タグ:床屋に行った ( 4 ) タグの人気記事

教育がナットラン!

床屋に行った。どうも二月以来でまたまた三か月経過しているようだ。子供のころは毎月行っていたような気もするが、こちらでも二月間隔だった筈だ。本当に三ケ月於きになったとすると何かが変化している筈だ。髪の伸び方が遅くなったのか?それとも常時短くするような傾向になっているのか?なるほど最近は美容院なのでバリカンを思い切り入れて貰っているので確かに短いところはかなり短く刈り込んでいる。いずれにしても暑くなると髪が鬱陶しい。今秋は気温が摂氏30度近くになると言われているので、刈り込んでおくと安心だ。

朝一番で出かけたのでヤリ手婆さんに「助っ人はどうなった」と尋ねた。その言葉も可成りのプフェルツァー訛りで恐ろしいが、要は一度は見つけた助っ人は駄目だったので、辞めたということだった。結局口を聞かされるのだが、中々よい人が見つからなくて、需要供給が違っていて、応募する方はネットで情報を交換するから怖いというのだ。

つまり誰かを辞めさせると、直ぐにネットで「あそこの婆」はなんだかんだと書かれて、いいことは殆んど書かれないと愚痴する。つまりお客さんの前で揉めるようなことをするのが経験の無い二十歳から二十五歳ぐらいの子で、教育がナットランという。年代からすると1990年代に育っているのでなんとなくその感覚は分かるのだが、いつの時代も何処でも同じではないかとも思う。

それでも新聞で読んだところでは、職人にへのなり手が無くて困っているというので、現在ならではの問題もあるのだろう。婆は、「インダストリーパン」しか食べられなくなるしということで、これに関しては全くお話しが合うのだ。なるほど婆の主張である「街の美容室」に勤めれば残業も増えるしというのは結構反論になっていて面白かった。



参照:
ヴァレンタインの朝の夢 2017-02-16 | 女
これもヤリ手婆の腕捌き 2016-11-24 | 女
[PR]
by pfaelzerwein | 2017-05-16 21:40 | | Trackback

サマーカットにはしる

床屋に行った。暑さでサマーカットが必要になったからだ。気温からすればそれほど高い気温ではないのだが、少なくとも個人的には熱が篭ってしまう。寝不足気味で目がしょぼしょぼするだけでなくて、もう一つ頭が冴えない。筋肉炎症のような感じも身体のそこかしこに感じるのだが、なによりもしゃっきとしないのだ。なるほど一っ走りすると完全に目覚めるのだが、午後になると眠くなってしまう。

成長盛りの中学生ではないのだから、なにかおかしい。昨年の春はどうだったか?どうも大分違うようで、今年のような感覚はここしばらく無かったもので、肯定的にも否定的にも捉えがたい。一方では走りの速さが加速しているように運動能力が上がっている反面、昨年のような意志が薄い。いろいろな意味でプラトーを超えたようだが、もう一つその先の視界が効かないという状態だろうか?

床屋のラディオのニュースは、トヨタと日産の話だった。例のタカタのエアーバックによるリコールの話題であった。エアーバックの対象製造時期が拡大するにつれて、車種やその製造時期なども拡大されていくのだろう。リコール費用の賠償金額の総額だけを考えても恐ろしいが、それでも多くの人命が失われることによる賠償よりも安くつくのだろう。



参照:
脱原発よりも遥かに偉大な罪 2011-08-27 | 雑感
収穫量の少ない夏の日の収穫 2010-08-11 | アウトドーア・環境
[PR]
by pfaelzerwein | 2015-05-15 00:00 | 生活 | Trackback

初結ところの親爺さん方

木曜日夕方、山の上まで駈けた。先週火曜日とほとんど同じタイムだった。36分5479は殆ど誤差のうちで、登りに三組の人と合い、最後の一組であるMBXにも殆ど追いついたので記録が伸びるかと思った。しかし残念ながら、雪道の時と変わらず、歩数だけは十二歩だけ多くなっていて、結構ルート取りが成功したことになる。それでも35分台にならなかったのは身体が重かったからだろうか。下りの同じ64分9833歩で、こちらは歩数が大分少ない。雪道と違ってピッチが伸びたからであろう。それでも28分掛かっているのだから、登りでそれほど短縮が容易でないのは当然だ。

午前中は床屋に行った。前回は調べてみると十月下旬のことらしい。大分行かなかったのでクリスマスプレゼントも貰わなかったのだ。それでも予想外で、十一月はヒーター工事などに躍起となっていて、十二月は旅行があったからだろう。そのようなことが無ければクリスマス前に一度行っていた筈だ。朝一番で出かけたが、三人目の客となった。二週間の休みの後の再開日だからある程度は想像していたが、年寄りの年金生活者は早い。二人目は仕事前の職人の親仁だった。

髪結いの娘に、「前回のようにやってちょうだい。上手く行っているから」と注文すると、「横をほっそりとね」とよく分かっていた。安心して綺麗にやってもらえる。流石二代目か何か知らないが、素人とは違うのだ。恐らく今までやって貰った様々な理髪の中で一番技術力が高いと思うようになってきた。12,5ユーロほどだが、15ユーロ払っても最後まで鬱陶しくならないので素晴らしい。昔の理髪師とは違って美容師はバリカンの使い方が見事で、昔風の散髪技術は過去の遺物となってきているのかもしれない。なによりも私にとっては、鬱陶しくなるまで伸ばしておける期間が長いほど満足度が高い。そして気持ちが良ければ、耳に髪が掛からなくとも、早めに綺麗にやってもらいたいと思わせるぐらいが良いのだ。

その後、肉のロールと豚のタタールを購入して、タタールパンを食した。これとうどんが体を重くしたのだろう。夕食でロールとジャガイモを一緒にオーヴンに掛けて、グローセスゲヴェックスを合わせた。ゲオルク・モスバッハ―醸造所のフロインドシュトュッ2012年である。試飲の時に酸が弱く甘く感じていたので、新鮮なうちに飲みたかった。年末年始は余裕がなかったので今頃開けることになる。

口当たりはその記憶よりも酸が効いていて、直接的な甘みよりも果実風味を感じた。同時に酵母味が密度を高めているような感じで、多くの醸造所が比較的陥りやすいグロースゲヴェックス醸造法である。詳しくは説明できないが、どうしても長めの熟成期間などで酵母に触れる時間が問題となるのだろう。同じことをやっても技術の高い醸造所は酵母臭を感じさせないのはなぜか?

2012年のビュルクリン・ヴォルフ醸造所のゴールトベッヒャルを開けたが、こちらは流石に新鮮さが落ちていたが、酸が思いのほか効いていた。2013年産のレープホルツ醸造所のフォム・ブントザントシュタインも開けてみた。こちらは試飲の時にはあまり感じなかった蜂蜜香が分かるようになってきていた。上のガンツホルンでは一目瞭然だったのだが、徐々に熟成への道を歩んでいるのだろう。それでも2013年特有の良質の研ぎ澄まされた酸が効いていて、早くても美味いが、瓶熟成も期待できるというとても贅沢な2013年リースリングの特徴を出している。ビュルクリン・ヴォルフの2013年PC群と比較すると、清潔度つまり貴腐の混入で一クラス落ちて辛口としては例外的なレープホルツのリースリングである。それでも培養酵母のリースリングとしては立派なものである。



参照:
枚挙に暇のない杜撰さ 2014-10-23 | 歴史・時事
生の味付けのうまさ 2014-10-22 | 料理
[PR]
by pfaelzerwein | 2015-01-17 03:23 | | Trackback

我が町のエネルギーミックス

d0127795_2222852.jpg
水曜日に床屋に行った。二月としては異常な暖かさなので、汗を掻くと煩わしくなったのだ。春までに寒さが訪れるだろが、それまでは待てそうにない。運動能力に関わる。クリスマスプレゼントをもらっていたので、チップを弾んで、12,50ユーロのところを15ユーロ払っておいた。

それ以上に前勤めていたブロンドの女性から店の娘らしい人に変わってから三度目になって、大分こちらの頭に慣れてきたようで、思い切って切れるようになったのが良い。上手く良い形に技を奮えるようになった感じがする。

昨年の電気代の計算書が向かいの役所から届いた。それによると、昨年度の使用量2323kWhから2297kWhへと使用量が減っているではないか。は、分からないが、洗濯も定期的であり、電気は出来るだけ消して暗くしており、冷蔵庫もそれほど冷やさないようにしている。一方オーヴンを使う回数は減っておらず、換気扇も良く回す。PCは省エネモードで点けっぱなしであり、音響装置も結構点けっぱなしである。これ以外には電気は殆ど使わない。TVのメインスイッチは切ってあるが、コンセントは抜いていないので抜いた。それ以外に変圧器が作動し続けているのが二つある。一つはスイッチをオフにした。これで、今年一年間で少しでも節約できるだろうか?もはや電気を使う製品などが増えることもない現代の生活で、電気使用量が増えるなどは考えられないことなのだ。

さて注目の我が町のエネルギーミックスの2012年度値を発表しよう。前回の2011年度に比較して、原子力は31.8%から28.8%に減っている反面、石炭は30.30%から31.10%へと増えているが、天然ガスは4%から3.4%へと減っている。法定再生可能エネルギーが24.5%から30.5%へと増え、更にその他再生可能エネルギーが6%から3.8%へと減っているので、差し引き3.3%増加となっている。一部水力電源を利用している様でそれを加味すると、CO2排出量も312G/kWhから299Gへ、核廃棄物量も0.0009 G/kWhから0.0008Gへと減少している。

上の使用量で月々68ユーロとなり、昨年より4ユーロ増える。使用電気量は減っても使用料は上がり、更に使用量を減らす工夫をするしかないのである。しかし、一番電力を使いそうなHIFI装置のエネルギー量を減らすのは無理だ。物によっては元から切ってしまおうと思った。そうなると頻繁に点けっぱなしになるCDプレーヤーとセンターコンソールだけで、それ以外のテープデッキやレコードプレーヤーなどは完全に切る。それでも、使うとなると暖機などを含めて点けっぱなしになり、HIFI機器自体が節電よりも音質なのでパワーがあればあるほど良いということになるのだ。



参照:
我が市のエネルギーミックス 2013-02-17 | アウトドーア・環境
EUのエネルギーミックス 2014-01-04 | アウトドーア・環境
[PR]
by pfaelzerwein | 2014-02-14 22:04 | アウトドーア・環境 | Trackback