一体、何時のことだったろうか?

今日は何曜日だろうと何度ともなく繰り返した。月曜日だと分かって何度も得したような気持ちになった。朝六時前から十時までに殆どの用事が済んでしまった。昨金曜日に出来なかったことが、夕方までに全て済んだ。

足の痛みに、最後に走ったのは何時だろうと考えても昨日日曜日の朝だったのだが、随分と月日が経ったな気さえする。日曜日の朝から飛ばし過ぎたのか、月曜日の朝から飛ばしたのかは分からないが、これでジックリと週を過せそうである。

オールインワンのファックス機を今晩にでも注文出来るだろうか。キャノンのプリクスマシリーズだけでも色々とあってなかなか情報が纏まらない。それでも何とかなりそうである。気になったのはその動作音についての様々な見解とのカートリッジの価格の問題だろう。

千枚単位の手紙や資料を制作するならインクジェットでは駄目だろう。カラーを入れ替えないと、黒も印字出来なくなるとかあるが、結局はあまりカラーを使わないものにとってはインクだけを入れとけば固まるまでは使えそうである。カラーをあまり使わないものにとっては色素ごとの入れ替えも面倒そうである。結局こうした点から徐々に購入機器が決ってくる。
[PR]
by pfaelzerwein | 2010-11-16 03:24 | 生活 | Trackback
トラックバックURL : https://pfalz.exblog.jp/tb/12280677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 実験資材の激しいバラつき 夜中の知らぬ間に停電 >>