ステテコの夏が過ぎた

d0127795_2031170.jpg
先日、日本のネットを見ると、ステテコというのが出ていた。なぜ今頃流行っているのかと写真を見ると、今自宅で夏着として履いているものと同じではないか。自分の場合は、通常に売っている半ズボン類よりも大きめの生地の良い下着を重ね着すると安上がりなことに気がついて、そして何よりも快適なのでそれを履くようになったのだ。

要するに下着のままで夏中過ごしていることには違いは無いのだが、流石に出かけるのは控えても人が来ることぐらいはそれほど問題ではない。要するに高級そうな純綿のものを履いている。毎週のように洗濯しても確りしていて、快適さと見た目はそれほど落ちていない。最高級品を購入しても安いのだ。ステテコと聞いて、まさか欧州にまで移住してステテコで生活するなどは考えてもみなかったが、そのように定義されてしまうと否定のしようがないのである。

夏用の半袖パジャマを入手した。夏の終わりで来年度に備えるチャンスと思ったからである。大きさが問題となった。今まで使っていたぼろぼろのそれがサイズ52だったので、同じものを購入したが安い割にはXL52で生地をゆったり使っていて大きめとなった。色合いは今まで使ったことのない砂色で悪くはないと思った。よく見ると前回購入した新しいものはLでサイズ50だった。なるほど腰回りなどには、ステテコ部屋着の54ほどの余裕である。上着も大きめだ。私が着ると膝の長さもあって、丁度甚平のようになる。洗濯で少しでも縮むと良いかもしれない。

上体は筋肉質になってきている一方どうも脂肪が絞られてきているのだろうか、プロポーションとしては良くなってきている筈だが衣服のサイズとしては若干難しいところに差し掛かっている。基本はLで、その上下という感じであろう。二十歳代の時は48が着れたかと思うと、それよりはまだ太い。もう少し筋力をつけたいことには変わりない。

急に冷え込んできた。朝が冷える。山は雪だ。夏の装いで走ると肌寒かった。それでも準備体操の時にも震え上がることはなく、走る風当たりが堪えることも無く、汗を掻き難いので比較的走り易かった。汗の掻き方が明らかに少ないから最後までアクセルを入れたにも拘わらず結構苦しかった。それでも計測上不調から抜け出せない。理由は分からないが、左膝も違和感を屡々感じる。

もう一つ、現行のジーンズを購入したのが三年半ほど前になるので、秋ぐらいに一本欲しい。太さは同じカットでもう一つ絞れそうだが、色合いを考えている。それでも安い方が良い。現行のものより明るめにするか、暗めにするか?オペラの立見席など最近は夜履いて出かけることが増えたので色々と考えている。また散髪に行こうかとも思ったが、涼しくなったので一週間延長することにした。

来週は車検である。エンジンの問題点があるのだが、どのように試験前テストをするのだろう。あまりにも停止時の回転が下がり過ぎているので、排ガス規制などは通り易い筈だが、条件を合わせないといけないとなると、どうしても問題点合わせに掛かるのだろう。その後にあと900kmに迫っているインスペクションもあるので、さてどうなる事か?もし燃焼状態がエアーが噛むことなどで正常ではないとすると、検査前に調整する必要が生じて来る。



参照:
尋常ではない二月の気象 2014-02-20 | アウトドーア・環境
衣装替え無しに汗滴る 2012-09-24 | 暦
[PR]
by pfaelzerwein | 2016-08-11 20:05 | | Trackback
トラックバックURL : https://pfalz.exblog.jp/tb/23391706
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< インタヴュー、時間の無駄六 近代天皇の意味、国体 >>