夜も眠い、昼も眠い

d0127795_23343525.jpg
眠い、朝も眠いが、走って来て午後も眠い。ベットに入ったのが三時ごろになったからだろう。ASUSのノートブックに結局MINTのシナモンをインストールした。古いデスクトップに一昨年入れ敵に行ったので、それにした。最初は二種類のWIN8をインストールしようとしたが、ライセンス取得で引っ掛かった。それならLINUXしか方法は無い。勿論ウィンドーズの方がオーディオや映像に関しては使い慣れているので、不透明感があるが仕方が無い。

言えば、これで苦労しながらLINUXでメディア対応に確信を持てれば次機にはWIN10など要らない。あまり下らないライセンス制限を厳しくすれば誰も使わなくなると思われる。そもそもPC自体の一般家庭での使用が減って、更に法人等でもLINUX主体になればマイクロソフトは廃業も近いのではなかろうか。

景気のいいことはいいながら、少し苦労した。USBスティックからのインストールはプログラムを立ち上げてからつまりホットインストールしてからそこからインストールするようになっていた。つまりディスクにインストールする前に試してみて気に入るかどうかで判断可能となっている。なかなかよく出来ている。

直ぐにネットには入れて、それどころかキャストを飛ばすまでも時間が掛からなかった。そこからが時間を掛けた。つまりアップサムプリングで出すのが未だに出来ないでいる。アップサムプリングを強行すると音が早回しになって使い物にならない。つまりウィンドーズでのREALTEKがLINUXで上手く作動しない。方法幾つかありそうだが判断がつきかねる。出来れば本格的に使いたいからだ。AudioPhileLinuxなどで専用機に出来るようだが、そうなると録画などに不利になりそうで、基本的にはマルティメディア機でなければ音楽専用機にならない現実がある。

ザールのフォンフォルクセム醸造所のシャルツベルグの2013年物を開けた。良く無い年なのだが、書き例に瓶熟成していながら全く新鮮なそのままで、杏子と巧さが取り分け楽しめた。最初から開き気味ながら最後まで引き締まっていて、その土壌よりも質の良さを存分に楽しめるリースリングだった。やはり我々のところにはない芳醇な旨味はそのスレートの土壌でしかないだろう。万人向きの高級リースリングながら、その質と飽きない微妙さが取り分け素晴らしかった。



参照:
SSD初インストール準備 2018-10-18 | テクニック
気に入りだしたシナモン 2016-11-30 | テクニック


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-10-21 23:36 | 生活 | Trackback

黒い森からの今と昔の像

d0127795_22531833.jpg
ドナウエッシンゲンからの生中継を一部録画した。5G超えとなってしまったので困った。それでも一曲目のイヴァン・フェデーレの演奏は簡単に消去したくない良い出来だった。なによりも初めてここで新曲を発表して祝福を受けたフェデーレ氏のその作風はいつものものだが、手慣れていて、とても評価できるものだ。管弦楽も両方の見たような顔が混ざっているがフランスの指揮者パスカル・ロジェの下で中々堂に入っていた。

それ以上に驚いたのはごみを捨てに行ったりポストに投函していたりしていた間に演奏された二曲目の新作への聴衆の盛大な反応だ。トラムプに反対する女性の運動のビヨンセなどの歌が主題に使われているらしいが、社会的政治的な以上に、まるでタイプライター協奏曲の焼き直しのような楽器編成に違和感を覚えたので、改めて見做してみなければいけない。

その後にミュンヘンからの中継に移って指揮者フウルザのインタヴューを聞いた。ドイツ語をしっかり喋っていてそれだけで偉いと思った。チェコの人にとってとバルティック三国の人にとってのドイツ文化とは大分意味が違うのだと思った。と思って聞いていると生まれがブルノであるから、シュレージアン、ボヘミアンの隣のモラヴィアだからドイツ文化との歴史的繋がりも強い。演奏自体は、楽団ももう一つ上手く演奏しておらず指揮も冴えなかったようで途中で止めた。同じ年配のネルソンズなどとは大分出来が違うが、今や指揮者の登竜門である日本でも人気でありメージャー交響楽団へのデビューへと売り込みも盛んであり仕事量も多そうだ。レパートリーにもよると思うが、今までは生で聞く機会も無かったが、バムベルクぐらいでしっかりと成果を残していかないと評価は定着しないだろう。

その後にフルトヴェングラー家王国の番組がYouTubeに流されていたので早速流してみた。人気女優マリア・フルトヴェングラー博士を中心に据えて、その指揮者の周辺を当たる番組構成だ。今までも話題になった奥さんのエリザベートや娘のミュンヘンで演劇を教える女優アッカーマンなどお馴染みの顔とこの人気女優の関係が良く分からなかったが、指揮者の奥さんの連れ子の孫でもあり、父親が指揮者の甥フルトヴェングラーであることが分かった。つまり血の繋がりは無いが、そのもの母方の方が実はベルリン政界で女性参加として重要な家系であることを知った。名前はフルトヴェングラーは有名であるのだが、その家系自体は指揮者の祖父の時代にミュンヘンに出てきているので、やはりその名の通りフルトヴァンゲンの家系だ。しかし指揮者の息子の話しにあるように青い目でシャープな表情はアレマンの民族の特徴もあって浮名を流すには事欠かない。実際故人の面影のある息子さんのようなタイプは確かに身近にもいる。

よって、フルトヴェングラー分家はミュンヘンの湖畔に今もその実家があり、シュヴァルツヴァルト・ミュンヘンの家系なのだ。奥さんのエリザベートの方は逆にベルリン・スイスロマンドとなる。そして何よりもヴィルヘルム・フルトヴェングラーの家庭は高名な考古学者の父親のインテリ家庭であり、これはやはり特筆すべきかと思われる。その反面ませた少年ヴィルヘルムがなぜああも古臭い芸術様式に拘ったのかは解せない。一つ考えられるのは、やはり当時のミュンヘンの感じをシュテファン・ゲオルクなどを囲むメムバー、つまり「ヴァルキューレ作戦」のフォン・シュタウフェンベルクや物理学者ヴァイツゼッカーなどの独特の思考が示す知的サークルから思い浮かべるぐらいだ。この辺りは改めて指揮者の政敵となったトーマス・マン作「ファウストュス博士」で読み直したい。

我々にとっての関心ごとは、なるほどキリル・ペトレンコは、音楽的にはフルトヴェングラーを完全に凌駕しているが ― それでもフルトヴェングラー指揮の「マイスタージンガー」の音楽的見事さは意外に通じるものがあるが -、それでも彼はフルトヴェングラーのような特別な文化的環境は纏っていない。これはある意味健康的でそこに不安を感じさせない反面、とても文化的に敏感な人はつまりヴィルヘルム・フルトヴェングラー以上に環境に留意をしている知的階層の人達は、とても関心を以ってアンテナを張らしているのである。恐らく、現在のミュンヘンでの熱心な聴衆の核になっている人たちはこうしたとても文化的な層である。



参照:
プルトニウム爆弾の特許申請 2011-11-23 | 歴史・時事
ヘーゲル的対立と止揚 2018-09-11 | 文化一般
技術信仰における逃げ場 2007-11-06 | 雑感
肉体化の究極の言語化 2007-11-25 | 文学・思想
民族の形而上での征圧 2007-12-02 | 文学・思想


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-10-20 22:56 | 文化一般 | Trackback

批判精神無しには育たない

d0127795_23094269.jpg
朝の車中のラディオニュースでドナウエッシンゲン音楽祭開催のアナウンスがあった。最も古く大規模な現代音楽祭と紹介していた。残念ながらその中心になっていた管弦楽団は解体されたが、合弁後にそこを穴埋めしている。実際には大管弦楽団が必要な委嘱作や演奏会は一部でしかなく、多くは中規模のクラングフォールムなどの客演アンサムブルが任を担っている。

ワイン街道に住むようになってからもこの音楽祭には毎年のように常連になるものと思っていた。しかし当時はネットも無くその情報すら逃していて、新聞評で初めて開催を知るようなことだった。要するに別世界の事なのだ。その点はやはり近所のシュヴェツィンゲン音楽祭との差が大きい。前者は旧SWFバーデンバーデンの主催、後者はSDR主催とその権益も違ったのである。同じ州であるが、前者は歴史的にヴュルテムベルクからクアープファルツであり、後者はバーデンの土地柄である。

実際に距離的にもワイン街道からは黒い森を対角線上に丁度反対側へと、つまりボーデンゼ―方面へと向かわなければいかず、遠く、バーゼルなどよりも行き難いのを知ったのはそこに出掛けてからである。そして一度だけお呼ばれで出かけたぐらいで、コンサートもそちら方面では二回ほどしか聞いていない。シュヴァルツヴァルト住人ほどに熟知している筈なのだが、どうしても放送局のバーデンバーデンとか友人の宿からの道程を考えていると、とんでもなく時間が掛かることを知った。つまり、アウトバーンで森の向こうへと回り込んでロートヴァイル周辺から森の方へと上らなければいけないのだ。ドナウの源流の街であるから勿論山の上なのだが、切り立った峰の上というよりも明らかに向こう側に下りたところで、これは幾ら黒い森の国道を整備しても遠い。

今回は偶々イヴァーン・フェデーレの名前を見かけたので興味を持った。今更作風は変わらないだろうが、一体現在どんな曲を書いているのか気になった。二曲目のスェーデンの女流マリン・バンクの作品も期待される。しかし後半はミュンヘンの放送局に移って、ヨゼーフ・スークの交響曲を聞いてみようかとも思う。

お昼の時刻にNHKホールからの生中継をやっていた。毎年大現象になっているブロムシュテット指揮N饗定期の続きである。今回はまともなコンサートマイスターが導いていたのでアンサムブルが引き締まって、管とのバランスも良かった。このハイドンだけを聞いていればどこの楽団か楽譜を見てじっくり聞いていないと分からないかもしれない。後半のマーラーの交響曲は先日ネルソンズ指揮ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏と比較になる。弦と管の間のアンサムブルは先日のブルックナーとは違い良いのだが、拍が不明瞭になるところが多かった。

楽譜から訳の分からぬところでのアゴーギクやまた独自のだが興味深いフレージングに苦心して練習していた様子もあり、その演奏解釈もよく分かった。そしてしっかりと拍数を数えているのも窺がえたが、やはり指揮が雑でよれよれしているのだろうと思う。その解像度が十倍ほど違うネルソンズとは比較不能なほど粗い爺の譜読みから、趣のある面白さを求めれば先日のキュッヒルが率いた方が良かったぐらいだが、崩壊を恐れたのだろうか。細かな部分は致し方ないとしても、指揮者お構いなしでやはり拍だけは整えるところまでアンサムブルを作って欲しい。

四楽章のヴィオラの歌いまくり部分をゲヴァントハウス管弦楽団と比較するのはとても酷なのだが、その指揮とは無関係に最もここに残念ながらこのN饗の性格と実力が出ていたと思う。つまり、なにもネゼ・セガン指揮とまでは言わないがその程度に近い指揮者が振ればしっかりした拍が刻めることも分かっていて、それは過去に何回も楽団自体が経験しているに違いない。マーラーの楽曲の指揮は同輩のハイティンクも充分に振り切れていなかったが ― それでも解像度は数倍あるだろうが ―、当然ブロムシュテットにも難し過ぎる楽譜だと感じた ― 一体マルケヴィッチ世代にマーラーを上手に振れる人がいたのだろうか。そして終演後の盛り上がり方を考えれば、会場での音響とか音量とかは想像するしかないとしても、首都一番の交響楽団での聴衆の程度を考えれば、やはりそれは無いだろうと思った。あれだけ超一流の交響楽団が競演して聴衆の耳が肥えていても、地元の交響楽団を厳しく批評出来ないようでは自身の文化として育たない。



参照:
音楽の伝道師の想い 2018-10-16 | 文化一般
音響の文化的な価値 2018-10-14 | 音


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-10-19 23:11 | 文化一般 | Trackback

証明された判断の正しさ

d0127795_23440521.jpg
歯根の腫れは若干落ち付いて来た。しかし違和感がある限り気分が冴えない。代え歯を入れて落ち着くまでの期間などを全て計画しておかないといけないからだ。落ち着いている時に直面しておかないと厳しい。歯を失うだけでも不可逆なことでとても気分が悪いが、重病人で手術となるととても気分が悪いだろうと思う。実際に重病になって更にガンなどの不治の病となると喪失感も然ることながら、急いで救命の手術となって、とても計画など考える余地が無いことがこれだけでも察せられる。そこから処置の選択や医師の選択などよほど意思がしっかりしていないと病態ではとても冷静な判断に結びつかないのは当然だ。歯茎に違和感が残っているところぐらいで調べておかなければ駄目だ。

先日発注した「尾藤イサオ」のCDが届いた。中々いい写真がついているが、フランクフルトの放送スタディオの録音だ。なぜそのような共同制作になったか経過は知らないが、とても楽しみだ。2002年の録音だから四重奏団は今はどうなっているかは分らないが、「イサオ」さんは活躍しているのを見かけた。

アマゾンでUSBスティックを発注した序にCDボックスを注文した。偶々見かけたDGの新しい廉価BOXシリーズで名指揮者と名管弦楽団の組み合わせを特集したシリーズだ。価格は魅力的だが名録音シリーズなので重なりもあってこれといったものはブーレーズ指揮のクリーヴランド管弦楽団のボックスだ。アマゾンではなんと8枚組で18ユーロと一枚2ユーロ少々だったのでこれはと思った。残念ながら同じ時期のデジタル録音を全部は網羅していないことが分かったが、これは手が出た。その中の二枚分は既に所持していたが、それでも一枚3ユーロ少々だ。

既に所持している二枚の殆どが4D録音で、実際に高音質なのが実感できた。これだけでも技術的に当時の前世紀末の最高級録音としての価値が高い。様々なレパートリーが入っているので集めるまでの気持ちは無かったが、この価格ならば収集欲を抑えられなかった。

その中で重なるドビュシーの数曲や「春の祭典」、マーラーの七番以外では、なんといってもメシアンの「クロノクロミー」など、また「ラメール」も「ペトリューシュカ」も楽しみだ。ブーレーズ指揮のストラヴィンスキーボックスを買っていないのもエラートのアナログ録音などと重なっていたからだ。ブーレーズ指揮の録音でこれと言った名演は少ないもののどの曲においても過不足無く譜面が音化されていて、とても音資料として使い良い。その価値だけでも貴重だ。

SDカードが車に置きっぱなしの古い壊れたカメラの中に入っていることを思い出した。そこでSSDインストールのために試してみた。態々中に入っている映像のオリジナルのファイルをコピーして、初期化して、WIN8のインストールISOを製作した。そして試してみると全くSDカードを読み込まなかった。恐らくSDカード読み取り機のドライヴァーが入っていないのだろう。それならばなぜUSBが読み込まれるのか。本質的な差のように思われる。結局ドライヴァーを探し出してインストールを試みるまでの気力が無く、早々に断念した。やはり高容量のUSBスティックを発注したのが正しかったのが証明された。



参照:
初インストール準備 2018-10-18 | テクニック
夏時間が辛くなった 2018-10-13 | 雑感


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-10-18 23:47 | 雑感 | Trackback

SSD初インストール準備

d0127795_23093246.jpg
恒例の冬籠り準備である。今年は先々月取って来た壊れたミニノートブックを弄ることから始めた。急ぐことは無いが、それが使えるとなると、また違う可能性が生じるからであり、なによりも無用の長物が手元にあると邪魔になる。夏の暑い間はその気にもならないが、こうして夜が長くなってくると、夜鍋仕事に精を出す。

状況としてはHDDのシステムを読み込まなくなったという事であり、前使用者のプログラマーは自身のプログラムの入っているHDDを抜き取った。その残りを取って来た。機器はASUSのUL30aと称する商品で小型でCDROMが内蔵していないのが特徴だ。評判が良かった商品で2010年頃の製品にしては今でも使える内容だ。なによりも小型だから使えるようになれば様々な可能性がある。アップグレードまでは考えないが用途を限定すれば面白いかと思った。丁度タブレットと通常のノートブックの中間に位置する。そして軽い。

特に時間を費やしたのはHDDが無いことから自身の古い壊れたHDDやUSBスティックを利用してブートすることだ。結局BIOSを幾ら弄ってもUSBのプログラムを動かせなかった。しかしHDDもスティックもしっかり認識している。論理的に考えれば、所謂読み込みのプログラムであるMBRとかGPTが故障若しくは読み込めないことになる。そこで新品のSSDを購入することになった。SSDは無音のディスクであり機械式でないが、その読み消し回数に限界がある。そして大容量は高価だった。しかしここに来て41ユーロで240GBの容量が買えることを知ったので迷いなく発注した。今後は音楽などに使うPCオーディオには欠かせないと思う。

そして事始めであるが、問題なくHDDと同じように装着、読み込みが可能だった。念のために設置台も購入していたが必要ないかもしれない。そして試してみる。先ずは初期化フォーマットをしないといけない。これを他のノートブックなどでやるのは接続アダプターでUSBに繋げれば詮無いことであるが、それだけでは何も変わらない。そこでWIN8のノートブックのリカヴァリーディスクを製作しても、WIN7が同じ64BIT対応ならば全く問題なく使えると知って、試してみた。先ずは4GB弱のスティックで試してみる。問題なくメニューが出て、プロムプト画面でコマンド入力も可能となった。

これで読み込んでいるSSDもDiskpart-List Disk-clean-Select Disk-Format fs=fat32 quick-create partition primary-active-assign letterコマンドでフォーマットやパーティションが可能となる。実際、HDDでは慣れているがSSDは初めてだったので自信が無く、可能な限り無駄な書き込み消去もしたくないので恐る恐る試してみた。プライムディスクなどの選択の可能性や設計を考えるが、中々最初から決まらない。また手元にはSDカードはあるものの空いているスティックは僅か4GB以下の一本しかないことに気が付いた。だから、先ずはSSDにリカヴァリーディスクを拵えて、スティック無しで読み込めるようにした。そしてWIN8のリカヴァリーモードとなった。

そもそも本体のWIN7はネットで番号を入れてみるとASUSのプリインストール向きのライセンスでインストールISOが落とせない。それならば先ずはWIN8のインストールを試みる。しかしここでDLしたWIN8.1のISOデータが4GBを超えていることが分かった。それならばと早速32GBのUSBスティックを発注した。まさかこんなものが必要になるとは思っていなかったが、これだけ大きなスティックが手ごろな価格になっているならば手元にあれば役に立つと思った。

その一方試しに動作が確認されているUBUNTUをUSBにイメージISOデータとして作成した。こちらは問題なくUSB化した。そしてそれを動かしてみるとUBUNTUのインストール画面が出てきた。これでノートブックが使用可能なことが証明された。更にメモリーテストもしたので、ハードウェア―は問題が無いことも分かった。つまり使用者のプログラマーが突然使えなくなった背景には、MBRの破壊が推測される。ハードディスクが壊れた形跡が無かったことであり、今回私が苦労したような状況が続いていたというからだ。

これで二三日中に大きなスティックが届くので、それを待ってWIN8がライセンス上も問題なくインストール可能か試してみて、問題があればUBUNTUをインストールすることになる。まだどの様に使うかは定かでないが、兎に角電化ゴミではなくなりそうだ。



参照:
単純なアフリカの風合い 2016-11-26 | テクニック
夏時間が辛くなった 2018-10-13 | 雑感


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-10-17 23:15 | テクニック | Trackback

「パルシファル」動画集

d0127795_22244182.jpg
キリル・ペトレンコ指揮バゼリッツ画オーディ演出「パルシファル」2018年7月8日生放送動画断片の纏め。

断片が大分公式公開されている。しかし編集も無くブツ切りにされているために感興を削ぐのかあまり人気が無い。そこで折角の断片なので纏めてみた。


先ずは有名な前奏曲、最初から劇場の空気を支配して決めてしまうようなヴァークナーの前奏曲の中でも、晩餐から信仰そして救済へと流れが示されて、如何にも聖週間のような趣が支配する。そして最後の木管の上昇による救済の澄み渡ろうとする美しさこそは、まるで日曜日の薄暗い教会に射す重い扉の向こうの明るい新緑の陽射しへの一条の光のようだ。

一幕三部のアルフォンタスの苦悩、アンフォルタスを歌ったゲルハーハ―の歌唱と芝居はこの制作で最も劇的で劇場的に成功していたとされたが、三幕での大きな動きに比較してここではより細かな演技と歌が披露されていて、映像で観ると圧倒される。自らフィッシャーディースカウの亜流と自虐的に言うが、これだけの歌唱と演技は元祖には出来なかった。演技の大きさよりも歌唱の細やかさとその表現の大きさに驚くばかりだ。そのゲルハーハ―自体がペトレンコの指揮だからこそ引き受けて、可能だというのも、なにも他の指揮者をバカにしているのではなく、そこまで合わせた抑えた指揮は前人未踏という事でしかない ― タンホイザーでのヴォルフラムの歌然りである。しかしあの腰に巻いているものは家にある敷布のケルトである。出血で汚れているのはリアルだが、炬燵布団でなくてよかった。

二幕のクライマックスである接吻の場である。ここでのカウフマンの熱唱は特筆されても良いと思う。ヴァークナーには向かないとか言われても、これほどセンシティヴな歌唱を知らない。それほど丁寧な管弦楽があるからだが、べルリナーフィルハーモニカーで演奏されてもこれに匹敵する歌声を誰から聞くことが可能だろうかと思う。クンドリーのそこまでのシュテムメの歌唱も見事だったが、それ以上にこの役には女性的な母性的なものと動物的な悲鳴に見られる幅の広さと、度量の良さというか受け身の、歌唱を超えた役で存在感はピカイチだったかもしれない。

三幕への前奏曲、「マイスタージンガー」での同じ位置の前奏曲と同じで、遅いテムポでもったいぶって演奏されると、ただ単に重苦しくなにがなんだかわからなくなるのだが、ここでも早めのテムポながら十二分に歌い込みながらその音楽構造がくっきりと浮かび上がる。まさに楽匠が呟いたように、その複雑な心象風景は劇場の皆が思い描く風景なのだ。思い描くのは決して指揮者の心象風景などではない。

三幕の山場となる聖金曜日の音楽、ここでのシュテムメ扮するクンドリーのうつ伏せ姿勢とカウフマンのもっこりパンツでの立ち姿、そこに後ろから重なってくる麻のような服を着たグルネマンツ、そして起き上がって今度はパルシファルによる洗礼である。その傷ついた血糊のある手は中々劇場では分かり難いが、映像であるとそれなりの印象があり、オーボエによる信仰の動機へと繋がる。当代随一のグルネマンツを歌うパーペのその手慣れていながら更に細かに注意を払った歌唱には引きこまれる。

フィナーレのパルシファルによる救済である。先ずはなによりもこの管弦楽の立派なバランスに驚く。正しく楽譜を演奏すればこれだけ清澄な響きが浮かび上がるという事でしかないが、ブーレーズ指揮のバイロイトの楽団でもなせなかった響きの美しさである。なるほどバーデンバーデンでの演奏に比較すると圧倒的な響きではないのだが、その声との得も言われぬ混ざり合いは合唱においてもフィルハーモニカーには難しいかと思われる。しかし、これほどの演奏をしても、10月に合席したゼムパーオパーファンのおばさんは「この座付き管弦楽団は話しにならない」と言えるのだろうか?とても不思議である。ペトレンコ監督になってから劇場特有のあのジンタから完全に決別してしまったという違和感の方が強いのだろう。まさにあれだから高度な音楽ファンは通常のオペラ劇場などからは益々足が遠ざかるのである。


こうしてこの制作の断片だけをしても、如何にこの舞台神聖劇における主題でもある「共感」無しにこの音楽が成立しないかが分る。楽匠におけるその社会性というのはとても興味深い一面である。それにしてもこの演奏の素晴らしさは、共感せずにはいられないベートーヴェン流に言えば心に入ってくる音の芸術でしかないところだ。抹香臭さや宗教的なドグマを極力排した演奏と、なにもしなかったと評判の良くなかった演出が、各々の歌手の演技や歌をこうしたヴィデオ撮影によって光を当てて、格別なハイライト集となっている。



参照:
興奮醒めぬ中継映像 2018-07-10 | 文化一般


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-10-16 22:24 | | Trackback

音楽の伝道師の想い

d0127795_23493300.jpg
相変わらず歯根の炎症が収まらないので、様子を見て、抜歯の計画を立てないといけない。こうなるとあまり事務的な仕事も捗らず、週明けでも徒然としたことになる。

指揮者ブロムシュテットの日本での音楽伝道風景が毎年のことながら興味深い。多くの聴衆を感動させるものがそこにあり、その指揮者の本望でもある。その書籍が飛ぶように売れているのも現象ではなかろうか。私自身、本を纏めたスピノラ女史のファンなので、爺の講話はネットで無料で楽しむとして、書籍を発売前からウィッシュリストに入れたまま中々高価で購入出来ていない。内容がある程度分かっていると言えるほどのご講話のファンでもある。

だから、皆思い思いにあれだこうだという気持ちとそれほど変わらない。そして読んだり聞いたり、出来れば会って話したりすれば尚の事その人のことが気になって、またあれだこうだと想像することになる ― 恋であり、しかし何処まで行っても他人であるから心中を想像するしかないのである。そこに音楽芸術が介在する。そうなのだ、何処まで言葉を尽くしても尽くし切れない感覚を音が媒介するのである。このキリスト者はそれが必ず伝わることを信じている。それが摂理であり、信仰以外のなにものでもない。それは発言にあったように、出身文化圏に拠らずゲヴァントハウスで日曜のお勤めをすればそうした真摯な気持ちに至るというものだ。

そこには五感しかなく主観しか信じるものは無いが、それでは必ず伝わると信じられている芸術の核心とは何だろう?私は、そこでどうしても江藤淳が有名な英語教師の言葉としてその告別式に弔辞として述べた言葉を思い浮かべる。「教えることは、その授けたことがどのように生徒各々の中で消化されて、如何に誤って理解されるか、それを(その歪からその人を)学ぶことだ」と大体このような意味合いだったと思う。

91歳になる老指揮者の心中を察すると ― そこまで思いを巡らす切っ掛けとなったのはあまりにも出来が悪かったバーデンバーデンでの公演とそのアンコールの贈り物があったからだ ―、一方には長年の職業的な自負もあり、一方には自身が伝えたいことが伝わっているのだろうかという懐疑もあると想像する。それ故に聴衆の反応が結果の拠り所となっていて、当然のことながら誰よりも以前以上に反応を気に掛けているに違いない。そしてその反応の中にこの老音楽の伝道師は前記の受け取る側の人を見ていると思う。まさしく、西欧キリスト教的な文化がどのように変容されるかという事への関心にも繋がる。

嘗ては大会場において、演奏家と聴衆の間でそうした交流が可能などとは思ってもみなかったのだが、商業メディアの影響が減少したり、SNNなどの発展による社会的なコミュニケーションの可能性が変わったことから、より双方向性の影響が強くなった。そこには会場での写真撮影なども少なからず影響して来ている。なにもそれは「ご贔屓の杉様の流し目を頂く」というのではなく、対峙するという意味だろうか。その核にあるものに対峙することは、個人差を通しての纏まった反応ということでもある。

そこから考えると日本におけるフライイング問題と苦情も一つの歪みだと思っている。例えば楽章ごとに拍手する方が明らかに自然で、そんなに高尚な交響楽など判らなくて当然という大前提が欠けているのかもしれない。むしろ後者の苦情の方が特徴で、これは今月SWR2で特集された「日本の洋楽受容」で言及された虚無僧の響きが関係するのではなかろうか。つまり、そこでは勿論仏教的ではあっても、吹く尺八の音自体は音でなくて息となり、そうした音は禅の中で捉えられるとなる。これは、例えば指揮者が興奮の為に恍惚になっていようが、唯一の神に祈ろうが、ディレクターと約束の実況録音の傷を減らす努力をしていようが、日本の聴衆はそこを禅として捉えられるということになる。これは中々出来た説明だと思うが、どうだろう。

ジャーナリストが生半可に分析する必要などない。しかし、注目すべき状況を客観的に伝える使命がある。特に音楽ジャーナリストとなれば、その演奏行為で行われていることと同時にイヴェントの中身を書き録らなければいけない。これだけのことが起こっているのに何も伝えないって言う手はあり得ない。



参照:
至宝維納舞踏管弦楽 2018-09-29 | 音


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-10-15 23:51 | 文化一般 | Trackback

一寸寝かさなければ

d0127795_04045203.jpg
バイエルン州の選挙に伴って、劇場が投票を促すヴィデオクリップを出していた。若手の歌手達が声と票を掛け合わせて声を合わせて歌っているのは中々気が利いていた。向かって左から二番目の人は「三部作」に飛び入りした人で、三番目は「パルシファル」で天の声、「指輪」でヴァルキューレ、日本公演では「魔笛」の二人目の侍女を歌っていたウィルソンのようだ。一番右の人は発売初日に朝から並んでいる人のためミミを歌っていた人だ。その功績あってか2013年よりも大分投票率が上がった様だ。車中のラディオも12政党が割拠して、保守政党が過半数を割り続けて、緑の党が第二党に、社民党が五位陥落とかだった。またしばらく多数派工作で話題を提供するのだろう。

土曜日は具合が悪くて、到底走りに行けなかった。歯根の炎症が酷かった。下手をして全身に毒素を回したくない。日曜日に走ればよいので様子を見た。食欲とか全て落ち込んでいて、免疫力が弱っているので注意をする。寝坊をしたが何とかに日曜日には峠を攻めて下りてきた。木曜日は天気が良く、駐車場の下の自然の家に宿泊していた夫婦がうろうろしていた。どのハイキングルートを取るか決めかねていた。こちらも走る柔軟体操をしていたので態々声を掛けた。だから分かった。どれぐらい健脚か分からなかったが、やはり数キロは歩きたそうだった。地図を持っていたので適当なところを教えてあげた。谷に下りて向こう側の峰に上がるが高度差も少なく、それでいて静かな山歩きが出来るからだ。再び谷に戻って来て気持ちがあれば反対側の300m高度差を上がっても良し、私が走っている林道を戻って来ても良い。基本はもう反対側の谷間の宿舎まで上手く回って戻って戻れれば良いだけだ。天気も良く心配は要らない。

土曜日のリガからの放送は面白かった。ストリーミングの音質は悪くなかったがモノラルだった。折角のヴァイオリン間の掛け合いが楽しめない。モノラルだけに距離感がくっきりで気持ち良いが、この時代に最新モノラルを聞くとは思わなかった。改めてサイトを訪れるとステレオでMP3がオンデマンドで置いてあった。やはりどこかでしくじった様だ。写真を見ると古い劇場だが、録音だけはステレオで、転送のところでモノラル化していたらしい。

演奏は可成り良かったようで ― ホルンの傷などはどうでもよいのだが、いつもライヴで細かなところは変わっているようだ ―、アンドリス・ゼニーティスの「マーラ」も伏線どころかしっかりと主題を織り込んであり、バスクラリネットの終りが唐突な感じがするのはそのように浮かび上がるようになっているようだ。オポライスの歌も地元故にか熱が入っていてよかった ― それ以上にお国言葉でのインタヴューの声の表情が良かった。劇場で身内の前で歌うとなると当然かもしれない。色々と批判もあった歌であるが、これはこれで立派なレパートリーになっているなと思った。それにしてもこうした楽団がしっかりと付けると楽曲の出来がよく分る。ペトレンコ指揮のべルリナーフィルハーモニカーでの演奏が待ち遠しい。

兎に角、これだけの演奏をしているのだから中央ドイツ放送は録音を都合して勿論ステレオで熱いうちに流すべきだ。そうした文化交流の価値は、たとえリガの劇場の客が楽章ごとに拍手していても、得難いものだ。その辺りの感覚がまだまだ旧東独で教育を受けた人が牛耳っているような放送局では足りないのではないか。いずれにしてもネルソンズがここで落ち着いて仕事をする限りは、独墺圏の交響楽団としてベルリンのフィルハーモニカーとライプチッヒのゲヴァントハウスはドイツ文化を代表する双璧となるに違いない。

上の放送で面白かったのはラトヴィアの放送のアナウンスメントだった。言葉は分からないでも音の感じやイントネーションがスイスドイツ語に似ているのだ。言葉に共通項は無い筈なのだが、どうしてそのように聞こえるのか?特に中央スイスの「グルツィ」や「オーヴィーダルーガ」ルツェルンなどのそれを感じさせる話し方をする人も居る。バルティック三国の差などはよく分からないが、ジとかジュとかの音があまり濁らないからやはりロシアのそれとは大分違う。

ブロムシュテット指揮ヴィーナフィルハーモニカーに出掛けた節にフランスのスーパーUで購入したブルゴーニュを開けた。有名なジヴリー2014年ものである。なによりもハーブ風味が強く、このコートシャロネーゼの中にあるものとしては驚きの味わいだ。ボーヌ以南は比較的土地勘があるのだが、なぜこの地域だけがこれだけ違うのだろう。薄くないのである。18ユーロ程度にしてはお買い得だった。調べてみると春に同じ2015年物を買って失望している。寝かさなければいけなかったという事だ。



参照:
勝負にならないもの 2018-03-10 | ワイン
東向きゃ尾は西に 2018-10-12 | 文化一般


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-10-15 04:09 | ワイン | Trackback

音響の文化的な価値

d0127795_23142321.jpg
この二三年探していた音源が見つかった。先日、昨年急逝した歌手ホロストフスキーのオペラハイライトCDが発売になって、その中に一曲入っていた「オネーギン」が探していたものだ。そのCDを購入するか一部を買って聞いてみるかなど考えていた。しかし、欲しいのは全曲であり、それならばと探した。今度は指揮者ペトレンコではなくて歌手の名前から検索した。すると簡単にYouTubeに昨年アップされていたものが見つかった。ラディオ実況録音であるから音質は二の次である。ヴィーンの国立劇場の演奏であるからその質には期待していなかったが、さわりを聞くとその通り酷い演奏なので、指揮者情報の信憑性が疑われたが、しばらくして総奏を聞いてペトレンコ指揮を確認した。小澤時代の座付き管弦楽団だが、監督が病に倒れて客演が振ればあんな程度だったのだろう。今はもっと悪いに違いない。

NHKホールからの生中継を聞いた。「NHKが欧州で貴重な聴視料を浪費しているのではないか」と書いた序に考えていた。日本での演奏を海外に輸出するだけの価値があるかどうかである。それも確かめたかった。指揮者のブロムシュテット爺の音楽は先日のバーデンバーデンのコンサートで昨年より大分悪くなっていることについては既に言及した。身体の元気とは裏腹に可成り脳などが老化していると思った。要するにもうお構いなしになっている。典型的な老人性の症状だと思うが、初期の頃は大らかにやらせる度量が大きくなるように思われるが、よいよいになって徐々にどうでもよくなって殆ど投げやりと変わらなくなってくる。

それでも爺のブルックナー解釈やその譜読みは今回の中継でも充分理解可能で、また間違っていることはやっていないと思った。先月聞いたハイティンクの指揮と比較すれば作為的ではあるのだが、とても分かり易くて、立派なものだと思う。その演奏を彩るのがその指揮で、そもそも大雑把なのだが、時々大きな動きを伴って何かが起こると言った塩梅で、この辺りが最も同僚のハイティンク指揮の棒とは異なるところだろう。前半のモーツァルトもいい勝負なのかもしれない。

最も苦になったのはコンサートマスターの音楽で、モーツァルトではよくもヴィーン紛いのような演奏になっていて、これだけでも到底輸出かのうなものではない。なるほど先日同じ指揮者の振った本家のヴィーナーフィルハーモニカーよりも明らかに良いところもあったのだが、偽物は偽物でしかなくGAT違反だ。これでは、廃棄処分で、価値など一切ない。

なによりも気になったのは日本を代表する交響楽団のアンサムブルで、総奏でなくても弦だけにおいても中抜けのしっかりした音が鳴らない ― 中継では奇しくも中声部のそれについてのメンションがあったが。勿論指揮者のアインザッツの問題があることは承知の上である。あの会場で演奏している限りはまるで枯れた竹藪のような音しかならないのだろうかと思った。続けて後半のブルックナーを聞いて更にこの問題が良く分かった。

なるほどコンサートマスターの弊害が捨てきれないのだが、弦楽と管楽の間の繋がりが悪く、弦楽器奏者はコンサートマスターに合わせるしかなくそれが最も容易だろうが、管楽器陣は戸惑っているような感じで、そのヴィーン風の乗りのお陰で、とても酷いリズムになっていた ― あんなヴィーンのようなボケボケのリズム取りをしていたのではプロの交響楽団として成立しない。「一害あって一利なし」の年金生活の小遣い稼ぎの老楽士さんの為に長年構築して来たアンサムブルを潰すつもりなのだろうか?私が最後に生で聞いたのMeTooのデュトワ指揮でのフランクフルト公演であるが、その時の弦楽器のアンサムブルのつまり和音の作り方の問題をヤルヴィ指揮の下で解決しているかに見えたが、こうした指揮者の下で更に弊害のあるコンサートマスターの下で演奏することで恥部まで全て曝け出されたような演奏だった。

スケルツォなどでも総奏の打ちが定まらないのは、リズムの作りが悪いからだ。そもそもモーツァルトで経過的な楽節でその方向性が定まらなくなって、まるで主題と主題の間が叙唱のようになり、嘗てスイトナーなどが振っていた時のN饗と変わらず、全く成長していない。繰り返すが、バムベルクなどの交響楽団よりも立派に正確に演奏する面がある反面、下手以前に音楽にならない面があって、同じ指揮者が同じような程度の交響楽団を振っていることには変わりない。

それにしても私のようなリズム音痴がこのようなことを芸大を出たような皆優秀な楽士さんの演奏に対して書けるなと我ながら思うのだが、そのように考えるとアウフタクトの感覚にしても以前からすると感覚的に異なっている。それはやはりまだここに来ても永続的にドイツ語の言葉のイントネーションやリズムで感覚的に習っているものがあってそれに関係しているようだ。つまりアウフタクトのリズムと言葉の出はよく似ていて、ヴィーン訛りが特に気になるのは私が吃音系のプフェルツャー方言が知らずに身について来ている事にも関係している。その身に付くものである筈の音楽におけるリズムが、あの手の指揮のみならず、コンサートマスターの雑音が邪魔になって、お里が知れるという事だろう。要するに少々留学した位では身につかないものらしい。

同じように管楽器が幾ら肺活量強化して頑張って吹いても全く凄みが出ず、また管と弦のみならず管並びに弦同士間においてもしっかりと和音を支えられる合奏が出来ないのは、音楽教育などを受けていないドイツ人兄弟が簡単に教会でハモってしまう事との大きな差である。

さて、そのドイツを代表するライプチッヒのゲヴァントハウス管弦楽団がリガの国立オペラ劇場で演奏する会が地元の局から生放送される。先日同じプログラムをフランクフルトで聞いたので失望することは無いだろうが、マイクを通した音として再びその鳴りを確かめたい。ブロムシュテット指揮では昨年とても素晴らしく、現カペルマイスター指揮よりも滔々と鳴るブルックナーの七番となった。先月のチューリッヒでのハイティンク指揮とはその楽団の質がその芸術的な価値が全く異なっていた。



参照;
東向きゃ尾は西に 2018-10-12 | 文化一般
大関昇進を目指せ 2018-10-10 | 音


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-10-13 23:17 | | Trackback

夏時間が辛くなった

d0127795_03334468.jpg
歯茎の具合が悪くなって来た。腫れてきた。歯を使わないでいても駄目かもしれない。愈々お別れが近づいている。気温の変化も免疫力が弱っている感じで辛い。今週は二回走っていて調子は崩していないのだが、気をつけないといけない。時々、早く夏時間が終わって欲しいと思うのも朝が辛いからだ。やはり一時間早まっているとそろそろ具合悪くなって来た。

CDを二枚発注した。いつぶりだか覚えていない。CDなど聞いている時間が無かったからだが、それ以上に魅力的な安売りが無かった。そして送料無料なので少しだけでも発注してあげようと思った。システムも整備されていなくて、一寸危ないかなと思ったからだ。CPOのオーナー会社で実際の店舗も北ドイツに幾つか持っている。だから長く連邦共和国では唯一信頼の措けるネットCD類販売会社だった。売り上げはアマゾンの方が大きいかもしれないがそちらは正式な卸売り業者ではなく、お卸元が裏に存在する。つまり特別な商品は出ない。この国の業界は殆ど壊滅状態にあるが、首が繋がっていればまた可能性が生まれるときがある。

発注したのは、白井光子が歌ったヴェーベルン歌曲集とアマティ四重奏団のモーツァルト曲集だ。前者はシェンベルクの一枚を昔安売りで購入したが、こちらの方は中々安売りにならなかったので、3.99ユーロなら買いだ。なによりも75%引きに誘われた。理由は知らないが、声が向いているのだろうか。白井光子と言えば昔カールツルーヘのクラス会で見かけたことがあるが、既に旦那と別れていたのは知らなかった。当時はカールツルーヘに行ってまだCDの安売りを店頭で漁っていたのだった。大野が監督をしていたころだろう。もう一つは、第一ヴァイオリンのヴィリー・ツィムマーマンに紹介された節に見本で聞かして貰ったシリーズだが、探してみると自宅には無く、2.99ユーロなので発注した。HRが録音しているのでフランクフルトでのスタディオ録音か。兎に角、スイスでは技術的にも最も優れた弦楽四重奏だった。彼の雰囲気と声の感じが日本の歌手で俳優の尾藤イサオに似ていて、その優れた演奏が何かリカビリー崩れの職人風の印象を強くした。今年ザルツブルクで特集になった作曲家クラウス・フーバーも来ていたと記憶する。

もう一つ買い物をした。他所からとって来たASUSUの壊れたミニノートブックを直そうと余暇に弄っていたのだがやはり上手く行かない。HDDは読み込んでいてもシステムを読み込まない。それ故に廃棄処分となったのだが、自分の壊れたHDDも認識してもそこから進まない。それならとUSBなどで動かそうと思ったが、それもシステムが読めない。CPIやメモリーなどは問題なさそうなので、やはりHDDを用意して試してみようと思った。駄目かもしれないがはっきりする。そこで今まで欲しかったSSDを発注してみた。これに使えなかった場合は、迫っているノートブック変え替え時に現在のものにこれを埋め込む。無音だからメディア専用にするのである。



参照:
あまりにも忍びない 2018-08-16 | 生活
ご奉仕品特売をあさる 2018-01-28 | 生活


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-10-13 03:35 | 雑感 | Trackback

東向きゃ尾は西に

d0127795_23460657.jpg
週末土曜日にリガからの放送がある。初めて聴く放送局だが、そこからリツイートして呉れたのでその存在を知った。まだ中継放送には呟いていなかったが、局のサイトに土曜日19時から国立オペラ劇場からの中継予定が入っていた。フランクフルトと同じプログラムであまり評判の良くないアドリウス・ズェニティス作「マラ」が楽しみだ。何回か聴けばもう少し細かく分析できる。その評判の悪さは私が書いたように二十世紀後半のモダーンの模倣となっていて、独自性は最後の管のソロなどにしかないというものなのだが、これでは聞き落としていると思う。但しハッキリしているのは、ネルソンズ指揮の功績が偉大で、これだけの大編成の曲をツアーで流していく幸運に肖っているというのは間違いない。またそれに耐えるだけの管弦楽法は、その作曲リストで示されているように書き慣れていることに矛盾しない。こうした曲に地元の放送局がしっかりとバックアップしていくことは重要であり、まさしく国を挙げての文化事業なのだ。

偶々車中のラディオでゲオギアン出身のヴァイオリン奏者リサ・バティシュヴィリが、折からのフランクフルトでの書籍見本市のテーマ国となっている故郷についても語っている。この人も12歳からドイツに移住して故郷とは離れていながら、今や間違いなく文化親善大使であり、多くの印象を我々に与えている。なるほどその国の地政的な難しさから、同情や共感無しには語れないのは分かる気がする。オーボエ奏者の旦那との家庭生活に関しても、演奏家としての面と、妻であり二児の母である三役の関係についても語っていて、家庭生活が芸術家としての幅を与え、反対に家庭生活では芸術を通しての人間的な成長がなにも教育だけでなく家庭生活をも豊かにするというとても優秀な答え方をしている。超一流になる音楽家は受け応えも流石に違う。しかしデルジェス1739年のG線が取り分け素晴らしくて、シベリウスの協奏曲二楽章がなどと言われると気になり、どうしても聴きたいとなるのではなかろうか、凄い宣伝効果だ。なるほど彼女にとってシベリウスのコンクールが登竜門だったとあるからこれまた仕方が無い。それにしても彼女からマリアカラスの名前が出て歌声のような可能性のある楽器とあったのは意外だった。

このようにかつてはあまり興味も無く東欧から出て来るセンスの無い演奏家は全てユダヤ系でイスラエル国籍か何かだと思っていたが、今は多彩な才能が北は南から西欧に来て活躍している。それだけ徐々に社会が安定してきているという傍証で、ベルリンのフィルハーモニカーが文化使節として東欧へ出向くことと、私たちが西へと向けていた視線を東側へと向けて、それこそEUの文化的な多様性を謳歌できるようになって来たことはとても幸福な現実だ。そうした文化的な交流において芸術の果たす役割は嘗て以上に大きくなって来ている。

この夏のエストニアからの管弦楽団などは従来の東欧感を覆すものではなく、所詮東欧の印象しかもたなかったが、世界的に注目され実力のある指揮者のネルソンズなどが、とても気の利いたプログラミングを組むことで、その東欧への意識は更に深まる。ネルソンズ指揮のマーラーも東欧枠のプログラミングの中に嵌められていて、新曲とあまり変わらない管弦楽のパレットが使われてことから、地元のライプチッヒなどではその相違として新曲にはマーラーのエクスタシーが無いとされていたが、あの演奏実践のどこにそれほどの恍惚があっただろうかと思った。アングロサクソンの諸国を筆頭にマーラーの欧州的な特徴がショービズ化して大きな市場となって久しいが、もう少し丁度バーンスタインのマーラールネッサンスでは脱落していった本来のボヘミア的な要素を見極める必要がある。クーベリック指揮の録音などを思い起こす向きもあると思うが、あの素朴さだけでは不十分であるのは当然であろう。今日的な視点がどうしてもそこに影響するのは間違いないとしても上の新曲などの底に流れる文化的な多様性への視座こそが期待されるところだ。一連のプログラミングにそのような意志を見た。

ライプチッヒ管弦楽団275周年の記念切手を入手した。赤色が嘗ての東独を思い起こさせるが、中々使い易そうでいい。その管弦楽団への評価もこうした指揮者を迎えたことから余計にその本質に迫られている。今回のツアーである程度示されるのは、まさしく中央ドイツが中央であったこと以上に、東欧まで領域を広げた中で観察すれば、その独自のプロテスタンティズムの文化的発展とローカリズムが浮き彫りにされることで、とても収まり易くなって来ている。ベルリンのフィルハーモニカーにおけるローカリズムなどを考えるうえでやはりこの伝統はとても重要な指標になってくると思われる。



参照:
需要の大きさに拘わらず 2018-10-11 | 文化一般


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-10-11 23:48 | 文化一般 | Trackback

需要の大きさに拘わらず

d0127795_23501992.jpg
午前中時間があったので並んでみた。12月10日の「オテロ」公演の前売りである。気が付いた時は丁度いい時刻だと思ったが、結局ランダムで1183番しか貰えなかった。当日の件は先に入手しているので冷やかしでしかないが、色々と勉強になった。始まってから35分程で完売となった。最初のランダムの計算も三十秒以上時間が掛かっていた。約1500人ぐらいが並んでいたようだ。つまり競争率は五倍ぐらいになる。想定以上の可成りの競争率だ。

券の割り当て数とか、その実際とかある程度分かっている心算なのだが、その演目や日程による需要の差などはまだ分からないところもある。それにしても243ユーロとか143ユーロとかが飛んで行く様に売れるのには驚く。それどころか16ユーロもする楽譜席と称する何も見えない席まで完売だ。

これは「オテロ」人気なのか、ヨーナス・カウフマンか、アニヤ・ハルテロスか、キリル・ペトレンコかは分らないが、全般に注目度が高いのだろう。システムは問題なく作動しているようで、その点は安心した。30分経過後には殆どの大勢が決まっているので、泣いても笑ってもそこまでの勝負だ。以前のように前夜や早朝から試す必要が無くなっただけでも良しとすべきか。やはり初日シリーズは厳しい。2016年の「ルル」初日が発売後に、60ユーロほどの比較的良い席を分けて貰ったのと大違いである。

デアターゲスシュピーゲル紙でツェッチマン支配人が語っている。この夏のフィルハーモニカーのツアーを終えての感想である。正式就任まで一年もあるのにも拘らず、フィルハーモニカーも芸術的な限界域へと操舵を進めるまでの意識を共有するに至ったことと、それを観客も感じ取れたことが素晴らしかったと話す。またペトレンコの指導で、毎日が新たな芸術的な深化へ細部へ完成度へと、会場でのサウンドチェックで以って、既に慣れた会場もあったにせよ、新たな可能性を引き出して、ペトレンコ自身とても楽しんでいたとする。繰り返すことも無い、我々が生で、放送で追いかけた通りそのままである。

そこからが面白くて、2019年4月末に発表されるシーズンプログラムへと話題が移る。重点として、ペトレンコ自身が、ラトル時代の16年間のレパートリーに目を通して、抜け落ちが殆ど無かったが、それでもバルトルディー・メンデルスゾーンがあまり演奏されていなく、将来に亘って取り上げられるものとした。当然のことながらロシアの作品もより多く演奏されるだろうとしている。勿論メインレパートリーのモーツァルトからブラームス、シュトラウスも名が挙げられる。

その一方、とても評判の良かったベートーヴェンなどはツィクスルの予定は無く、精々交響曲年一つ位づつのようだ。七番、九番、三番ぐらいの順になるのだろうか。モーツァルトが挙げられたことに注目したい。モーツァルト指揮者ではないと自認しているようだが、ピアノ協奏曲を中心に継続的に取り上げられるのだろうか?

もう一つ重要なのは、フィルハーモニカー財団へ連邦政府から7.5ミリオンの予算へと増額されたが、ベルリン市が減額したために1.8ミリオンの増額にとどまった一方、その予算執行裁定の自由度が増したことである。これによって、ポーランドなどのように、日米の豊かな市場とは比較にならない市場で、安価にフィルハーモニカーの演奏会を行えるという。要するに二年に一度のブカレストのみならず更に多くの国で演奏会が開かれて、連邦共和国の文化大使としての位置づけが高まることになる。大変素晴らしいことだと思う ― 今日の連邦共和国を体現して貰いたい。

日曜日のゲヴァントハウス管弦楽団の演奏会評がルントシャウ紙に出ている。読んだことのある書き手であるが、短い中で報告している。マーラーのゆりかごのようなヴァルツァーでうっとりして、チャイコフスキーでは柔らかな音色でと自信なさげに書いている ― 簡単には評論家に教えない企業秘密なのである。しかし何よりも新曲のアンドリス・ズェニティス作「マラ」について比較的詳しく報じている点はとても評価したい。なるほど彼女のかくようにこれだけの大編成の新曲が二つの交響楽団で演奏されるのはとても幸運であるのは間違いない。そして、あれだけの高品質で演奏されるなんて、ショットの販売力があっても、リームでさえもなかなか叶わない。この点だけでも、その舞台捌きなどはぎこちないアンドリス・ネルゾンズであるが ― それに引き換えシャイと言われるペトレンコなどはその舞台捌きは堂に入っていて、パーヴォ様どころか熱心なお客さんへの流し目も忘れない ―、その中々いいセンスと熱心さが伝わって、大関昇格推挙でもしてみようという気にさせた。やるじゃない。



参照:
„Wir können jetzt freier denken“, Andrea Zietzschmann, Der Tagesspiegel vom 9.10.2018
Großformat und Wiegemodus, Judith von Sternburg, Frankfurter Rundschau vom 10.10.2018
大関昇進を目指せ 2018-10-10 | 音
飛んで火にいる夏の虫 2018-09-16 | 雑感


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-10-10 23:52 | 文化一般 | Trackback

大関昇進を目指せ

d0127795_23465358.jpg
承前)休憩後のマーラーの交響曲と最初の新曲はほとんど同じ楽器編成だった。それでも鳴りが全く異なった。勿論違うように楽譜が書かれている訳なのだが、そのように両方を正しく演奏するのはとても難しい ― その交響曲の正しい響きかどうかはとても興味深い議論である。開演前は数十分前まではこの新曲を合わせていた。初演からよくなって来ているのだろう、中々力のある作曲家である。

今回久しぶりにアルテオパーで大管弦楽団を聞いた。前回はSWRフライブルク・バーデンバーデンでマーラーの交響曲6番そしてハースのピアノ協奏曲だったと思う。後の多くはバロック音楽だった。席は似たようなものだが、今回は最初から売れていなかった価格領域へと移動していた。フランクフルトのような典型的な銀行の街となると日曜日の興業はとても寂しい。五割かどうかといった入りだったろう。皆が立ち止まって凝視するポスターはベルリナーフィルハーモニカーがアジアに飛ぶ前に立ち寄る公演の告知である。なるほどフィルハーモニカーの方が音量は出すだろうが、ホルンなどでも明らかにゲヴァントハウス管弦楽団のような響きは無い。どちらがドイツ的で文化的な響きかというとこれはまた高度な判断となる。

本拠地ゲヴァントハウスを鳴らし切るのとアルテオパーを鳴らし切るとの差は分からないが、アルテオパーとしてはなるほど鳴り切っていなかった。21代カペルマイスターとゲヴァントハウス管弦楽団の関係はまだ始まったばかりなのだが、ペトレンコとべルリナーフィルハーモニカーにおける果敢な挑戦と比較するとやはり物足りなかった。今後どのように鳴らしていけるのかは未知だった。その分とても美感は維持されていて、19代カペルマイスターがバーデンバーデンでブルックナーで鳴らしていたのとは大分異なった。勿論ブルックナーとマーラーの書法が異なることも大きいのだが、ハイティンク指揮でコンセルトヘボー管弦楽団が全奏するのともまた異なる。面白いことにやはり力の抜けた爺さんの棒の方が大きな音が素直に鳴るのである。その正反対にサイモン・ラトル指揮などがあったが、アンドリス・ネルソンズもまだまだ若過ぎるのだろうか。

グスタフ・マーラーがライプチッヒで第二カペルマイスターだった。五つ年長のニキシュが君臨していたからのようだが、劇場で振る傍ら、病気の節に代わりを務めていたようだ。26歳というからやはりこの交響曲を作曲した時は充分に若い。今回のツアーの一つにこの曲が選ばれたのはこうした背景がある。その独自の組織構成から劇場の指揮者とカペルマイスターが上手く行くかどうかも問われているようだ。それにしても四楽章のヴィオラが引っ張るところなども創作にこの管弦楽団の優秀さと響きがそこにあったのではないかと思わせた。ドイツ配置の第二ヴァイオリンの働きも、またシュヴァルツヴァルト出身のコンツェルトマイスターのブロイニンガーもとても良い仕事をしていた。その風貌から突飛なことをしそうだが、とても丁寧な仕事をしていたように思った。やはり超一流の指揮者が振れば、たとえ自由度が増す指揮をすると言っても、自らの仕事に集中できる余裕が生じるのだろう。ブロムシュテット指揮の時とは全く違う仕事ぶりだった。ホルンの良さについても語ったが、管楽器類も、兎に角、世界最大の管弦楽団なので適格なメムバーを選択すれば可成り程度が高い。

ブロムシュテットが言うように、なるほどコンツェルトマイスターを先頭に思い思いに舞台に出て来ても、座らずにこちらを向いているものだから最後の楽員が出て来るまで拍手も止められない。律儀な人達だなと思わせると同時に、コンサートの作り方だけでなく教育にもなっている。流石に教会で毎日曜のお勤めをする楽団だ。空き席があったことから観光客のような、一楽章の後で拍手をする人たちが入っていたが、それも教育の一つである。

管弦楽団の全奏に関しても、シュターツカペレドレスデンも混濁して全く駄目なので、それよりはバランスを壊すことなく透明性を保っていて、ここら辺りはカペルマイスターの腕の見せ所かもしれない。この指揮者に任せておけば決して伝統を壊すようなことはしない安心感がある。つまらない噂話のように、シュターツカペレがバーデンバーデンでフェスティヴァルをするぐらいならばゲヴァントハウス管弦楽団でフェスティヴァルをして欲しいと思った。カペルマイスターの指揮でのオペラも決して悪くないのも分った。別れた嫁んさんと握手するぐらいならば、色々なスターと興業を打つ現体制のバーデンバーデンにはお誂らい向きだった。それほどに、この組み合わせで、今回のような興味深いプログラムならば今後も聞き逃せないと思う。現在欧州で否世界でも数少ない聞き逃せない音楽的なイヴェントを打って出れる組み合わせの一つであることは間違いない。

とは言っても、指揮者も楽団もまだまだ片付けないといけない課題があって、楽団からDNAを呼び起こす一方、指揮者がここでみっちりと音楽芸術をものに出来たなら、番付で言えば一人横綱体制の大関昇進もあり得ると思う。ヴィーンがこの指揮者を必要とするときが遠からず必ず訪れるだろうが、それからでも全然遅くないのである。(終わり)



参照:
冷や汗を掻いて避暑 2018-08-07 | 生活


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-10-09 23:50 | | Trackback

企業秘密の領域へ

d0127795_23023106.jpg
ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏を聴いた。二度目の体験である。一度目は昨年19代カペルマイスター、ヘルベルト・ブロムシュテット指揮ブルックナー七番ほかで、二度目の今回は現21代カペルマイスターのアンドリス・ネルソンズ指揮でマーラー一番他である。

先ず記憶にあるところから、初めての生ネルソンズ指揮を書いておこう。マーラーの交響曲では三楽章のコーダーで、再び冒頭の日本の幼稚園などでも歌われる「フレーレジャック」の短調版が「ディン・ドン・ダン」と戻ってくる。そこのテムポ運びが印象に残った。理由は最初の提示での基本テムポの遅さと、中間部での伸びやかな運びとの対照がとても強かったからだ。因みにアバドの録音を聴いてみると、そこは楽譜通りにその次の小節の急テムポのクラリネットがユダヤのクレッツマー音楽を強調している。寧ろここはバーンスタイン指揮ではあまり浮き上がらなく、その前のトラムペットの葬送の音楽と並行させている。アバドのマーラー解釈がそこで良く分かる反面、コントロールが効いていない可能性も無きにしも非ずだ。

今回は、最初の「ディンドン」のティムパニ―を倍速にしたようなのが印象に残っていて、明らかに次の小節の準備以上に、「ここからコーダですよ」というのを明白にしていた。同じような強調は二楽章スケルツォ楽章中間部トリオへの移行部で、楽譜通りならば二重線までのテムポで全休止が取られる筈なのだが、なぜかここでも次のホルンのソロに合わせたテムポ取りがされていた。先の三楽章とも合わせて和声の移り行きを上手に出すことがこの指揮者のモットーなのだろう ― まさしく新聞評の心はここにあった。

正直この辺りの指揮技術的な精査は出来ないのだが、テムポの移り変わりでの準備を丁寧にしているような印象もある。それが適切な楽譜解釈によるためか、若しくはキリル・ペトレンコまでの名人ではなくてもネゼ・セガンのような振り方が出来ないための妥協策なのかは判断がつきかねた。ペトレンコの指揮をこれだけ聞いているとそれが出来るものだとどうしても思い込んでしまっているのかもしれないが、よく分らない。

その他も色々と用心深く振っている印象があって、新聞評にもあったように、弱音域での表現の細やかさと音色的なイメージの適格さが素晴らしい。また就任演奏会での放送において良い印象を持てなかった新カペルマイスターのこの名門管弦楽団のアンサムブルや響きへの尊重も理解した。前回のブロムシュテット指揮に比較するまでもなく、細心の注意が払われていて、燻銀を超えて可成り渋い。それも楽曲様式や創作の性格によって、変わらないものもあれば、全く異なった管弦楽の性格を引き出してもいた。

見事だったのは放送でも分かっていたように、クラスターなどの入った新曲での演奏方針で、これは本当に立派で驚いた。今あの程度に現代音楽をこなす管弦楽団はドイツにどれぐらいあるだろうか?様式としては二十世紀後半でやや古めかしい部分と民族的な素材を利用する興味深い面を持ち合わせたアンドリス・ゼニティスの「マラ」と称する「交響楽団」のための作品で、先頃ライプチッヒで初演されたので、いづれ放送録音も出て来ると思う。ボストンとの共同での委嘱作品なのだが、ボストンでこれ以上に上手に演奏出来るとは限らない。それほどにシャープな響きも有機的に処理する機能性は連邦共和国のどの放送交響楽団も持ち得ていないと思う。確かにシャイ―時代に欧州屈指の指折りだったのが実感可能な機能的な交響楽団であり、座付き管弦楽団と比較などはそもそも無意味である。

その一方、それに続いてチャイコフスキー作曲のオペラピースが演奏されたが、これがまた得難いプログラミングとなっていた。要するにこの指揮者は生地の楽団でトラムペットを吹いていたというが、如何にもその思考自体が現場感覚の音楽家で、玄人に問うているようなプログラミングとなっている。先頃離婚した奥さんであるクリスティーネ・オポライスと登場する時こそ、態々この昔の旦那は第一ヴァイオリンとチェロの間を通って、それこそ主役から十歩離れて指揮台へと移ったが、指揮を振るや否や完璧に合わせて来ていた。兎に角、聞きもの見ものだったのはこの管弦楽団は奈落で演奏するように直ぐに切り替えて演奏するのだ。これには魂消た。初めてこのような状況を見聞きした。つまり、音が遅れて出て来るのだ。もうここまで来ると、企業秘密のような領域で、これ以上語れないと思う。「リサのアリオーソ」と「手紙の場」の間に挟んだポロネーズでも同じように演奏していたので、この不文律というか了解はどうなっているのだろうと思った。伝統と呼ばれるものだろうか?このプログラムでなければ、世界最大の管弦楽団ゲヴァントハウス管弦楽団の実力の真相が見えなかった。更にバッハでもアンコールすれば完璧だったかもしれない。(続く



参照:
名門管弦楽団の演奏会 2018-02-24 | 文化一般
「死ななきゃ治らない」 2018-07-08 | 歴史・時事


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-10-08 23:30 | | Trackback

今回の脱落と修理

d0127795_23112185.jpg
八百屋で買い物をしたら今までの最高額を徴収された。特別高価なものは買っていない筈なので、流石におかしいと思って、直ぐにレシートを確認した。ヒラタケがシュタインピルツとして計上されていて、8ユーロを超えていた。当然最高額になる。直ぐに苦情したら、どうもそのまま引いてくれたようで、ヒラタケが只になった。それにしてもやはり高級キノコは高いなと思った。

週末の峠攻めも一日前に走っておいた。日曜日に走るとフランクフルト往復よりも音楽会で眠くなりそうで、更にお勉強する時間も無くなるからだ。そして車の錆で脱落したところを出かけるまでに直しておきたいと思ったからだ。結局一日掛かりで作業した。

作業後半は日曜日にパンを取りに行ってから、その足で走る代わりに、前日に土台を塗ったところにやすりを掛けて、また周りのこびり付いたところを落とした。そして薬品で洗浄してから、塗料を塗布した。筆の数を調整するために、細めのピンセルで塗った。最後の仕上げは無色なのでそちらで太い方を使った。お陰で、細かな所にも顔料を塗れた。顔料の塗り方だけでも周りとの境界を極力目立たないようにできる。少し絵心があったならもう少しマシに塗れるだろうと思った。

そこで急いでドライヤーで乾かした。半日も経たないうちにアウトバーンを飛ばさないといけないので早く乾かしておかないと困るからだ。大分熱を与えたので早く乾いてくれたかもしれない。朝食を摂って、交響曲をお勉強したら四時間ほど経過していた。

色合いはそれほど悪くなく。これで間に合うように透明のラッカーで固めて仕舞えればよい。前回は半乾きだったのでどうもその顔料の色に影響を与えてしまったようだ。今回は色が溶け出す感じも無かったので、前回のような色変りも無く、徹底的に上塗りした。このラッカーで剥がれ掛けているところを押さえて、アウトバーンでの強風にもバタバタしないようにするのだ。そして早速顔料以上に熱をかけた。さてフランクフルト往復でどうなるだろうか。数時間で乾いてくれるか。幸いなことに雨降るでもなく陽射しも強いので何とかなると期待している。

マーラーの第一交響曲の違う録音を聴いた。バーンスタイン指揮のデジタル録音である。安売りの二枚組で十年以上前に落穂拾いしたものだろう。しかし真面目に聞くのは初めてで、最初の音が出てきた時からどこの楽団かなと思った。つまり後年録音したヴィーナーフィルハーモニカーの演奏とは全く違うからだ。それにしてもニューヨークではない。CDのインレイを見るとコンセルトヘボー管弦楽団だった。なるほど、ヴィーナーよりも明らかに上手いが、とてもいい音を出している。なによりも驚いたのは、バーンスタイン指揮でこれほどまでに明晰に各システム間の受け渡しが上手な録音を知らない。どのシステムや楽器が浮き出ることも無く、しかし上手く合わせていて、対位法的な彩画が美しい。その前に聴いていたシカゴの演奏ではそもそも各奏者が拍を合わせることしか考えていないので、楽想が綺麗に浮かび上がったり、楽器間の合奏の心が聞こえない。シカゴとかニューヨークとか超一流の筈なのだが、この辺りの各奏者の感覚も管弦楽団のアンサムブルも大分異なるのが良く分かる。

なるほどアバドの方もあの最初の序奏部では大地の夜明け前のような歌が聞こえるように演奏しているのだが、何か一つ一つに説明がついているような歌い方しか出来ていない。如何にこの指揮者がグスタフ・マーラーの楽想を客観的に分析してそれらしい提示をしているのでしかないことが分る対象比較となっている。その点、バーンスタイン指揮の方はあまりにも動機や楽想を主観的に振っているために、全体像が歪曲した感じが否めないのだが、このコンセルトヘボー管弦楽団の演奏であるとその辺りのバランス感がとても良くて、至る所に美しい音楽が奏でられている。その結果、何もあのような実演でなくても、とても素晴らしい音楽を指揮しているバーンスタインに出合える。それどころか、細部の読み込みは無視できない箇所が多数あって、この演奏はやはりリファレンス録音ではないかと思わせる。それにしてもシカゴでの録音のとんでもないダイナミックスは録音技術上のお遊びではなくて、ショルティー指揮時代にあの管弦楽団がそれを目指していたのを逆に彷彿させた。



参照:
手作業での車の塗装 2017-09-01 | 生活
639馬力、最高時速315㎞ 2018-10-07 | 雑感


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-10-07 23:12 | 生活 | Trackback

639馬力、最高時速315㎞

d0127795_23252058.jpg
車の塗装剥がれ修理前半を行った。後半は明日だ。以前直した手前のところが剥がれて錆が露出した。反対側はドアが事故で押されたままだが、こちらの方が気になるようになった。そこで前回使った道具類や材料を点検した。一年前である。そこで剥がれ掛けた部分も落として、やすり掛けした。前回はここまででもびくびくしてやった。結果が酷いことになるかどうか皆目判らなかったからである。今は判断がつく。急いで下塗りまで終了した。日曜日にフランクフルトに出かけるときに塗れて乾いていたら良いなと思う。下塗りしただけでも一安心だ。その隣も剥がれかけてきているが瞬間接着剤で誤魔化しておく、限が無いからだ。

もう限度なので、前回マンハイム支店に行ったときに試乗の話しをしておいた。発注すると納車まで四か月ほどは掛かるそうだ。次車はハイブリッドで最後のオットーエンジンの車となると思う。そしてハイブリッドのお陰で出力が増加していて、オットーエンジンの方は今までよりも小さめで良いことになっている。今までの経験から同じ車種ならばエンジンの大きい車の方が色々な意味でお得だと思うのだが、今回上位の車を見るとV8四リッターで639馬力、時速315㎞までになっている。流石に、これは資金が有る無しに拘わらず、価格を見る前から無用な車だと判る。

こちらに来た頃はアウトバーンも今ほどに混んでおらず、追い越し車線を走る車種が限定されていた。一般的にポルシェ、メルセデス、BMWでそこにAUDIのR8が入って来て、一挙にそれらをフェラーリが抜いていくというヒラルギーがあって、それ以外はあまり邪魔をすることが少なかった。それが今はどうだろう、訳の分からない東欧産の車までが追い越し車線で200㎞を出している。だから高級車でぶいぶい言わすという状況とは遠い。つまり時速300㎞で走れる距離は数キロも行かない。直ぐに急ブレーキである。だから全く価値が無いのである。その経済的な損失や環境への影響を考えれば最高速度はそれほど役に立たない。精々250㎞で巡行可能ならば殆ど抜かれること無く、追い越し車線だけで走る抜けれる ― しかし恐らく最近の走り方からすると初期の慣らし運転を終えても、節約運転から抜けることは無いのではなかろうか。勿論馬力があった方が高速域での加速が違うだろうが、そんなに早い車だけが走っている訳ではないので、精神衛生上も良くないのである。なによりも不経済だ。

ということで、次車もエンジンの容量はほとんど変わらないだろうと思う。それでもハイブリットの為かターボ化が進められていて、その癖のある吹き方に感心したことが無いので、兎に角試乗させてもらう。なによりも昔やっていたようなブレーキとアクセルを交互にペダルするような運転はもうしたくはない。なにも得しないと気が付いたのは、今の車の前の車に乗っている時に今の車に抜かれたからだ。結局巡航速度が高いほど価値があると漸く理解した。快適に目的地に早くつくこと以上の前提条件は無い。

それでもそこまで車に投資するなら車内ノイズキャンセリングシステムまでは求めないが、静寂性が欲しい。最終的にはイヤフォーンをするとしても車の振動こそが重要になる。だから試乗する時にはイヤフォーンでテストしようと思っている。

マーラーの交響曲一番の録音を聞いた。クラウディオ・アバド指揮シカゴ交響楽団の演奏である。このシリーズはお気に入りでデジタル録音のこれを安売りで拾ったのだ。今回久しぶりに真面目に聞くと、今まで持ち続けていた印象と異なる面にも気が付いた。一部のアゴーギクとか、ダイナミックスの設定など根拠の分からない部分があった。恐らく、その指揮者が見切り発車のようにして本番で打って出る弊害が録音においても出ているのではなかろうか?プロデューサーもそれを指摘して直させるまでの制作はしていないのだろう。それは指揮者の個性としても、もう一つこうしてデジタル録音で再生してみるとテョッティーの鳴りが、今一つ明晰でないと思った。当時はまだショルティーの交響楽団だったから、その明晰さ明白さには至っていない。これは現在キリル・ペトレンコ指揮のベルリナーフィルハーモニカーにおけるサウンドの課題とも似ているのだが、少なくとも当時のその鳴りは芸術的に完成したものではなかったのを確認した。



参照:
手作業での車の塗装 2017-09-01 | 生活


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-10-06 23:30 | 雑感 | Trackback

よかった宿での食事

d0127795_23574637.jpg
先日宿泊した宿はよかった。なによりもミュンヘンからの距離感も遠くは無かった。七月に「ジークフリート」上演後に宿泊したところよりも時間が掛かる筈なのだが、アウトバーンでなくて真っ直ぐに伸びる高速の国道を走り抜けれるのが素晴らしかった。我々が知っている高地バイエルンの農業地帯を真っ直ぐに走るだけだが、夕焼けにとても気持ち良かった。それでもまだまだ高地ではなくて、アルゴイなどの牧草地とはまた違うところが妙なのだ。夕方に拘わらず比較的問題なく宿に付いた。土曜日の夕暮れだ。両方向とも同じような交通量だった。

最新の地図も印字して持って行ったのだが、ナヴィのそれに従うと村に入るのに旧道を通った。これまたバイエルンらしい変に紆余曲折の道程だ。森を抜けたりして幾つかの村を通過する。その何とも道祖神のようなものにこの地方を趣を感じる。オーストリアとももちろんスイスとも違う。そのお陰で村に入ってからホテルを探したが、小さな村だ直に見つかった。

宿の前の駐車場も空いていて、きっちりと駐車してからレセプションに入る。親仁が名前を呼んで迎えてくれたが、なぜか英語を喋ったのでおかしいなと思うと、予約時に英語に印が入っていたというのだ。覚えが無いなとなった。偶々英語の画面で予約したのかもしれない。先ずはチェックアウトは10時だと断っておいた。ゆっくりしたいのだ。部屋を見せて貰って、もう車を動かすことは無いとなって、歩いていけるところに飲めるところも無く、ビールならここにあるよと教えて貰った。部屋には冷蔵庫があったので、ダルマイールで購入した特製エディションもののボックスボイテルのジルファーナーを先ず開けようと思った。

夕食は、前菜にコールラビのサラダ、そしてメインはいつものフィレウェリントン、食後はトルテである。宿の中で一番狭い部屋なので食卓は無かったが、事務机を使った。その辺りは味気なかったが、並びに流しがあって、皿も洗えるのが嬉しかった。とことん無精が出来る。

明くる日の朝食も買ってきたパンとハムを中心に、湯沸かし器で沸かしたお湯でティーバックの紅茶を煎れて、自宅から持って来ていたフランス産の野菜を添えた。ワインを冷やす為にマックスに冷やしたので凍り出していた。それが一寸残念だった。それでも朝食からもう一つのケシ入りヨーグルトトルテを平らげたので満足だった。

天気も良く、穏やかな日曜日の旅立ちだ。前夜のメールでのタイトルロールのキャンセルなど穏やかでもないことがあったが、気持ちが良い。宿の親仁と空港からのシャトルサーヴィスやその他の休暇宿の待遇との差などを話した。どうも営業努力でやっているらしく、皆の評価が高いのは分かった。シーズンを通して価格の差はあるものの中々よいオファーを出していて、連泊する時は価格は下げないでも広い部屋に入れて欲しいと言った。今後とも市内の安い部屋が見つからない時は是非使いたいと思った。
d0127795_23575949.jpg

日曜日のフランクフルトに出かける。前回は「メリーウィドー」だったのでアルテオオパーへは久しぶりだ。夏に遠出してコンサートに行ったのは久しぶりだった。ミュンヘンにも一度出かけ、ルクセムブルクにも出かけた。嘗てはコンサートに遠出するとなると招待か、何か仕事絡みしかなく、精々ベルリンぐらいだった。その意味で遠出するのにも慣れると地元のフランクフルトに行くのは容易い。それでも続くと面倒になるのだが、今回は飛び込みで出かけるので気持ちが高まる。

プログラム後半のマーラーの交響曲一番だけは勉強しておきたい。前回聴いたのはバーンスタイン指揮ニューヨークフィルハーモニーだったと思う。これまた第九に続いてバーンスタインを超えて行く。奇しくも生誕百年に指揮者バーンスタインを乗り越えて行く。特に一番はこちらも十代の時の体験なのでとても強い印象を残している。それだけにこの年齢になって同じ曲がどのように響くのかと思う。五番ならば苦しいところが出て来るかも知れないが一番ならばゲヴァントハウス管弦楽団も可成りに線まで演奏するような指揮も期待される。細かな内声部の動機などもしっかり読み込んでおきたい。

昨今なにかと話題の人気ブログの言いぐさではないが、「実はもう、音楽評論も、やりたくないの」という気持ちになるのは、「マイスタージンガー」の楽匠の想いや仕事ぶりを考えてしまうからだ。マーラーの交響曲のユニークさやその才気とは別に、ああした高度な文化に根差した総合芸術がそこで展開されているのかどうかどうしても比較してしまうからだ。なるほどそこには独創的な意匠や芸術の綴り方があるのだが、匠の仕事としての円熟とかその表現方法を考えるとやはりどうしても青年音楽家の作品では到底至らないものばかりだ。奇しくも先月には第九交響曲の演奏を聴いて余計にそうした思いを強く抱く。昔日本の音楽評論家に大木正興という人がいて、いつも「深い」の表現で片づけていたのを思い出す。そこで氏のスメタナ四重奏団について綴る文章を引用すると「チェコスロヴァキアの伝統では(ウィーンあたり)…それは必ずしも後期ロマン派のドイツ音楽家たちのように、音を人間全体を支配する情緒のしたたりのように考えるのではなく、…それは人間の情緒の反映と考え…」とかあり、丁度話題の独墺音楽の核とそこから東欧文化圏への境界域について触れている。これも例えばドイツでは今でも違和感の強いグスタフ・マーラーの東欧的な性格とも言えるかもしれない。勿論その逆の西欧的な性格もそこに認識される。



参照:
杖の無い爺に導かれる 2018-09-18 | 文化一般
抑制の美の厳しい激しさ 2018-10-04 | 文学・思想


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-10-06 00:01 | 料理 | Trackback

南仏か、高地ドイツか

d0127795_23510453.jpg
ゲヴァントハウス管弦楽団のコンサートツアーを一望した。プログラムは三種類ほどあって、もう一つはツィンマーマンのトラムペットをハーカンソンが吹いて、後半にマーラーの五番の交響曲が来るもので、三種類目は一番の交響曲とツィンマーマンと新曲が組み合わされている。ツィンマーマンもとは思うのだが、どちらかと言えばチァイコフスキーである。更に後半の交響曲は一番の方がゲヴァントハウスにはより期待出来る。恐らくこれがベストプログラムだが、ロンドンとリガでは両プログラムで二日間の演奏会が打たれる。ストックホルムなどは、新曲とツィンマーマンを二曲並べているのでこれはこれで意欲にあふれている。

ネルソンズのマーラーの交響曲二番の指揮はザルツブルクの名演の映像を手元に置いてあるが、ゲヴァントハウスではどの程度の事が可能なのか。就任演奏会でのインタヴューにもあったが、ゲヴァントハウスのアンサムブルを壊さずにつまりその音響を活かしての配慮が強かったようで、少なくとも放送では中以上に低い方へと音響が沈んでいて感心しなかった。巨人交響曲となると最初から低弦が高い音を響かすので、もう少し中音域を活かした演奏が聞けるのではないかなと期待している。ヴィーナーフィルハーモニカーとよりもいい相性を示せるのか、一年も経たないうちに結構早正念場ではなかろうか。

なんとマンハイムでフランクフルトと同じプログラムが演奏される。早速価格を見た。最低100ユーロだ。つまりその中から八割以上は儲けになる。そこの興行主は三大テノール興業でGEMAがポップス対応徴収をしてさらに脱税容疑で訴追された。偶然にその弟さんの裁判長と知り合いになった。サントロペーのオタクで優雅に過ごしているらしい。弟さん夫婦もそこで楽しんだようだ。まさしく興業なんて言うのはやくざな仕事で、クラシック業界こそ世界的な主にユダヤ資本の元にあるマフィア業界なのだ。

先日ミュンヘン郊外に宿泊した際は、連邦共和国で最も高級住宅街のシュタルンベルク湖の近くの湖を走った。宿でそちらの方を知っているかと言われたので前回宿泊の時に使ったと言ったが、結局天気が良いのでその湖畔でマイスタージンガー三幕を勉強したいと思った。昼飯もと思ったが時間がなかった。それでも湖畔を走るとシュタルンベルクとはまた異なる広大な敷地の土地が並んでいた。安い時に購入した人たちが湖畔に建てた家なのだろう。古い家も大きな屋敷になっていた。アウトバーンから離れることなく湖畔に停めるところが無かったので、レジャー用にそこから歩いて下りる高台の駐車場に停めた。誰も来ないところで二時間ほどゆっくりした。

樹間から湖が見えて、対岸のヨットハーバーから湖の真ん中の方へとヨットが沢山出てきた。日曜日のお昼時である。コートダジュールのような地中海ではないが、穏やかな湖の雰囲気も悪くは無い。夏も涼しいのだろうが、嘗ては湖畔の家に憧れた時もあったのだが、最近はまた一寸感覚が変わって来た。なによりも気候で、あまり湿気のある空気は落ち着かないなというのがある。冬も夏もやはり乾いた空気の方が体が楽で、精神生活も軽みを帯びる。こちらに移り住んだ当時はシュヴァルツヴァルトの湿気とかそこの人々の気風に馴染みがあったのだが、こうしてワイン街道に長く住むと、空気も気風も乾いて軽い方がいいと思うようになって来た。日本からこちらへは夏の暑気を避けてが一番の目的だったが、今後はそこに湿気の有無が新たな条件になる。



参照:
固定観念を越えた感応 2006-02-10 | 文化一般
テューン湖畔の薫煙 2006-01-19 | 文学・思想
地中海の海岸に遊ぶ 2012-04-09 | アウトドーア・環境


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-10-04 23:52 | アウトドーア・環境 | Trackback

抑制の美の厳しい激しさ

d0127795_22335588.jpg
寒くなって来た。まだ暖房は要らないが夏のような井手達では風邪をひきそうになる。上手く移行したい。朝の森は霜こそ降りていなかったが、もうそこであった。いつまで裸で走れるだろうか。そろそろ身体を追い込んでいきたい。

「マイスタージンガー」のことを走りながら考えていた。動揺と書いたが未だにその漣が収まっていない。演奏実践による表現手段として明らかに新たな所へと関心が移った。この夏のルツェルンでのハックマン氏が言及したコムパクトネスへの言及が大きな転機となった。もしかするとそれを読んで指揮者キリル・ペトレンコもより意識するようになったかもしれない。良い批評とはそういう言語定着化にある。

今回の公演の特徴は、既に書いたが、その激しさがどのように表現されたかが重要で、その典型がミヒャエル・フォレの歌唱だった。殆どぶっつけ本番であったが、とてもいいところを示した。その歌唱が声量も圧倒的ながら基本的にはコムパクトネスによる節度ある歌が基本になっていて、そこに付ける音楽はペトレンコ指揮の座付き管弦楽しかありえないと思わせた。バイロイトでの楽団が絶対にジョルダンの指揮からは出せないコムパクトネスである。しかし2014年の「指輪」上演でペトレンコがどこまでそこで聞かせていたかというと、やはり今とは大分違う。それどころかこの夏のベルリナーフィルハーモニカーとのツアーがある前の「ジークフリート」では今回「マイスタージンガー」で示された程にはそれが意識されていなかったと思う。しかし今こうやって振り返って見れば、二月に試みていたあれほどのドライな演奏実践が今はこうして別な認識の下で捉えられるようになって、そこで初めてあれだけの激しい表現が可能になったと思う。まさしくバイロイトにおいてその表現方法が今回ほど確立していなかったと思っても間違いない。

技術的には、楽員が細かなところまで箸の上げ下ろしではないが、弓の上げ下ろしまで細かく検討して更っていたからに違いない。もしかすると確かコンツェルトマイスターを務めていたアルバン・シュパーイに腕があるのかもしれない。コントラバスまでとても素晴らしい仕事をしていて、これならばヴィーナーフィルハーモニカーより上だと思った。そうしたきっちりと固く振られるところと、激しく振られるところとの差も然ることながら、決して逸脱することなく矜持を正した表現によってこそ、途轍もない効果が生じるという技術的な面と、それと同じぐらいにその厳しさが自己抑制によってこそ初めて生じる ― またまた出ましたブロムシュテット氏のお言葉が。そうした抑制ゆえに、はち切れんばかりの情動的な音楽表現がドイツ音楽の深みのある美的表現へ昇華されるという美学がある。抑制の美である。

まさしくキリル・ペトレンコの音楽が激しさや厳しさ、そして同時に深みや端正さに彩られるようになって来たとすれば ― 勿論彼がベートーヴェンの音楽とより深く対峙するように成ったからでもあるかもしれないが -、その特性を示す表現とされるものであるだろうか。そうした美的表現の深化を目の辺りにするようなことが無かったので、普通ならば継続して観察していては少しの変化にはあまり気が付かなくなるものなので、驚いているのだ。そしてその情動的ともいえる厳しさの漣がひたひたと繰り返しおし寄せる。

旅行に出かける予定が変わったので、近々のコンサートカレンダーなどを覗いてみた。予定が空けてあるので、都合が良さそうなものを探してみた。チューリッヒでのヤルヴィ指揮のコンサートもあるが、今回は近場で更にいいのを見つけた。初めてのアンドリス・ネルソンズの指揮の会だ。カペルマイスターを務めるゲヴァントハウス管弦楽団が小欧州ツアーをする。指揮者の離婚した歌手のオプラウスがチャイコフスキーのオペラから二三曲歌う。これは座付き管弦楽団としての腕前を聞けるので価値がある。新曲で始めて、この楽団に合うかどうかというところのマーラーの第一交響曲が演奏される。プログラムが考えられていて、このネルソンズ指揮のヴィーナーフィルハーモニカーのようには期待出来ないが、大分いいところを突いて来ているのではないかなと思った。昨年の就任コンサートなどを放送で聞いて失望したが、生で体験して確かめられるだろう。勿論良くなっている可能性も大いに有る。

何時ものように金の事を書くが、どうしても市場を把握しておくことは芸術的にとても重要なのだ。本拠地では5ユーロの次が21ユーロで、まあ劇場価格だ。一晩のギャラは安めなのだろう。アルテオパーでも29ユーロと先日のヴィーナーフィルハーモニカーの22ユーロよりは高価であるが、2016年のミュンヘンの座付き管弦楽団よりは安い。あの時は36ユーロほど掛かったので断念したが、今回は手数料込みで31ユーロしない。ライプチッヒまでは遠いのでこの価格で充分嬉しい。兎に角、ザルツブルクで断然素晴らしかったネルソンズの指揮が楽しみである。



参照:
19世紀管弦楽の芸術 2018-09-04 | マスメディア批評
「憎悪され、愛されて」 2018-10-02 | 文化一般


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-10-03 23:29 | 文学・思想 | Trackback

釈然としないネット記事

d0127795_23380060.jpg
もはや指揮者ティーレマンについて語ろうとは思わなかった。それがたまたま隣席に座った北イタリアの女性に話しかけて、ゼムパーオーパーファンと話すことになってしまった。バイロイトの話しから、私の訪問がブーレーズの「パルシファル」とペトレンコの「指輪」で、その趣味が分るだろうと言っておいたのだが、あの人たちはその意味が分からない可能性もある。共通に良かったというのがラトルの「パルシファル」で、「トリスタン」は喧し過ぎたと言ったのは理解したが、満足した様子だった。それがペトレンコのミュンヘンの座付きではお話しにならないというので、ああ、ラトル指揮のバルリナーフィルハーモニカーは市場ではそういう位置づけだったのかと改めて習った。勿論彼女はバーデンバーデンでのペトレンコのヴァークナーに期待していて、カウフマンはヴァ―クナー向きではなくて、明らかにフロリアンフォークト派だったようだ。

九月の中旬にザルツブルクの復活祭にミュンヘンの現支配人バッハラーが2020年からの支配人に推挙された。同時にバーデンバーデンの退任する支配人メーリッヒズェップハウザ―が応募していたというからクロスしている ― この情報はにわかに信じられない、なぜならばバーデンバーデンで金蔓を管理すると表明していたからで、その方が悠々自適となる。後者を焚き付けたのは音楽監督ティーレマンで、それでも誰がどうしてザルツブルクにバッハラーを呼んで再びべルリナーフィルハーモニカーをバーデンバーデンから奪い返す画策をしたのか?これが不思議だ。勿論ティーレマンは、「それなら辞める」と言い出した ― この言葉を皆が待っていたのだ。少なくとも2019年は楽劇「マイスタージンガー」上演となっているが、その先は怪しい。そこでこの10日にザルツブルクの関係者がティーレマン詣をする。機嫌を取ることが目的だが、なにかそこにまるでヴィーンでのような得体の知れない陰謀を見てしまう。それどころか指揮者とシュターツカペレの契約も一年ごとの延長となっているので、あまり安定していないらしい ― 次は東京に行くのだろうか。そして何よりも不思議なことにバッハラーの意向について触れている記事は一つも無い。つまり電話一本の取材もしていない。どうも、おかしい。

バッハラーがオーストリア人でその関係からよりよい発展をザルツブルクは目指しているとしても、よほどティーレマンが邪魔になっているようで ― 「トスカ」の演出家変更でゼムパーオパーとの共同制作を没にしたことが恨まれているようだ ―、指揮としても一つのコンサートプログラムを一度しか指揮しないようになるなど、やはりこちらもおかしい。そしてこのようなおかしな情報が北ドイツのメディアにまで流されているのも不思議である。この状況を整理して、テーレマン・シュターツカペレとペトレンコ・ベルリナーでスワッピングしろというのまである。それらの情報のいい加減さは、「2020年にザルツブルクへペトレンコと戻ってくる」としていて、ベルリナーフィルハーモニカ―が新たに締結したバーデンバーデンでの五年間の契約の存在のみならず、ベルリンのツェッチマン女史の対応などが全く無視されていることで分かる。

恐らく画策しているのはザルツブルクのフォンカラヤン財団だと思う。この積み木崩しのリセットを見ると序にここでティーレマンを切ってしまおうという魂胆ではないか。今から考えるとカラヤン財団が再びザルツブルクに戻ってしまったのもペトレンコがベルリンを継承することが決まってからであるから、何かそこに政治があり、またここで新たな動きがあったとみるのが正しい。その裏にはソニーなどのメディアの戦略などもあるかもしれない。強引にペトレンコをものにしたいのだろう。ティーレマンではやはり具合が悪いようだ。ヴィーンでのノイヤースコンツェルトもそろそろメディアの準備に入るので、この10日辺りに何かあるかもしれない。ブロムシュテットという強い助っ人がいて、来年以降のスケデュールにフィルハーモニカーの支配人が言及していたのはただの偶然だろうか?

隣のおばさんのその「趣向は理解しているよ」と言ったが、やはりオペラにはああしたジンタみたいな楽団の方が手回しオルガンで歌うみたいなのが気持ちが良いのかもしれない。その意味からは今回ツェッペンフェルトがポーグナーを一幕で歌った声などはマイクで拾ったものよりも些か弱く感じた。三幕の高台での声が通ったのとは対照的だった。バルコンの視角は悪くは無かったが最初に貰った席の券も返して貰いながらも譲ることも無く試しもしなかったが、指揮者を横から見る形だった。音響は真ん中横はサイドからの反射があって最高ではなかった。但し管弦楽は、特に今回の場合はヴァイオリンが左右に別れて壁の向こうで、ヴィオラとチェロが右左に見えるのは悪くなかった。もう少し上の方がやはり楽しいかもしれない。視角も悪くなかったが一寸遠いかもしれない。今後の参考にしたい。王のロージュも少し遠いかなという気もする。隣のおばさんも普段は上階にいるらしく、カメラ設置で私と同じように移動したので、お互いに笑った。



参照:
解klassisch gegen rechts 2018-09-14 | マスメディア批評


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-10-02 23:38 | 雑感 | Trackback

「憎悪され、愛されて」

d0127795_22082562.jpg
承前)最後まで残って喝采した人は少なくなかった。日曜日で短めに終えたこともあるが、その拍手の種類も若干違ったかもしれない。その中の人で、今回のミヒャエル・フォレの歌唱とそのバイロイトでの演出などを重ね合せた人はどれぐらいいただろうか?

この楽劇には全てが内包されていたと示したのが今回の公演だった。全てとは一番話題になるナチによる政治利用である。そして楽匠自らの反ユダヤ主義である。そしてこの楽劇で徹底的に虐められるのはユダヤ人であるベックメッサー書記だ。否な演出についてはあまり触れたくない、しかしここで靴職人ザックス親方が被告席で弁明するのを重ね合されるのは決して悪く無い効果だ。

この楽劇のそもそもの主題は芸術のあり方で、楽匠のその意思が劇として創作されている。先ずは書記を代表とするような親方たちの厳格な律がテーゼとなり、そこに創造の自由のアンチテーゼがある。必ずしも書記だけが否定されている訳ではなく、親方のその道徳や生きざまなどが批判の的となる。これは当然音楽的には対位法であったり、まさしくヴァルターの歌の変化で示されるものだったりする。二幕終幕で街が騒然とするところで対位法が使われているのはなにも皮肉だけではないだろう。細かな意味付けは調べれば調べるだけ証拠が挙がると思うが、先ずはここでは議論しない。

それでもザックスは、まとめ役のようになっていながら、最終的には放浪のヴァルターによって再び職人が否定される文脈へとまたベックメッサーへの人格否定へと、喜劇の中での狂言回しとなってしまっている。実際にこのミュンヘンでの演出でも前者はヴォルフガンク・コッホのあまりにも優柔不断なザックスにおいて、若しくはベックメッサーの配役によってはその自殺までがあまりにも飛躍であるかのように映る。

一体、騎士ヴァルター若しくは自由人によって否定されたのはなにかと考えれば、それは例えば今回の上演でのあまりにもドイツ的でプロテスタント的な高慢さや鷹揚さ、傲慢さであり、同時にユダヤ人の厳格な律のイデオロギーであったりする ― このブログの主題でもあり、トーマス・マンの描くところでもある。要するに楽匠がここで示しているのはドイツ主義への問題定義であり、ナチが利用としたようなものは本当は曲解であり ― 同時にその利用とその最終作戦すらもここに読み込まれていたとしても結果論的史観ではなかろう ―、それがバリーコスキの演出の主題である楽匠の創作に内包していた問題定義としてもあながち誤りではない。

そのような仮説を立ててキリル・ペトレンコの音楽運びを吟味すると、ややもすると表現主義的な若しくはユダヤ的な誇張ではないかと思われるような楽譜の意味付けが理解される。例えば今回の記念公演週間のテーマであった「嫌悪されて」の動機やその激しい和声は悉く明白にシャープに響き、そこに至る本能的な衝動やそして同じようにテーマであった「愛されて」へと連綿と丁度メビウスの輪のように連なる。そこに芸術の営みが創作の世界が飛翔するというのがまさしくこの楽劇の主題である。恐らく「死による救済」はもはや楽匠にとって過去の関心ごととなっていたのだろう。

その反対にまさしく今日よりよりよい明日への僅かながら営みの匠が、そしてあまりにも夢のように浮遊するような、ニルヴァーナのような肌触りや温もり感が、ぎっしりとまるで魔法のように編み込められているのがこの楽劇だ ― いつもペトレンコ指揮のヴァークナーに接するとその創作が最高傑作ではないかと思わされてしまう。つまり、演奏芸術的に、まさしくドイツ的な音響や音楽が職人的に求められている。ペトレンコ監督は100年、200年の記念の演奏を準備していたのは間違いない。その結果としての管弦楽のコムパクトな演奏実践であり、これは「指輪」やブラームスで試みられたドライな表現から更に一歩進んだ独墺音楽表現であり、ホルン奏者出身のフォローリアンフォークトにおいてもそしてフォレの歌唱においてもその成果として結実したものなのである。

そもそも2016年にこの制作が決まった時、彼は初演の劇場に何を残すかを考えていたことは間違いないが、残念ながら事故があって記録として十分なものが残っていない。その意味から当時生中継された初日の録音を聞き直したが、それはそれほど悪くは無かった。しかし今回は全く違った。そしてあの時の事故と、そしてこの二年間の環境の変化を思う時、キリル・ペトレンコのあまりにも厳しく激しい棒に動揺した。未だ嘗てないほどの強い表現には、楽員が準備していて付いて来れることの確信と、やはりそこには明らかに彼自身の芸術的音楽的なアピールがあると感じたからである。

まさしく二幕の騒然と暴力は今ケムニッツなどで起きていることと無関係では全くない。二年前には抽象的な意味しか持ち得なかった事が現実化している。ソヴィエト崩壊で虐められる側にいたペトレンコがそのことに無関心でいる筈がない。そのように考えずにはいられないほどの激しさはまさしく不協和の痛みともなっていたり、そして以前以上に三幕のクライマックスのザックスの痛みのフォルテ表現が強くなっていて、現実には前へ前へと大きな波が準備されていくと同時にそのダイナミックス以上に指揮ぶりが強烈だった。そこで何が表現されているかと言えば、ベックメッサーの被害者側の痛みではなく、そのプロテスタンティズム的悔悟の厳しさである。ここまで楽匠の創作を理解していくと、この楽劇はナチの政治利用なんかとは全く相容れない。あのゲッベレス博士でも見当違いをしているのか、それほど楽譜を読み込んでいる指揮者が一人もいなかったという事だろうか。

コッホの演じたザックスは背後で唐突に自殺するベックメッサーに無関心である ― それは丁度AfDに対して沈黙をする善良なドイツ市民である。フォレのザックスはその全てを背負い込んで、ドイツ連邦共和国を体現していた。芸術心のある教養のあるミュンヘンの劇場に集う人たちがこれを感じない筈がない。そのような強い拍手があったと感じた。今回の記念週の合言葉「Geliebt, Gehasst」が楽匠のユダヤ人への想いであったような感じだ。(終わり)



参照:
贖罪のカタリシスヘ 2018-09-24 | 文学・思想
意地悪ラビと間抜けドイツ人 2017-07-27 | 文化一般
「ファウストュス博士」索引 2007-12-13 | 文学・思想
「聖なる朝の夢」の採点簿 2005-06-26 | 文化一般


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-10-01 22:17 | 文化一般 | Trackback

職人の技が導くところ

d0127795_21492614.jpg
季節の変わり目で声が出なくなっている人も周りにもいる。しかし、今回のミュンヘンでの記念公演での降板騒動は本当にそれだけなのだろうか?生中継などが予定されそれだけ準備されて人手も掛かっていた。そして、なるほど身体を楽器とするオペラ畠では頻繁にあることでもあるが、通常以上にその対応に関心が向かった。舞台では前日の見学で一つのコーナーで話をしたアーティストマネージャーが舞台で、最も関心ごとであった主役のハンス・ザックスを当たり役のヴォルフガンク・コッホが病気降板して、前晩に「影の無い女」のバラックをベルリンで歌ったミヒャエル・フォレが当日にミュンヘンに飛んで来て三時間ほど合わせてから出るという話しを幕前にした。予定されていたストリーミング中継には向かないのは、記録として残したいコッホやカウフマンの配役ではなくなったからだ。しかしそれ以上に技術的にどのようにそれを解決するのだろうかと関心はあらぬところへと向かった。始めから期待していたお祝いムードではとてもなくなった。

最大の関心ごとはフォレのハンス・ザックスがどのようにこのデーフィト・ベッシュ演出に組み込まれるかだった。それは演技とか役作りではなくて三時間でどのように指揮者のキリル・ペトレンコとピアノで合わせたかである。そこに尽きると思う。結果からすると舞台で役作りは最低限の情報を与えられただけだったかもしれない。どのようにするのかは分らないが、前日の見学でも感じたように専門のスタッフが様々なテクニックを用いて短期間に、恐らく化粧中も指示するのかもしれない。皆目わからない。

音楽に関しては、それこそ音楽監督のアシスタントがバイロイトの上演から必要な点をピックアップして、合わせる箇所をピアノを弾くのではなかろうか。その上でペトレンコが指揮して必要なところを確認する。そのような感じだと想像する。ザックスが歌うところを全て合わせて、どれぐらいのトータルタイムになるのか?指揮者は全体の流れの中からチェックをする。先月のヴィデオで紹介された通り、配役によってその演出が変わってくるその妙が今回の公演の全てだった。そしてそれが、ペトレンコに未だ嘗てないほどの厳しく、激しい指揮をさせた。否、もしかするとその方向での模索がコッホの降板に繋がったと邪推するのはお門違いか?完成度が高く、それだけの準備をした映像を記録しようと準備していたようにしか思えないからである。幻の歴史的名演だった。

私のようなバイロイトに批判的な者でも、あの汚らしいバリーコスキーの「マイスタージンガー」でのフォレの名唱は耳に残っている。要するに楽しみにしていたコッホのベルカントのややもすると意志薄弱で殆ど「寅さん」のような靴親方像とは正反対にある、あまりにも傲慢なドイツの職人像で、その井手達も歌声もそのものである。これがどのようにこの演出に嵌め込まれるか。一幕ではまだまだ違和感があったが、二幕三幕とその歌の力で、ややもするとバイロイトのそれと二重写しになった。隣に座った南ティロルのおばさんはティーレマンファンで、ゼンパ―オパー一番のヴァクナー狂だったが、全然違うというのは管弦楽への違和感だった。

実際にはフォレの歌はテムポ等の合わせるしかないところ以外の細かな歌は変わっていなかったのではなかろうか、そしてその歌はあのとんでもない上演ではなくてこのベッシュの演出とペトレンコの音楽にこそ本領を発揮したと思われる。そして、この演出がコッホのザックスでは、ドラマテュルギー上、辻褄の合わないところが全て解決されていた。恐らくこの演出は初演地ミュンヘンを歴史的に代表する演出だった。そのようにペトレンコは指揮した。それが到底間に合わせではないと思わせるだけの彫塑と音楽的構成力が明らかだった。

第一幕の完成度は2016年度とは比較にならなかったが、テムポはどんどん早くなって行くかに見えても、例えば後拍での過去二回の録音にはないような強いアーティキュレーションもあり、明らかに歌い込みが強くなっていたので ― ここは楽譜を確認したい ―、その彫塑が深まり、楽想間の対比が対位法的にも明白になっていた。同時に横方向にもアゴーギクが強くなる傾向が明らかで、その早いテムポの中での自由自在が大きな表現を可能にすると同時に叙唱風の歌詞のアクセントが更に精妙になっていた。これはフォレの影響も大きかったかもしれない。しかしこのような人がマンハイムで歌っていたと知るとなるほど今でも登竜門の劇場だと要らぬところに感心する。

そしてそのような音楽運びから齎せる最大の効果は、アンサムブル上の例えばフーガにおける楽想の明晰さが生む楽匠の奇跡的な筆運びと、その奏でる音の意味合いが明白に浮かび上がらせることだ。一二幕と三幕では恐らく放映での完成度も考えての楽員の入れ替えもあり、総力戦で挑み、出来るだけ多くの楽員がこの記録的な演奏に参加することを目したかのように見えた。ドイツ配置?のヴィオラ群の秀逸さには目を見張ったが、コントラバスの運弓が齎すまるでドビュシーのような浮遊する和声やヴィーナーを超えるファゴットの響き、オーボエの適格なソロ、フルート、クラリネット、トラムペットの一吹き、トロンボーンからテューバまでとても更っていた。三幕に乗って来たデングラー率いるホルン陣はまさにこの音がベルリンに欲しいもので、多くの箇所で一流交響楽団が瞠目する演奏がなされた。しかし、これも隣のおばさんなどに言わせるとシュターツカペレドレスデンとは比較にならないようだから、勿論彼女の趣向は分かっても、結局聞く耳があるかどうかだろう。しかしそうした各々の演奏技術上の要素を議論しても、どのように表現してそれがなにを意味するかを考えないとお話しにならない。(続く



参照:
記念劇場見学の日 2018-09-30 | 雑感


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-10-01 21:56 | | Trackback

至宝維納舞踏管弦楽

d0127795_23522183.jpg
ヴィーナーフィルハーモニカーは、ただのドサ廻りの座付き管弦楽団ではなかった、維納舞踏曲管弦楽団であった。今でこそべルリナーフィルハーモニカーが最も聞いているマイオーケストラかもしれないが、数年前までは最も生で聞いた回数が多い管弦楽団こそがヴィーナーフィルハーモニカーだった。だから、なんだかんだ言いながら半生の間ファンでもあったことになる。そして91歳になるヘルベルト・ブロムシュテット指揮でのこの楽団の演奏会は今まで数限りなく聞いたオペラ上演や管弦楽演奏会の中で最悪だった。日曜日の生中継でも可成り危ぶまれたが、八月のベルリナーフィルハーモニカーも生でなければ分からないことがあったことに衝撃を受けていたので、今回もそれを期待した。

演奏精度もキリル・ペトレンコ指揮のようにその都度直していくようなことも叶う訳も無く、そもそも練習をしない出来ない座付き管弦楽団に向上などを求める方が間違っている。それどころか二三日の旅行で疲れが出ているのではないかと思わせた。ガイダンスでは私の予想が外れてベアヴァルト作交響曲について面白い話が聞けた。

一楽章でのダイナミックスと管弦楽法に依る視覚的な遠近感の面白さ、システム間の空間での楽器の受け渡し、二楽章での典型的なロマンティックなメロディーの不明瞭な起承転結、風景画的な音の描写、三楽章超絶リズムの主題などどこをとっても独創性に優れた卓越した交響楽作曲家とされた。

このガイダンス以外の視点や若しくは反する視点があったとしても、そのどの点を取っても当日の演奏は程遠いものだった。ガイダンスにおいても指揮技術が要求される点に言及されたが、あの若い時から棒を持たないしかし当然ながらブーレーズのようなリズムを繰り出せる訳でもないこの老指揮者から何を期待できよう。期待されたのはその恐らく世界一この曲を振っている指揮者からのなにかであったが、全く聞こえてくるものは無かった。

同じようにドヴォルジャークの動機が信号的に各システム間で組み合わされるその音楽がどうして演奏できよう。そもそもチェコフィルによる野卑な演奏が苦手なドヴォルジャークの交響曲であるが、それに代わるだけのヴィーン的な洗練を響かそうと思えばそれだけ精妙なアンサムブルが欠かせない。かといって、一気呵成の民族的な演奏も出来ないとなれば、この定期公演からツアーへのプログラミングの心は、「ただ単に似た楽器編成の曲を合わせました」でしかない。

今更ブロムシュテット爺の指揮に関して文句をつけても始まらないが、あの指揮なら精々教会の合唱団を指揮していればよいのである。しかし、昨年のゲヴァントハウス管弦楽団も名演だったのは、やはり彼らが話していたように「ブロムシュテットの指揮は分かっている」という言葉にある。要するに指揮者シャイ―によって交響楽団として鍛えられた彼らの技量があってこその演奏水準だったのだ。それでもその前のヴィーナーフィルハーモニカーを指揮してのブルックナーの交響曲四番は決して悪くは無かった。するとその差異の理由は、今回のツアーの面子が二軍でしかなかったという事になる。

先ずはコンツェルトマイスターリンが酷かった。写真で見てその女性が率いることで不安があったが、あの人では精々フィリプ・ジョルダンのオペラ公演しか務まらない。ヴィーナフィルハーモニカーは首ではなかろうか。そもそも今回弦楽だけに限っても、態々ドイツ配置にして何のつもりだと言いたい。指揮者の指示かもしれないが人を馬鹿にするにも程がある。下手な楽団ならばもっと弾きやすい配置にしなさい。座付き楽団にコムパクトな演奏までを求めはしないが、それを思うとどうしても嘗てのヘッツェル氏の事故死が悔やまれる。若く優秀なキュッヒル氏が率いるようになってからは全くその世界から離れてしまったのである。

それどころか金管も軒並み村の民謡吹奏楽団のような音をぶち鳴らし、木管も精々二人の女性のフルートとファゴットはやろうとしたいことが分かった程度だ。それでもファゴット奏者のあれでは弱過ぎる。なにもフィラデルフィアのマツカワと比べようとは思わないが、せめてもう少しと思う。この窮状を救えるのは指揮者アンドリス・ネルソンズでしかないと確信しているが、ジョルダンが振るようになれば万事休すだろう。

それにしてもその歩みや指揮ぶりからすれば益々お盛んな老指揮者であったが、遠目に観察していて難聴になっているのではないかなと思ったぐらいである。その指揮ぶりとは反対にこの一年での変化は大きく、完全に逝かれていた。勿論楽団は分かっているのだろうが、それをカヴァー出来るほどにはブロムシュテット指揮を知らない。更に都合の悪いことに若返りが進んでいるのでヘボな指揮者を補佐出来ないのだろう。

なるほど会場の入りの悪さは、その程度の悪さを反映していた。それはパリでラトル指揮ベルリナーフィルハーモニカーが入らないのと同じで、市場というのは神の手が働くのだ。この老指揮者と座付き管弦楽団ではティーレマン指揮シュターツカペレぐらいにしか入らないのである。その芸術程度も変わらない。それでも歓声を上げる如何にも何も分らないような、私と同じく99ユーロの席に忍び込んだおっさんたちがいる。

そしてハープ奏者が出て来て座る。ブロムシュテット爺が客席を振り返って「あんたがたにプレゼントだよ」と聴衆の反応を待ってから始まった。「南国のバラ」だ、最初の小節から引き付けられた。そして最後の小節の最後の音符の残響まで魅了され続けた。私の顔がその驚きと緊張で引きつるのが分かった。ヴィーナーフィルハーモニカーでヴァルツァーなどは聞いたことがあると思う。ベーム指揮の「青きドナウ」かも知れない。しかしこれに比較するようなものは聞いた覚えが無い。そもそもヨハン・シュトラウスの楽譜があのように鳴るなんて全く想像もつかなかった。毎年のようにその中継の音響や過去の録音を聞いてもこの生のそれとは別物だった。なによりも音色が違い、その精緻な演奏には度肝抜かれた。その録音と生の違いという事では八月のキリル・ペトレンコ指揮のベルリナーフィルハーモニカーの演奏に匹敵するかもしれない。そして一体何だこの浮遊するような音響空間は?薫り高いを超えて完全に浮遊している。しかし、このように精密にはノイヤースコンツェルトで演奏されていないのは分かっている。

またブロムシュテット爺の好きなようにやらせる大雑把な指揮ぶりは、あの故プレートル指揮の瀟洒とは異なるが、恐らく振ったかどうかは知らないがブルーノ・ヴァルターのそれを想起させるようなその高踏なまでのヒューマニズムに、その気宇壮大さに打たれる。これでノイヤースコンツェルトをブロムシュテット爺がスケデュールを入れていることは分かった。しかし満92歳になってのカレンダーだろうか?来る年末年始のティーレマンの降板でも決まっているのだろうか、一刻も早く降ろして欲しい。

ブラームスか誰かが言ったかどうかは知らないが、その晩の響きなら私は臨終の席で聞いていたいと思った。彼らの賞賛ぶりが初めて分かった。このような音楽は他にはない。そしてこのような演奏が可能なヴィーナーヴァルツャーオーケストラこそは唯一無二の存在である。人類の宝である。



参照:
晩夏日和の忙しさ 2018-09-28 | 暦
カメラに譲った座席 2018-09-26 | 生活


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-09-28 23:54 | | Trackback

晩夏日和の忙しさ

d0127795_23055443.jpg
月末に三日も出かけるとなると大変だ。ある程度は覚悟していたが、ものの軽重で優先順を付けて行くしかない。結局優先順の低いとされた仕事は後回しになり、どこかでシワ寄せがくる。

バーデンバーデンは20時始まりで、終演が22時15分前であるから、帰宅は23時前である。これは助かる。先ずは大人の時間の始まりなので、その前のガイダンスが19時見当、その前に入場券を取りに行く。18時30分に付くためには、17時前にワイン街道を出ればよい。フランスでの買い物も30分以上は欲しいところだ。

金曜日は「マイスタージンガー」のお勉強に時間を割きたい。初日の2016年と比較すると一幕を通しただけで随分と自身の譜面の読みが変わっているのに気が付いた。ペトレンコ先生のお陰で、大分読み込めるようになってきた。だから参考資料にしている初日の録音の問題点と逆によく出来ているところが分って来た。一番最後まで問題が残っていたのが一幕であり、それは単にその楽曲構造が複雑なのにある。同時にオーボエなど木管楽器の妙技が要求されていて、これはしっかり吹き通すのはなかなか難しいと思った。要するに音色的にも精妙な色付けがなされている。今回の聴き所の一つで、思っていたようにフィナーレを待つまでも無く、とんでもない精妙さが要求される楽譜となっている。これは流石にペトレンコでも簡単には解決出来なかった筈だ。

だからと言ってベルリンのフィルハーモニカーと簡単に実現できるとも思わない。なぜならばやはりコートナーやフォーゲルゲザンクまでの脇のアンサムブルも重要で、レパートリー劇場で繰り返して上演していないととんでもなく難しいと思う。なるほどその録音のベックメッサーのマルコス・アイへの声は若干弱いかもしれない。しかし今回はポークナーにツェッペンフェルトが歌うとなるともうここだけで充分に満足してしまいそうだ。またデーフィットの配役も変わっているので、これも重要になると思う。とても難しいだけでなく重要な役割だ。女性二人はそれほど心配しないが、この親方たちとBMWディーラーの親仁はこの一幕の出来を左右する。勿論管弦楽が名演を繰り広げる前提でもってである。

前奏曲も良く見ると精妙な演奏が求められていて、今までは如何に勢いだけで進むような演奏に慣れて来ていたのかと思うほどで、ここでの対位法的な扱いや各動機群がしっかりと提示されていないことには、御多分に漏れずその幕開きの教会のオルガンなどの響きまで違和感を齎すことになる。フォンカラヤンがドレスデンで録音したものなどもそうした典型例ではなかろうか。

さてもう少し時間があればドヴォルジャークの七番交響曲を調べたいが、何処まで時間があるだろうか。バーデンバーデンの祝祭劇場のネット配信には前半のベアヴァルトの交響曲のガイダンスがアップロードされている。四度の動機の扱いも然ることながら、三楽章の心のざわめきのような管弦楽法などに言及されていて、まさしく私が指摘した素朴の中の聴き所なのだ。そしてまず聞いてみなければというのも全く私と同じだ。という事はコンサート前に七番のお話しか?

先ずは軽く走っておいた。週末は時間が無い。イザール河畔を走る元気なども無い。それでも久しぶりにあまりに陽射しが気持ち良いので、バルコンでのブランチとした。前回は何時だろうか?八月だろう。所謂晩夏日和である。



参照:
画像の質も生と比べると 2018-07-19 | 雑感
カメラに譲った座席 2018-09-26 | 生活


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-09-27 23:07 | | Trackback

サイモン・ラトルの貢献

d0127795_23183927.jpg
日本ではロンドン交響楽団のツアーが話題になっている。そのツアー前の一連の新聞評なども目にするが、なによりもプログラムが味噌だ。シーズン初日では毎年英国音楽特集をやるというから、まさしくこれこそがベルリンでは出来なかったことだ。その毎年の選択を子供が駄菓子を選ぶように楽しんでいるというから、流石に還暦過ぎか。それでも先日も書いたようにこちらも同じようにサイモン・ラトルの若い頃の感興がフラッシュバックしてとても嬉しい。

そこに関係するが、ルツェルンからのアンケートに答えた。一言書き加えようと思って、忘れていたら催促が来た。これは本気で参考にするつもりだなと思って、早速答えた。なにを書こうかは決めていなかったが、直にこの夏のルツェルンの音楽祭での一つのハイライトを思い出した。前プログラムのプロジェクト「40min」無料小コンサートシリーズである。これを先ず称えた。これは手間でも自信を以って続けて欲しい。最初はフェスティヴァルのアカデミー連動企画でしかなかったのかもしれないが、ラトルが出て来ることでその意味が変わったのではないか。勿論その知名度や集客力更にモデレーターとしての巧さは絶品だからである。だから日本でマーラーなどを振らせておくのは勿体無いのだ。要するにキリル・ペトレンコ以上にサイモン・ラトルで商売をしようと思っても更にこの指揮者の本望からはどんどん遠ざかっていくと思う。

だから、その前プログラムプロジェクトと、毎年同じように訪れるであろうロンドン交響楽団のプログラムをタイアップさせることを要望した。上の英国音楽プログラムでも態々ベルリンからガボ・タークヴィとフィリップ・コッブの二人のトラムペット奏者をロンドンに呼び寄せていて、流石に頂点に居た人のその動員力を示していたようだが、ラトルの一声で大きなプロジェクトが動くことは、ロンドンで移民などの背景のある若者を集めて交響楽団がアカデミーを開いたことなど、今後そうした社会的な活躍がとても期待されている。ベルリンにおいても「春の祭典」のプロジェクトなどは最も大きな足跡となっているので、幅広い層に20世紀後半の音楽を広めて欲しい。そのレパートリーこそがサイモン・ラトルの貢献が必要なのだ。無料の前プログラムの素晴らしさは、まさにそこで、誰も金を払っていないからその創作に文句を言う人も居ないのだが、その音楽に素直に魅了される人々も少なくないのである。まさしくこの人たちへの働きかけこそに大きな価値がある。

ロンドン交響楽団の音がシャープだとか、指揮者との間に親密さが見られるだとか、色々と綴られているが、結局そこで語られていないことがベルリンのフィルハーモニカーの実力であった訳で、そこにこそ超一流の意味があったのだ ― 一例をラトル時代に挙げればブルックナー演奏におけるコムパクトな音楽運びなどに尽きるだろうか。なるほど未だに「揃うの揃わない」のとか書くジャーナリストがその上の超一流の極意というのは言葉で表現出来ないのは分からないでもない。吉田秀和の文章などを含めて「その違いが判るところ」を日本語で読んだことが無いのは当然なのだろう ― その割にその人たちはアメリカの超一流管弦楽団の抜きんでたその芸術性を語らない。

日本人が日本文化でこうしたことは外人に分からないだろうなと思うようなところが、同じように欧州文化にもあるのであって、私が推奨を受けていてもキリル・ペトレンコやらのユダヤ系ロシア人などのドイツ音楽などは眉唾物だった理由はそこにある。彼が本当に偉いのは、その天与の音楽性ではなくて、謂わんとするハイカルチャーの神髄としての音楽芸術にしっかりと対峙したことにある。あれほどの才能と機会を受けた人物ならば、なにもドイツ音楽の神髄など無関係で世界中を回って仕事が出来た筈なのだが、それどころか現在よりも稼いでいたに違いない。しかしそこはやはり父親の苦労を傍で見ていたことが大きな教えになったのだろうと今は想像する。



参照:
初心に帰る爽快さ 2018-09-09 | 文化一般
19世紀管弦楽の芸術 2018-09-04 | マスメディア批評


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-09-26 23:20 | 文化一般 | Trackback

カメラに譲った座席

d0127795_23374140.jpg
ミュンヘンの劇場から電話があった。先日からあの辺りからの番号で電話が掛かったので不思議に思っていた。携帯電話と両方鳴る場合は関係者だ。そのまま放っておいたら再び二回鳴ったので出た。要するにレジデンスとかの場所であるから公館からの電話だと分かっていたが、なにもバイエルン州で悪いことをした覚えが無いと考えていたのだ。小心者であるからどうしてもまた訴訟とか金でも請求されるのかとびくびくする。

劇場がフォークトが歌う歌わないで電話を寄こすことは無いと思った。そもそもメールが分っているのだから予定変更などはそれで連絡が来る。だから不思議に思っていた。見学にも申し込んでいるので何か特別な用件があるのかなとも一瞬思ったが、カメラが入るという事で、なるほどカメラに映るから注意しろということかなと早合点していると、どうも私が邪魔になるという事だった。それぐらいいい席を与えてくれていたのである。つまりそのカメラから映るのは私が観る筈だった光景だ。これは仕方が無い。向こうが選んでくれた席であり、最上の席を選んで呉れていたのだが、カメラに譲れと言われれば、記念映像が残ることであり私が独り占めするよりも公共的な歴史的な芸術価値が高い。私には観た光景を文章にする力も無い。そこで代替は、どこがいいかとなったので勿論そのままバルコンである。方向が少し変わり、フォークトの表情は見難くなるがコッホの表情は指揮者と同じように観れるようになる。そして音響的にはよくなる筈だ。「他にも電話しなければいけないから」と言っていたから、大分大掛かりな撮影になるようだ。兎に角、まだここ二三年は集中的なお付き合いが続くので、幾らかは貸しを作っておくぐらいでいたい。まだまだ、ここぞという時が訪れる筈だ。

こうして日曜日の公演のことを具体的に頭に描くと興奮して来た。仕事が手に付かなくなる。それでも楽譜を見て行く時間も無いので、先ずは木曜日のベアヴァルトの交響曲を開いた。思っていたよりもへんてこな交響曲だった。60回も指揮しているブロムシュテットはシューマンとは違うと比較しているが、あの如何にも素人臭い綴り方はブルックナーとシューベルトの間のようでもあるが、しかしその素朴の中に耳を傾けるものもある。これはどうも生演奏を聴かなければ始まらない。後半のドヴォルジャークの方はバーデンバーデンのYouTubeに既にガイダンスが流れていた。ブラームスが珍しく賞賛していた作曲家であり、その三楽章の旋回の動機を扱っていて、そのブラームスの三番にもあるそれは糸を紡ぐの歯車ということだ。勿論動機をそのメカニックな動きと対置することは良いのだが、そこには和声のシステムがあることを無視してしまえない。この辺りが造形美術の分析と異なる音響の物理現象だ。

中秋の名月という事で窓を開けて例年のように撮影した。早めの時は雲の後ろで見えなかったが、上空は晴れていた。今年はとりわけ寒い。翌朝も森の中を走っていると日陰が続いて凍りそうになった。まだまだ外気温は摂氏数度あるが、今年は寒い。九月は私が知る限り最も暖かい九月となった。この夏は乾燥していて陽射しを避けている限りとても過ごしやすかった。この乾燥が続くととんでもなく冷えるかもしれない。アイスヴァイン収穫も早いと思う。

木曜日から週末への服装を考える。折角洗濯を急がせた夏用のピピンのシャツは要らなさそうだ。冬のシャツを考えていなかったので、慌てている。これは新しいシャツを下ろすべきかと思う。週末はカメラも入るのでおかしなように目立ちたくはないので少し考えている。とは言っても初日でもないので黒蝶タイをするまでの必要も無い。まだ冬服という訳ではなく、本来ならば最も融通が利く筈なのだが、この夏一番の薄着で出掛けたのが先週だから、衣替えが必要になった。



参照:
予想を裏切って呉れる 2018-07-12 | 文化一般
再びマイスタージンガー 2018-06-22 | 生活


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-09-25 23:37 | 生活 | Trackback

古工場の中の演奏会場

d0127795_22055676.jpg
承前)トーンハレマーグについて書いておかなければいけない。特にその設置環境である。これは如何にもスイスらしさもあるかもしれない。なるほどドイツにおいても嘗ての駅舎や工場跡などは新ホール開設などの時にはどこでもまず候補に挙がる。それほど空間も余っており、土地も有効利用されていない場合が多いからである。そのような中でもスイスの場合はそもそも市場も小さいので会場も小振りである。だから駅舎などでも新しい芸術のメッカとなっている場合が少なくない。それ以外にもそうした想像に係るようなアトリエなどが多くの工業団地の空きスペースに入っていることも少なくない。スイスの工場などは一部の例外を除くと小さいからである。

このハーグのトーンハレは2020年の改装までの借り住まいなのも特徴的である。本来のトーンハレの方は銀行街にも近い湖畔の市街地区にあって世界一の音楽会場とも言われているが、私自身は用事があって楽屋口からしか会場に入っていないので、何が素晴らしいのかは知らない。音響は悪くはないが、開場の1895年当時の底に重いような鈍った響きが特徴だ。だからジムメン指揮の録音など聞く気もしないのである。但し楽屋は指揮者室も含めて惨憺たるもので、如何にもスイスにある埃被った古い建造物でしかなかった。恐らく、会場だけでなく、バックステージを補強するのは当然だろう。まともな指揮者は来ない。という事で若杉なども一時いたようだが、短期間で皆交代していた。

そうした湖畔の空気を喜ぶ定期会員などは新しい会場の三年間はお休みする人も居るようで、なるほどあの雰囲気では本当に音楽を愛する人しか来ない。そして響きは今までこの管弦楽団からは聞けなかったような繊細な響きが楽しめる筈だ。創立150年の管弦楽団である。一部には若い人が増えるだろうという話しもあったが、なるほどその会場環境から服装コードなども気楽になり、音響も軽みがあって、新たなレパートリーに向いている。パーヴォ・ヤルヴィにも期待されるところである。

チューリッヒは一時毎日通ったこともあり、街はよく知っていたが、この工場団地のところはいつもMIGROSを右に見て、通り過ぎていたところである。だから小さな高層ビルも初めて気が付いた。だから地図を調べていても駐車場への道を何度か間違った。最初は嘗てのルツェルンへと抜ける交差を上がってしまい、無理して橋の上で転回、その次は会場の前に出たが駐車場に入れず、その次で漸く道標識を発見すると同時に車庫入れとなった。あの手の工業地の特徴で、道が建物の中を通ったり、ラインがハッキリしていなくて慣れないと気持ち悪い。だから今後は簡単に出掛けられる。往復で、670㎞ほどしかなかったので、燃料費も大して掛からない。最後のチューリッヒ前に事故渋滞で一時間ほどサーヴィスの駐車場で休んだのだけが予定外だった。今年は日程的に難しいかもしれないが再び訪ねてみたいと思う。まだ2020年まで時間はある。その間にヤルヴィが大きな成果を上げるかどうかは分からないが、ホールが良いので沢山の事が可能となる。恐らく今までのホールでは叶わなかった精妙な仕事が可能となるだろう。管弦楽団の世界的グレードアップが叶うか?

帰宅は、引けたのがスタンディングオヴェーションのお陰で21時30分過ぎてていた。幹線道路脇の駐車場からの車庫出し、左折一回の信号だけで、高速に入る。それでも午前一時前の帰宅は厳しいと思ったが、ラインフェルデンでの国境超えも、すんなりと行った。アウトバーンも飛ばせたが、やはり眠くなってきた。エスプレッソを飲み、更にワイン街道アウトバーンで一休みして、結局自宅まで信号も無く、帰宅した。自宅から何処へでも信号が無いのが一番早い。燃料費は高かったが、駐車料金が10フランケンで、高騰分はこれで大分助かった。バーでのコーヒーも良心的な価格4.50フランケンで、プログラムも無料だった。(終わり)



参照:
ホールの長短を聞き取る 2018-09-10 | マスメディア批評
歴史的独楽器配置の箱 2018-09-05 | 文化一般


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-09-24 22:13 | 文化一般 | Trackback

贖罪のカタリシスヘ

d0127795_23210044.jpg
久しぶりにとても怖い夢を見た。今まで記憶にある中でその怖さが特異だった。前後の関係はあまり分からなかったのだが、食事の席に合席する人が主役だった。殆ど水木しげるの世界だった。水木の妖怪辞典のフランス語版は購入したが、それ以上のオタクではない。しかしそのアニメ感などはまさにその世界だった。なぜ今頃そんなものを見るのかは分らなかった。しかしその背後への世界観は可成り社会学的なもので、これまた自分自身がそんなことも考えているのかと思って驚いた。

何気なく簡単な恐らく温泉宿のようなところで同席する人と色々と話しているうちに、こちらが加害者側の社会に属していて、途中からとても心苦しくなるというものだ。どうもここ最近の沖縄問題などが脳裏にあったようだ。そして息苦しくなって来て、首筋を掻き毟るようになって、ひょっと向かい側に座るその人を見ると、顔色から血の気が失せていてこの世の人ではなくなっているのだ。ここがそのもの鬼太郎のアニメに近い。すると更にそこに並んで同じ被害側にいた血の気の無い人達が勢揃いして対面している。ここがまた怖かった。

しかしそれだけでなく、次から次へと食卓の向こう側に座る人の民族やらがこちら側との関係の相違によってどんどんと変わってくる。勿論個人的な関係で対面する人も現われる。要するに私が加害者で、対面するのは皆被害者という関係になる。これは可成り恐ろしく、その都度私は胸を引きちがれるような苦しみを味わうのだが、その都度対面する人たちが苦悩を超えて血の気の失せた形相となる。

しかしそれがどうだろうこちら側の罪のような意識が芽生えると、その人々の群れが霧散していくのである。それは贖罪のようであり、ニルヴァーナのようであり、文化的な背景よりも社会学的な背景に興味が向かった。要するに被害者側の問題であるよりも加害者側の問題であり、それは個人の枠を超えて社会的な枠組みを意味した。夢物語であるからどうしてもスヴェーデンボリを想起するが、ベルイマンの映画も思い出す。

朝は霧雨の一歩手前といった感じだったが、パン屋のあと峠を攻めに行った。外気温は摂氏11度であるがそれ程冷やりとはしていない。峠から降りて来るといつものようなところでライヴァルの婆さんに出合った。今日は森の中に私たちだけだよと言われた。なるほどいつもの息子も着いて来ていない。午後から悪天候と予想されているから態々出かける人はもの好きである。

帰って来てからヴィーンからの生中継を聞いた。なんといってもベアヴァルトの交響曲が面白かった。これは少し調べてみても良いと思った。楽譜もDL出来たので、後半のドヴォルザークよりもこちらをお勉強しようかと思った。それほど後半は眠ったような演奏で ― ダイナミックスなども逆さになっていたから指揮におかしな動きがあったのだろうか ―、演奏旅行に出れば流石にもう少しまともに演奏するものと想定する。あのままでは二度とお座敷が掛からない。しかしどうしてもまたあのいつもの拍節のボケたような演奏でも差が出るのだろうか。まあ、どちらでもよいようなブリュッセルからルクセムブルクを経て、バーデンバーデンへと徐々に良くなってくるだろう。

来週の「マイスタージンガー」のネットストリームもオンデマンドでも流すようなので、帰宅後に直ぐ落としておけば少なくとも記録としては使えるだろう。一般的には生を聞いた後ではMP4などは当分聞く気にはならない。いい演奏になれば記念上演フィルムとしてまたどこかで編集後中継されるだろう。劇場が使っている写真が私が切り取ったところよりも悪い。なぜならば今回はデーフィットの役も配役が変わっているので、おかしいのだ。

ダブルブッキングになるもう一件のアウグスブルクの宿も今日明日のうちにキャンセルしておかないと忙しいと忘れて仕舞う。出来ればもう少しミュンヘン市内から近い都合のよい宿が見つかるとよいと思うが、さてどうなるか。



参照:
杖の無い爺に導かれる 2018-09-18 | 文化一般


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-09-23 23:22 | 文学・思想 | Trackback

オーヴンのガラスが再脱落

d0127795_20230320.jpg
オーヴンの掃除の準備をした。前夜から液剤を塗布しておいた。それがパーソナルの都合で成らなかったので、使うために仮に拭き取っていたら、四年前に貼り付けた二重窓のガラスが脱落した。苦労して初めて使う高温用シリコンで接着したのだが、もう一つ着き方が悪く、下が当たって無理もあった。だから脱落した。再度接着である。前回二度挑戦したのは、一度目はシリコンを押し出すピストルが無かったからだ。

今回は前回使ったシリコンがまだ使えるかどうか調べることから始まった。しかしどこにしまい込んだか思い出せずに数時間探した。そして見つけて指で押して、足で踏むと蓋が開いて、まだ使えそうな雰囲気であることを確認した。ピストルは再び借りなければいけないが、先ずヘラで試してみようと思った。

二回試しているので、問題点は分かっている。先ずはヒンジ金具に油を差して動きをなだらかにする。そして、赤いシリコンを除去する。今回は車のために各種紙やすりがあるので、前回以上に塗布面を完璧に整えられる。それから取り付け金具がぐらぐらしていて、最終的に貼ったグラスが枠に当たることになって脱落の原因になる。これをもう一度ネジを締めあげて、更に瞬間接着剤で固定するように試みる。

そこで初めて古いカードか何かをこてにして万遍無く分厚さを整えて、塗布する。5㎜で二日の乾燥時間とあって、一週間ほど乾くのを待つことになっているので、出来るだけ薄く3㎜程度までに抑えたい。既に二度試しているので、今度は上手く行くのではないかなと期待しているがどうだろう。大抵このような仕事は準備とその計画で殆どその出来が決まりそうだ。

さてこの週末は、試飲会以外には、上の修理と、「マイスタージンガー」のお勉強、それに来週のヴィーナーフィルハーモニカー公演のドヴォルジャークの七番交響曲のお勉強と録音だ。ベルヴァルトはヴィーンからの生中継聞くのが一番だろう。ドヴォールジャークもLPぐらいでしか聞いたことが無い曲である。



参照:



[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-09-22 20:25 | 生活 | Trackback

トーンハレの代替ホール

d0127795_22500859.jpg
承前)チューリッヒから戻ってくると二時を過ぎていた。途中で眠くなって30分以上二回も休んでいたからだ。スタンディンオヴェーションになってから舞台の下でハイティンク氏が佇んでいたが、あれは望外に上手く行ったので楽団員を迎えるようでもあり、そのあとまた呼び出されるつもりだったのか、実際そちらの方に駆け寄るおっさんも居たが、こちらも帰りを急ぐ身でありどうなったかは知らない。私自身ミュンヘンのオペラでも最後まで居残るようになったのは「タンホイザー」ぐらいからでありそれ以前はそれほどの必然性を感じていなかった。やはりあれはアウトグラムを貰うとか話しかけるとかとは違って、よほどの賞賛の意思が無いと暇潰しでは出来ない。

今回の旅の目的は当初から、トーンハレの代替であるマーグのホール見学にあった。勿論そこで音を聞かないといけないのでパーヴォ・ヤルヴィの演奏会を探していたら、先ずここ二年ほど聞いてみたいと思っていたハイティンク指揮の会があるので一番安い席を購入した。そのハイティンクは周知のようにMeToo騒動で代わりとして急遽ルツェルンで振ることになって一足先にマーラーの交響曲で聞いたのだった。それでも会場と共に、今回出掛けた甲斐があった。

なんといってもこの会場は今一番評判のいい会場でエルブのように初期修正する必要も無く、ズルヒャー湖畔トーンハレが改修されれば解体が決まっている。そして既にシナからは解体したそのままの買い付けオファーが出ている。それを知った指揮者ヴェルサー・メストは「これは百年に一回の幸運で、解体などあり得ない」とその会場の価値を表現している。実際1200席しかないのでどの管弦楽団が弾いても贅沢で、更に音が飽和しない。一人頭の容量が充分にあると見える。

最初に入った時に何人かの楽員が思い思いに音出しをしていたので、色々な場所から聞かせて貰った。小さな割には癖が無く、なにか上等の音楽室を大きくした感じだ。左右の壁を傾斜させているだけで、それほどの特徴は無いシューズボックスで、天井の反射板を含めて全てがモミの木だからIKEA素材ホールと言われている。それどころか外壁も同じだから、鉄筋に板を張り付けたような構造だ。それが視覚だけでなくとても素直な音になっている。簡単に説明すると空いた工場の中にプレハブで中にホールの巨大な音楽室を造ったようなものだ。つまり雨漏りなどの外壁処理はIKEA素材に必要ない。それでも一番交通の多いストップアンドゴーを繰り返すハルトブリュッケの脇にあるが、意外に騒音を感じなかった。なぜだろう。

最も安い席30フランケンだったので、前から三列目の一番端でバルコンの下だった。私のような最初に購入した人にはこの配券は失礼だと思うが、後半は五列目が空いたので、その真ん中側の屋根の無いところに出た。調べると80フランケンの席だった。それでも全奏でも決しておかしな反響や残響や共振が無かったからやはり奇跡的だと思った。同じ素材の台のような舞台も低くはないがそれ程高くは無いので、特に横から指揮者とヴァイオリン群を代わる代わる見るには都合が良かった。なによりも近いので細かな表情とかが分る。お互い様である。なるほど大きな管弦楽で全体像が見えないとか楽器への見通しが効かないとかいうのはあるが、楽譜をある程度調べているなら大丈夫である。平土間で遠くで視界が効かないよりも良いかもしれない。久方ぶりの被り付きだった。

バックステージは最低限しかないようで、直前になってから客席を通って着替えて楽器を持ってくる楽員が多かった。ロビーは工場の一部といった感じで、スイスなどにもよくある剥き出し感を使っている ― それどころか私の知っている日本でも公演しているスイス人音楽家などはそのような印刷工場跡地のようながらんどうの下に布団をひいて暮らしていた。あれで落ち着く人が居るのも不思議だ。その手のバー宜しく飲食物も出は悪くは無さそうだった。但し初日はガイダンスが無かったので知らないが、別の部屋を使わないと落ち着いて聞いていられない。ヘルメットを被っての工場見学ではないのだから。(続く



参照:
ホールの長短を聞き取る 2018-09-10 | マスメディア批評
管弦楽への圧倒的熱狂 2018-06-08 | 文化一般


[PR]
# by pfaelzerwein | 2018-09-21 22:52 | 文化一般 | Trackback