラセーリア「ティートスの寛容」の演奏実践であるが、敢えてここで選曲されたのも、既に分かっている2019年夏のザルツブルクデビューやルツェルンへの客演を先行したものだというのは理解できる ― するとバーデンバーデンと同様に2018年はまだ客演指揮者が振るということである。サイモン・ラトルにおけるハイドンの交響曲までの意味は持たないとしても、モーツァルトの交響曲が、少なくとも選りすぐりの交響曲が次期監督の指揮で演奏されて、現代のモーツァルト演奏実践を代表することになるともいえよう。するとミュンヘンでもモーツァルトのオペラ公演が2020年までに取り上げられる可能性も高い。

二曲目のアダムスの曲に関しては、なぜ現監督サイモン・ラトルがこの作曲家を取り上げることにしたのかは一向に分からないと改めて思わせた。なるほどラトルは武満作品を頻繁に取り上げていて、それと比較してということになるのだろう。指揮者の選曲としてはまあまあ聞かせどころを用意したということでもあろうか。客演指揮者としてのレパートリーとしてはまずまずだろう。

お待ちかねの悲愴交響曲に関しては、新聞評などでは ― 恐らく初日のものが多いのだろうが ―、予想通り充分にフィルハーモニカ―が演奏出来ていないことが指摘されていて、放送のものはそれよりはよくはなっているのだろうが、まだまだミュンヘンの座付きのようには上手くいっていないのは明らかだ。それ故ではないだろうが、ミュンヘンから座付きのソロオーボイストのグヴァンゼルダチェがエキストラとして入っており、アカデミーの助っ人は完全締め出されたと書かれている。それだけでなく、通常は練習会場に楽員は入れるのだが、特別の身分証明書を出してそれが無いと入室も出来ないようにしてあったと書いてある。

座付き管弦楽団ではないので、そもそもの目標とされる程度が全く異なるのは当然としても、最初からとても高い実践が求められていればこそ、ミュンヘンで行ったようにまたバイロイトでもあったように本格的に要求に応えられるようになるには何回もの演奏会が繰り返されなければならないのは周知の事実である。少なくとも今回のプログラムで、バーデン・バーデンではもっと上手くいくようにと期待したいところは幾つも散見されるのである。(続く



参照:
時間が無くて焦る日々 2017-03-23 | 生活
否応なしの動機付け 2017-03-19 | 生活
[PR]
by pfaelzerwein | 2017-03-27 23:44 | | Trackback