タグ:レッドポイント ( 8 ) タグの人気記事

割れ目登攀の煩わしさ

d0127795_3341417.jpg
金曜日に写した写真や動画などを本人に送った。そして資料を改めて調べた。数年前に後続かトップロープで登った割れ目である。その難易度評価が分り難いからである。実際リードして登ってみると予定よりも大分苦労した。理由は中間支点の設置に疲れた。本来ならばこれほど容易な割れ目が無いのだが、自分の一セットしかもっていなかったので、必要な大き目の複数目が欠けた。だから下の機械式楔を回収して上に設置していく形で労力と神経を使った。

そのように下の楔を外して上に移動させることで、上の楔が完全に効かないと地面まで落下する危険が増えてしまうのである。それゆえに新たに上に設置する楔には完全が求められる。するとそれだけ腕力や脚力、体全身を使って不安定な場所での作業となり、体力が消耗していく。

だから仕方なく上からのザイルの張力を利用して休むことが必要になる。落下とは異なってある程度はぶら下がることが出来る状態だからである。最初から戦略的に、複数個の同じ大きさの楔を用意していたならば、上にひっかっけて休まずに登れたのであるが、全てが悪循環となる。それでも地面に叩きつけられるよりマシなので、確りと中間支点を設置してゆく。なるほど数があればそれを引っ掛けて、それにぶら下れば簡単なのだ。

さて核心部はいつものように被り気味で、割れ目の下の方に掛けていたのでは被りが抜けた上に立ったときに戻ることが出来なくなるのだ。そこに立つのが核心部であり、あまり良い足場が無いのだ。だから更に上に架け替える。左手で割れ目の右側の縁にある手掛かりを引っ張って、右手で外の手掛かりを掴み、思い切って右足を出来るだけ上に上げて、左足を安定させようと思うがそこまで立てないのだ。

再び今度は左手を割れ目に突っ込んで、何とか上に立つが、次の手掛かりは右手で割れ目につっこまなければいけない。それで漸く左手で割れ目の左縁の手掛かりに届いたと記憶する。基本的には丸い足場と割れ目に突っ込んだ手で登る登攀なのである。

しかし、そうした情報を持たずに、嘗ての記憶もなく、下から見上げて、一セットだけとの情報で登ると、一気に登るのは可也無謀に感じたのである。結局時間も掛かり、体力も使いながら核心部を超えて、最後の割れ目の盛り上がりは始めて小さな楔を掛けて、最後の最後に更に小さなものを使っただけなのである。

記憶を手繰れば、可也オーヴァーハング的な印象があって、それを割れ目に突っ込んだ手で息絶え絶えに登っていたようだ。マラソンマンはザイルを架け替えするだけで登ってきたので楽だったろうが、アンカーの農民は苦労していた。書かれているように容易に中間支点を確実に掛けられるならば彼らにリードを試してもらう心算でいたのだが、二人とも今年は無理かもしれない。

なるほどザイルにぶら下れば技術的には容易であるが、レッドポイントとしてザイルに頼らずに一気に登るとなると十分に作戦を立てておかないと難しい。

このお陰でその後疲れたが、それほど酷いことにはなっていない。肩が、気温が30度を超えて上がってきているためか、痛みが増していないので、治る傾向にあるのだろうか?



参照:
技術的な断層を登る 2014-06-07 | アウトドーア・環境
ひりひりするほどの痛み 2014-05-27 | アウトドーア・環境
[PR]
by pfaelzerwein | 2014-06-08 03:36 | アウトドーア・環境 | Trackback

小さなことからコツコツと

今週は比較的良く走った。火曜日の太いオーク峠行き帰り37分、木曜日の沢沿い往復17分、日曜日の峠往復34分5430歩である。その間に水曜日のボールダー3時間と金曜日の石切り場の4時間のクライミングを合わせると運動量としては十分であろう。しかし食事量は増やしていない。その効果か、登りは軽く流して21分3221歩と満足できる成果であった。

金曜日の石切り場は、「農民」に合わせて自分の肩のリハビリを兼ねてゆっくりと登ったが、その程度は彼にとっても今年二度目であり決して低くは無かった。但し室内での出来と違って、エーデルリットのサブの靴を使っている彼の足元は安定していなかった。

また一つには石切り場の岩肌は長年の風化で形成されているものと異なって、使い方が制限されているからだろう。実際に、自分も新しいボールダーに使用中のシャマーンも使ってみたが、摩擦係数は低い。更に手掛かりの変化が少ないので、室内壁にも似ている代わりに着色されていないので、手掛かり足掛かりを知っているかどうかでまた身長差なので大きな差が出る。

彼が登る場所であれば自分自身も何度も登っているので教授も出来、流石にレッドポイントで一切のザイルやカラビナの御世話にならなくても登れるのだが、彼はカラビナを密かに握る感じで完璧にはこなしていなかった。自分自身もザイルにぶら下がることには抵抗があったのだが、自身の技術を上達させるためには徹底して上った方が良いのである。それでも彼は、昨年とは異なり上限に挑戦するようになっているのは、室内壁でこつこつと私と一緒に登った成果に違いない。

それでも、私が始めてボールダーの成果を試すためにも挑戦した登り方をアドヴァイスして登れた箇所は見事で、可也自信を付けたに違いない。なによりも彼の良いところは人の登るのを観察していてそれを真似して登ることの出来る思い掛けない器用さがあることで、流石にBASFで若手労働者の指導員をしているだけの几帳面さである。運動能力も五十半ば過ぎであるがたいしたものである。

彼が早退したあと、他の者がかけていたザイルを使ってまだ克服していない5.10を試してみた。横のルートに掛かっているので上部はザイルが邪魔になったが、漸く手掛かりが飲み込めた。チョークをつけ最後のハーケンに二枚重ねでカラビナをかけるなりして安全を計れば次は挑戦できそうだ。但し外の大きな者が登るように下から折り返し点にカラビナを掛けるのは難しそうなので、登り切ってから掛けるしかなさそうである。

下部の懸案の箇所も小さなもの向きの横の穴を使わないでも登る技術が身についたようで、これは何とかなりそうである。やはりこうしたところでも自然の岩肌とは異なり、石切り場の登攀では十センチほどの身長や手の長さの差でも苦労する場所が少なからずあるのだ。



参照:
腹筋を鍛える夕方の運動 2008-07-11 | 生活
頭から落ちて鼻が治る? 2013-05-27 | 雑感
[PR]
by pfaelzerwein | 2014-04-13 19:08 | アウトドーア・環境 | Trackback

六級に誘うための疲れ方

BASFの「農民」と室内で登った。彼にとって前々回に六級マイナスまで付き合ったことから、室内での練習に動機付けがなされたようだ。彼のような確実な登り方で、我が室内壁であるドイツ山岳協会スポーツクライミングトレーニングセンターでそれだけの難易度が登れれば、どこの壁でも外でその程度は登れることを自ら昨年証明している。つまり、五級までに拘って、確実に登ることに拘っていた農民がここに来て上を見るようになったのである。

だから、お付き合いするにしても、六級を登るように導くことが我が目標であったのだ。結局リードで三本も六級を登って貰った。単純に喜ぶような人物ではないが、可成りの満足感があったに違いない。その間、三時間、私自身は完全に疲れた。

そもそも彼と付き合うと、リードでどんどん登らされる上に、レッドポイントを基本にしているのでそれだけで疲れるのだが、その技術難易度が上がってくると苦しくなるばかりだけでなく、週四日目と室内壁を最も登った週になったこともあって完全に疲れてしまった。未だに完璧に登っていない六級のところをもう一度繰り返して登って、更に自分自身は5.10を一つ間に入れるが、レッドポイントで登ったところも登れなかったりする疲れ様である。

動機付けをするように誰それがそこをどのように登ったかなどを語りつつ、競争心をあおったりと彼が言うように巧みに誘って登って貰ったのである。体力は十分にあっても、身体の使い方などがまだまだ十分でないために其の域に達していなかったのが、昨年ドロミテで実力を示したように、可成りのところまで来ていることは分かっていた。

手掛かりの使い方も大変上手になってきていて、安定感があるのだが、ザイルをカラビナにかける体勢やしばしば三点支持を守らない点など、まだ改善の余地がある。次回以降に更にどんどん六級を登って貰うことになれば指摘することが増えるかもしれない。少なくとも彼自身の壁はこれで破れたに違いないのである。

自分自身は、靴を新調するためにVIDEOなどを見ていて、クリス・シャーマの休憩の仕方やレッドポイントのやり方をやってみたいと思ったが、なかなか身に付くまでは時間が掛かりそうで、難易度の余裕とはあまり関係ないことにも気が付いた。徹底的に練習しなければ身に付きそうになさそうである。

夏にピレネーにトレッキングに行くという話から、彼が行ったことのあるアンナプルン山群北面の話になった。そこに地上でもっとも標高差がある谷があって、標高差7000mあるというのだ。パラパンテで飛ぶか、トレイルランニングとクライミングを合わせて一挙に登っているのかどうかということになった。



参照:
電装系の弱いドイツ車 2014-01-12 | 雑感
少しでも良いように変える 2013-12-29 | アウトドーア・環境
[PR]
by pfaelzerwein | 2014-01-13 04:14 | 生活 | Trackback

5.10克服のための5.11

d0127795_133932.jpg
金曜日は室内壁九日目であった。少しペースを落としたが、十分な成果があった。先が大分見えてきた。特に技術的に、技術難易度5.11への道が徐々に見えてきた。それは5.10を克服するという目標でもある。

昨年の引き続きでの身体の動きが身に付いたことで、その先の技術的課題として、更に無駄の無い動きが求められることが認識できた。要するに、昨年は一カ所一カ所での荷重の方向などを大げさに練習してきた訳だが、今年はそれが体幹の熟しで自然にできるとなると、その次には大きな流れの中でのエコクライミング方法へと更なる洗練が要求されているのである。

具体的には、自然と体が動くという状況を更に進めて、無駄な動きを避けるための必要最小限の体重移動と最も的確な狙いと流れを重視した動きとなる。この克服によって可成り5.11に近づけることが分かってきた。

技術的には、言い換えると、意識的に両足への荷重を如何に増やすかで、体幹への働きかけが可能となり、重心の位置が左右の足場の中になくとも三点支持の内側にあってそのヴェクトルを定めながら、次に定まるヴェクトルの方向へと最も短いヴェクトルを形作って移動していくということである。その移動の起点は何処かと言うと、明らかに攻撃的レスト姿勢の重心位置である。

その時は必ずしっかりした三点支持が形成されることから、本格的スポーツクライミングつまり移動中間支点を自分で設置するフリークライミングにおいての三点支持の重要さが改めて認識される。クライミングの中で最も攻撃的であり厳しい運動が中間支点の設置でしかないからだ。その時に体勢と重心位置が起点となる。

その点からは、どうもスポーツクライミングの三点支持無視と言うのは実践的なクライミング技術体系からずれている様で、クリス・シャーマが我々協会の中で今後どのような発言をするかも興味深い。

実質的には、今シーズンは5.10を室内で克服することで、その実力と技術を確実にすることにある。少なくともその先が見えてきたことで正しい方向に進みつつあることを確認出来るのである。

オヴァーハングの登攀ではレッドポイントで熟すのは必ずしも容易ではないのだが、重要なのは外で使える体の動きや技術であるから、それに注目して練習して行けばよいであろう。

思案のしどころは、今まで使わなかったマグネシウムの粉を積極的に使うかどうかで、その決断はつかない。南プファルツの奇岩地帯の自主基準では5.11からの使用となっている。矢張りこの水準になると滑り止めが必要になるということでもあるのだ。個人的には、その水準まで登る必要があるかどうかが疑問なので、使わないことにしても不可能では無い筈なのである。

粉を使う弊害は、フェアーであるかどうか、岩壁を汚すことを良しとするかなどのスポーツや環境保護的な面だけでなくて、粉を使うことでの皮膚や呼吸器への負担も考えるのである。更にどうしても細かな手掛かりを使うことでの関節などへの負担も考える。そこまでして登る必要が無いと思えば今後も一切使わない方針でも構わない筈なのである。しかし、少なくとも室内で使うことでより高度な体の熟し方を身につけられるのではないかと言う考え方である。チョークバックと玉を購入するかどうか、中々決断はつかない。

二時間ばかりの練習を終えていつもの駅前の地ビール酒場で、グルメサラダ食しながら、色々と考えたのだった。



参照:
もはや中盤を迎えて 2013-11-24 | 生活
下半身と体の緊張の利用 2013-11-17 | 雑感
クリス・シャーマの指導まで 2013-11-14 | 生活
[PR]
by pfaelzerwein | 2013-12-01 01:34 | 雑感 | Trackback

束の間に石切り場で練習

d0127795_5453020.jpg
久しぶりに石切り場で登った、十数時間の雨の合間を縫っての速攻であった。出来るだけ乾いている場所を選んで登った。どうしても傾斜の強い風当たりの良い場所が、苔蒸していなくてよい。その分それなりの困難な場所となる。

最初に正面の左側のカンテへと抜けるルートで、六級プラスの割にはレッドポイントで抜けるひとを殆ど見ない。開拓者の本人も気合を入れなければ登れないのを知っている。

ザイル捌きなどの関係でレッドポイントには遠かったが、それへの可能性が見えた。更に途中の小さなハングの下にハーケンが増えていて、真っ直ぐに登るの初めてだったので、面白かった。明らかにその通りに登ると困難度は技術的に上昇した。

小雨が感じられたが、その次に垂壁の今までリードしたことのない壁に向かった。昨年トップロープで一度登ったことがあるのだが、未だにルート図には出ていない比較的新しいルートである。若いパーティーが六級上だと判断していたのでリードで再登すると、やはり難しかった。手掛かりが十分に定まらず、肝心なところに足掛かりが無い。七級マイナスに感じるが、もう少し写真でも眺めて研究してみなければいけない。

最後に六級マイナスを登ったが、これは流石に汗を掻かずに完璧に登れた。勿論フリースを羽織っても汗を掻くような気温ではなく、山は雪だということで摂氏15度に至らない強風の曇天であった。しかし難しい取り付から全く息が上がらなかったのは技術的な成果だろうか。

束の間のと言っても三本で三時間みっちり登ったのだが、奇岩地帯ばっかりで練習していると、ハーケンの間隔が短いので室内で登っているのと同じように登れるので、時々調整のためにも石切り場も良いものだ。



参照:
ヤッケを着て出かけた 2013-04-21 | 生活
復活祭明けのある午前中 2013-04-05 | 生活
[PR]
by pfaelzerwein | 2013-05-23 05:46 | アウトドーア・環境 | Trackback

スタート地点に戻ってみる

日曜日の朝はとても気持ちよかった。初秋らしい空と清々しさは格別である。わけあって、初めて日曜日に石切り場へと向かった。それも朝九時の待ち合わせで、羽織るものが漸く必要なくなったというような感じだった。

集中して二時間の練習であったが、初心者を相手に継続した練成週間の最後から二度目の日程である。予定していた項目を全てクリアーしてくれたのでとても嬉しく、来週末の余裕が生じて、天候次第であるがやれることはこれでやり切れると思われる。

室内でも四度ぐらいしか登ったことがない初心者であり、戸外では初のシーズンでここまでこぎつけるには苦労した。八月の第二週には、奇岩地帯の岩頭で途中で降りると言い出したものだから、こちらは焦ったのだった。私にとっても初めての経験で引っ張り上げることは出来たのだが、懸垂下降が出来ないような感じだったので、仲間がダブルで懸垂下降をしたぐらいである。

兎に角薄笑いのような怯えた表情がそのときは上からは理解できなかったのだが、石切り場で練習したときにも同じような状況になった。これはどうしたものかと思って、その次の機会に、あらかじめヒントを与えた。

それはここからという前段階でザイルにぶら下がってしまうことで、そこで息を整えながらそれからの身体の動きをシュミレーションしてみるということだけであった。それが功を奏して、その後は途中で諦めることは無く完登するようになった。

基本的には信頼関係なのだが、その基礎となる確保システムや考え方をレクチュアーされることで、自分自身で「息を整える」ことが出来るようになったようだ。その説明でもしたように、実際に難しい未知の場所では先行する我々でも中間支点の取れる場所で予めザイルにぶら下がって、手がかりなどを探ることが必要となり、必ずしも所謂レッドポイントで登っているとは限らないので、後続する者も同じように意識することは必ずしも悪くはないのである。

こうした練習に付き合って石切り場の最も簡単なところから虱潰しに登り直してみると、いろいろなことに気がついて自身とてもよい勉強になる。完璧に最も安全に登るためには必ずしもレッドポイントが良いわけではないことは当然なのだが、初心者のザイル確保は殆ど信用できないのでまるでノーザイルで登るようなもしくはシュタイクアイゼンとリュックサックを担いで登る感覚ですると、とても勉強になるのである ― やはりソロクライミングは体力勝負になるのかもしれない。

困難度六級となるとやはりどうしても所謂スポーツクライミングの域になってシュタイクアイゼンでは登れないような領域へと近づくのであるが、やはりそこまでの領域に岩登りの極意が隠されていることを教えてくれて、スポーツクライミングを最も安全に登る全てが隔されていたように認識し直した。要するにビックウォール登攀への基礎技術である。

これで最後の一日は、スポーツクライミング領域での最大限の安定した登り方を伝授できそうである。そしてそのまま自己の限界域まで登り直していくことで、可也天井が広がってきそうである。スキーなどでも同じであるが、シーズン度にスタート地点に一度戻ってみることが上達の秘訣だろうか?



参照:
中庸な道の歴史 2006-08-05 | アウトドーア・環境
ゲマインシャフトの人種 2008-09-25 | 生活
ゴミで咳き込んで酷く咽る 2009-04-02 | アウトドーア・環境
[PR]
by pfaelzerwein | 2012-09-02 21:06 | 雑感 | Trackback

鍛錬可能な経験の積み重ね

今年は山の事故が頻発しているかのように思われる。モンブランでの大量遭難事故やその他のアルプスでの事故の報道、また地元の南プファルツ奇岩地方での事故の頻発、自らのそこには数えられない転落事故などとても身近であり、事故が多いと感じるのは皆同じである。

しかし、我々の協会である九十万人の会員数を誇る世界最大の山岳団体であるドイツ山岳協会は、「死傷者数は減少傾向にある」と昨年度の死亡者数は1952年の死亡者数43人を下回り、装備の改良などで減少傾向にあることを裏付ける。その一方、ヘリコプターなどで救助される数は増加の一方であると言う。

その内訳も、ハイキング中に足を捻ったとかで動けなくなたtりその60%を占めると心臓発作による事故や、所謂ワイヤーを使ったクレッターシュタイクと呼ばれるヴィア・フェラータでの事故が殆どなのである。特に後者は気軽に急峻な大岩壁を登れてしまえることから、一寸した転落でも大変なことになるのである。その意味から嘗ては広い層にアルプスでの登山を推進したこのジャンルはアルペン協会では若干お荷物になってきているのは事実である。

そして、寧ろ系統だった訓練の必要なクライミングやスキーツアー、本格的な高山登山では、経験が高いほど事故は減少して、経験が少ないほど事故率が高くなるというのである。その反対にハイキングにおいても十分な教育が必要だと考えている。

一週間ぶりに森に出かけたが、とても足が重かった。気温は摂氏22度ほどしかなかったのだが、夜明けに雨が降っていたこともあって、十分に空気が重い上に、脱水症状か足が動かない。結局最初の部分を歩いて、その後25分ほど駆けた。汗びしょびしょで、降りてきたときには脈も140ほどになっていた。それでも疲れが直ぐに消えるのは、二十年ほど前に比較して運動量が増えて負担が掛かり難くなってきているからであろうか。

金曜日には、小さな課題であったところを久しぶりに石切り場で試した。乾いた岩場はとてもよかったが、涼しいと思ったが一寸頑張ると直ぐに汗を掻いた。それでも残念ながらザイルの助けを借りないレッドポイントとはならなかったが、一度滑り落ちてからもう一度同じ方法で試みて、なんとか乗り越えることが出来た。滑ったときに左手の人差し指の付け根が捲れて丸く赤く血が出た。その話を聞いて、ある親爺はそれが本当のレッドポイントだと言った。



参照:
Weniger Unfälle am Berg, Stephanie Geiger, FAZ vom 3.8.2012
些か夏バテ状態での練習 2012-08-02 | アウトドーア・環境
乾燥して爽快な水曜の晩 2012-07-21 | 暦
盛夏らしい新聞のネタ 2012-07-26 | マスメディア批評
[PR]
by pfaelzerwein | 2012-08-05 20:15 | アウトドーア・環境 | Trackback

量子力学的跳躍の証明

水曜日は軽く二杯ほど南仏のシャルドネで一人祝盃を挙げた。嬉しかったのはいつもの石切り場で課題となっていた箇所が登れたからである。難易度で六級プラスであるから登れて当然なのだが、今まで上手く行かなかった。教えて貰っていた角の裏側にある左手の縦長の穴に指を突っ込んで、それで右足を広めにとってバランスを取りながら、右手で最後のボルトにカラビナを掛けて終わる。昨年まではその状態で立つ姿勢まで持っていけなかった。そして今回は一回目に右手でカラビナを探して掛けようとするとずり落ちてしまった。二回目に見事にカラビナを掛けた。後はカラビナを握ってA0となろうがどうしようが構わない。

それ以前にその前のカラビナに最後の中間支点を取ってから、左手の穴まで伸び上がるのに苦労した。苦肉の策でカラビナをHMSにして直接短くザイルを掛けて、身体が空に彷徨うのを防いだ。勿論レッドポイントで一連の動作を終了する実力はない。それでもその下の中間支点から真っ直ぐに逃げずに登れたのは大成果であり、冬の間オーバーハングを繰り返していたお陰で小さな屋根は苦にならなくなって来ている。

それでも最後の一手が難しいのは南仏でも何度も試みても突破出来なかったところとそっくりである。要するに三点支持で体を維持するのがとても難しいのである。更に身長差で掴みきれないかもしれないと言う不確定要素などもあり、可能な難易度に拘らず突破が危ぶまれていた箇所であった。七級を超えての身長差による不利は認めてもこの程度では納得が行かないのである。勿論大男の実力のある者でもクリアー出来ていない箇所であるが、自分としてはやはり突破しないと具合が悪い箇所である。

そして新しい靴で十分に満足のいく形で制覇したのだった。トップロープで幾ら登れてもその困難度は最後のカラビナを掛けるところにあるので全く意味が異なるのである。冬のトレーニングに続き南仏での試み、完全に5.10への道は開かれた。そのあとは、嘗て厭な感じのしたところなどを新しい靴で登るととても楽なのである。驚くべきこの成果に、ホールで私のコーチをしてくれたペーターが新しい靴を目ざとく見つけて、注目していた。素晴らしい靴であり、文句なく推薦である。

しかし相棒の医師は、引き続きプレッシャーの中にいて、必要もないフレンズなどを購入していて、その使い方などを指導した。冬の間に練習したように戸外でもリードして登らないといけないという強迫観念と、恐怖心の狭間にいるようで、フレンズを使ってなんとか誤魔化そうとしているようであるが、幾らクレッターガルテンであっても室内のように頻繁に中間支点がある訳ではなく、正しく登る練習をしていなければその不安から解消されることはない。今更の如く「室内では決まったことしか練習できない」と悟っても、今のこの初夏の良い時期に進展がないと一年先もあまり期待できない。それなりに本人も自覚してきてはいるようだが。

流石に右手首も知らず知らず酷使していたようでなべを洗うと痛む。今晩辺りは久しぶりに包帯を巻いて明日に備えようかと思う。背中から腰も両鼠蹊部も勿論肩から左右指先まで疲れが残っているが、とても気持ちの良い筋肉痛である。兎に角、冬の間のこつこつとした練習が完全に量子力学的な跳躍を生じさせたのが嬉しいのだ。



参照:
攻撃的な身体にしたのよ 2012-04-29 | 生活
カジュアルと手軽さのシャルドネ 2012-05-02 | ワイン
[PR]
by pfaelzerwein | 2012-05-04 23:01 | 雑感 | Trackback