週末はそれなりに色々と

d0127795_22502496.jpg
今週は三回走った。一度目は週末の疲れの体解し、二度目は沢を往復、三度目は峠である。走るときは比較的涼しかった。日曜日には、先週の同じころ下りてきたところで出会った夫婦が、先に居て、走り出した。嫁さんは膝までのハイソックスで、二人の一人が腰高の小さなサックを背負っている。殆ど肩についているような形である。見ていると峠攻めの林道を走り出したので、長く見ない爺さんに続いて久しぶりにその林道を走るライヴァルだ。但し走る速度がその爺さん程度だったので、時々見かける走り慣れた奥さんとは大分遅い。奥さんの方は山道も軽快に走っていて、林道も盛んに話しながら並走していたのを見て、可成りの実力だと思っていた。それに比べればこの夫婦らしきは大分遅い。但しサックが気になるのだ。長い距離をゆっくりと走るのだろうか。

準備体操をゆっくりしたので、最低二分以上経過後に走り出したので、途中で後姿を追いかけるようなことはなかった。こちらのスピードも最高記録時からすると一割ほど落ちているので当然かもしれないが、最後の上り直線ぐらいで追いつくという見込みもあった。しかし、途中で親爺の声を聞いたようなところで、林道の脇道もあったので、その辺りから谷への周遊ルートを走っているのかもしれない。すると長い距離というよりも、最後に再び駐車場へと上がってくる道程を走るのだろうか。少なくとも下って来た時にはまだ車があったような感じだったので、先に戻ったという事はないだろう。また来週も会いそうなのでも少しわかるようになるだろうか。

パン屋で並んでいるとき、大衆写真紙ビルト新聞に、シュマッハーの娘が金メダルを獲得したとあった。ネットで調べてみると馬術の大会でリオでは無いようだが、新聞の見出しを見るとつい購入してしまう人が少なくないのだろうと思わせた。私も上手く騙されていた。流石なタブロイド紙である。

先日ソファーで画面を真っ直ぐ見るためにUSB延長ケーブルを購入したいと書いた。探すと同じアマゾンオリジナルの2m延長が比較的安くあった。勿論5mのケーブルを購入してみても良いのだが、価格も高く、付け替えるのが面倒なので延長を試してみたいのである。この延長があれば少なくとも充電器からの延長などで、旅行などには使いやすいだろう。無駄にはならない。

USBは規格上、5m以上は延長しないようになっているのだが、今回は3mに2m延長で合わせて5mになるが接点が一つ増えることになる。DACに正しいデジタル情報が送れるかどうかは試してみなければ分からない。手元にある極細延長コードを繋げると、一瞬だけ音が鳴って、そのあとはプログラムが落ちてしまった。これほどひどくはならない筈だが、なんら認知できるような影響が起こるのだろうか。転送速度などには殆ど問題が無い筈だが、なにが変わるのか、使い物になるのか、ならないのかなど興味津々である。

同時に昨年来使っていたラッカースプレーの最後を使い切ったので、同じ缶を発注しようかとも思っている。二つの横並びの洗面器の排水口の塗装がここ十年前に剥がれて、どうしてもそこはあまり使わなくなっていたのだが、その部分をラッカーを使って化粧直しすればよいと思ってやってみる。残り量が少なかったので二度塗りが必要そうだが、先ずは再び精神衛生上に使いやすいようになった。色合わせもあるが、先ずはこの色で使える場所が多いので、これを再発注するのがベストと考えた。



参照:
光を有効に使う方法 2015-12-13 | 生活
ファイルを再生する 2016-08-14 | テクニック
[PR]
by pfaelzerwein | 2016-08-14 22:51 | 生活 | Trackback
トラックバックURL : https://pfalz.exblog.jp/tb/23399866
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 汽車をじっくり見た dffファイルを再生する >>