上半身にみあう下半身

明日月曜日はパンを買いに行って、火曜日の準備もしておこう。水曜日から二週間休みになるからだ。出来るだけ保存の効くパンを調達しておきたい。シュヴァールテンマーゲンなどもあるのでパンが無いと困る。

今週は走る機会が無かったので頑張って急坂を走りに行った。MTBが先に出発していったが、その登り始めのスピードを見て遅いと思っていたら、途中の展望台状のところで休んでいたので追いついた。MTBを抜かすのは初めてだった。「なかなかの走りだね」と声が掛かったが、それほど速く走ったわけではない。それでも抜かれたくないので頑張って緑のベンチまで走り抜いた。16分、1428歩であるから決して早くはない。脚は痛くならなかったのと、呼吸で可成り心肺機能をフルに使えた。雨勝ちであり、足元も悪く、月曜日に走ろうと思うので頂上に気は断念した。下りに、MTBにすれ違い、降りて来て、車を走らしだすと雨がまた降ってきた。

今年は少なくとも週一回若しくは二回のペースで走り抜いた。距離は知れているが、昨年までと比べると、力みが無くなった。軽く流す方法を身につけたからだろうか。急坂を走る練習をしていると、平地を流す走り方も分かってきた。同時に体幹もしっかりしてきたと思うが、足腰も鍛えられてきているに違いない。そして知らぬうちに上半身の特に上腕が膨らんできているので、それにバランスが取れるだけの体幹や下半身が欠かせない。

先日FAZに差し込まれているマガジンのページを捲っているとルイヴィトンのCMがあった。小柄なブロンディーヌが鞄を膝に乗せていたが、そのスカートは膝上十分で、素足だった。今年は「ブロンドの彼女」のレンギスに始まって結構ミニスカートやホットパンツに気が付いたが、いよいよ素足になったかと思ったのである。これは決して悪い傾向ではない。「愛しの彼女」が日本のミニについて話していたが、是非今度会ったときには素足のそれを勧めたくなったのである。ドイツ女性となるとジーィンズが決まりの時を過ごして来ているので、もう少し折角の美しいおみ足を拝ませて頂きたいとのお願いに回ろうと思うのである。



参照:
積極的に加速し続ける合理 2013-01-03 | アウトドーア・環境
つまった苦味に合わせる 2013-12-18 | 生活
匙ならず賽を投げたその時 2013-03-10 | 女
[PR]
by pfaelzerwein | 2013-12-29 20:44 | 生活 | Trackback
トラックバックURL : https://pfalz.exblog.jp/tb/20164037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 索引 2013年12月 少しでも良いように変える >>