降臨前の最後の買い物

d0127795_18584094.jpg
待降節第四祝日に催し物が行われていた。広場にはクリスマスマーケットは出ないが、最初と最後に催し物があった。聖歌などが流れた。ヴァインフェストよりは良い。風もあったが篝火に人が集まっていた。

最後の土曜日の買い物客でスーパーも混んでいたが、今年は金曜日までの買い物なのでそれほどではなかった。我が家では例年の通り、肉屋が休みに入るので年末年始分のものを注文購入する。

グリーンペッパーとキノコミニザウマーゲン、栗ザウマーゲン、マイクロザウマーゲン、スモークドシュヴァールテンマーゲン、鴨の燻製、リースリング煮凝り、バムビの肝臓パステータなどである。イヴの朝にマーケットが出ていたが、今回は魚のテリーヌは断念する。パン屋ではフルーツケーキ、黒ゴマ白パンなどを購入。それらを取りに行った。

二日間の食事であるから、野菜さえ合わせれば十分すぎる。暖かいが雨勝ちのクリスマスとなりそうである。運動不足にならないようにしなければいけない。

眼鏡の返還が未だであったので、電話したら、問題のレンズを発注したと言うのだ。年末前には出来上がるとぬけぬけとぬかすので、なんとでも古いレンズでも返してくれと言った。注文して時間が掛かるなら先ずはそのようにすべきだろう。そもそも古い眼鏡が使えるぐらいならば大枚叩いて新しいものを購入しない。直ぐに取りに行った。新しいうちに一週間も使えなかった。そのお蔭で肩こりなどで体調を壊した。冗談ではない。恐らくコーティングの製造技術上の問題だったのだろう。



参照:
冬至過ぎてクリスマス休み 2013-12-23 | 生活
待降節第四週目の朝 2012-12-23 | 暦
昨日の雪は昨年の雪 2012-12-08 | 雑感
[PR]
by pfaelzerwein | 2013-12-24 18:59 | | Trackback
トラックバックURL : https://pfalz.exblog.jp/tb/20143153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 寝床から起こされる ホモのチャイコフスキーは? >>