想像することと体験すること

独日協会の新年会があった。神戸市出身の者が三人いた。偶々垂水の人と聞いて地震の話となった。当時は既に北区に引っ越していたようだが、玄関先が割れていたという。偶々話を聞いただけである。震災の日とは知らなかった。あの日は、同じようにマンハイムにいて、音楽学校の発表会に居たのだった。正直、今やそれ以上でもそれ以下でもない記憶となりつつあり、被災者との心理的な距離感は益々遠い。同じように、原爆の被災者であったり、虐殺の被害者であったり、空襲に焼け出されたりといった状況をどんなに想像しても難しいのである。体験することと、映像などを見て追体験することの隔たりは大きい。

要は、なかなかこうした感覚的なことは、高度な芸術やその他の手法を用いなければ、広く共通の認識としてのコミュニケーションの中身とはなりえないということでもあろう。

昨晩は、アルパイン協会の新年会で、今年の公式行事の説明会があった。1千人を超える支部所属会員の中の極一部の積極的な面々しか顔を見せないのだが、それはそれで久しぶりに顔を合わせる者もいて挨拶をするだけでも大変である。山登りの会の場合の古典的な悩みで、その活動の幅が広がれば広がるほど内々での意思の疎通が上手くいかなくなるのである。しかし、その規模も限られていて大都市のクラブではないので、そのあたりの見通しは良い。所謂都会的な疎外感がないのがとてもよい感じである。逆に、外から入ってきて根を生やすまでには大分時間が掛かるのである。大都市と中小都市の差がこうしたところに顕著となる。

更に以前からすると、私自身のように可也広い範囲でアウトドアー活動を行うようになると、少なくとも各グループ間を浮遊する気楽さが出来て、更にアットホームな感じになって来ている。特に今年はスポーツクライミングの初心者コースも設置されるので、そこから家族グループや青年グループとの人間関係が進展する予定である。さてどれぐらいの人が石切り場に集まるようになるのか、楽しみである。

さて、私の岩登りの三つ違いのライヴァルは計画の四千メートル級の登山に躊躇している。幾らかの経験はあるのだが、やはりシュタイクアイゼンと手袋でのコムビネーションの岩登りや高山の気象変化などに不安感をもっている。彼とは可也技術の限界域の岩壁を登っているので、そのどこか腰が引ける性格は重々承知している。もう少し、距離を置いて観察することにした。もう一人の候補者は奥さんの放射線治療などの進展で飛び入りしか出来ないようだが、明らかに前者の大男に比べると体力的にも技術的にも準備が十分に出来ないと難しいだろう。しかし秋の岩壁登攀には二人とも顔を揃えるに違いない。

いつもの森のトレーニングコースで雪の中、一度は後から追いかけてきたことのあるノルディックウェーキングのばあさんに年末に会った。あの雪の中を一人で歩くばあさんは特殊であり、可也いってしまっている ― こちらは雪の中を滑りながら走っているのだから更にいってしまっていると噂しているに違いない。恐らく嘗てはスポーツを本格的に行っていた人なのだろう。とても身が軽そうでいながら、足取りや走り方はどうも我々とは違うのである。

五月には再度60キロメートルハイキングが行われる。今回は靴も完璧で、トレーニング量も違うので、前回の雪辱を晴らすと宣言しておいた。これもとてもよいコンデションニングの目安となる。そして腹に脂肪が溜まってきたというリーダーらと健脚振りを競えるのが楽しみだ。挑戦状をぶつけて置いたので、リーダーもトレーニングに励むことだろう。

何事にも拘らずこうした良きライヴァルに恵まれることも機会に恵まれることもとても重要であり、こうした状況が十年前にあったならばと想像してみないこともない。その場合の現在の肉体状況や健康状況さらにライフスタイルは大分異なっていたように思われる。必ずしも幸か不幸かは判断出来ないが、今後十年先のことを考えれば持続性ということではもしかすると現況で良かったのかも知れない。失われた十年、失われた二十年、なんとなくバブル経済やそうした社会情勢にも関連しているようで、当然の事ながら全く自分の意思だけではどうにもならないことであり、自らを取り巻く環境の変化の中でしか、捉えることが出来ない事象であるのだ。

十年前、たらればを考えても仕方ないのである。体験することと想像することは全く違うのであるから。
[PR]
by pfaelzerwein | 2011-01-17 07:31 | アウトドーア・環境 | Trackback
トラックバックURL : https://pfalz.exblog.jp/tb/12708433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 体験するとは爆発だ! 環境の一部である全人格的な行い >>