日蝕を経た真夏の週末

d0127795_1420060.jpg
今週は、曇天に始まっている。涼しいので過ごし易いが、窓を閉めるよりも開けて就寝した方が気持ち良い。風が吹き出して低気圧の影響からか少々鬱陶しく感じる。

先週は暑い日々であったが、天気は良く太陽に恵まれていた。しかし、金曜日には部分日蝕があったようで、此方は曇天ながら昼前に翳ったあと、気温は予想通り十分に落ちた。その後週末も過ごし易い天候で今朝に到る。今週もいよいよ真夏の終わりのような天気が続きそうである。

先週お昼の炎天下に歩いたキルヒベルクと呼ばれる斜面には、昔ながらの石垣が再建されて、テラス状のワイン地所が復興している。ミッテルライン地域の規模とは比べるまでもないが、興味深いプロジェクトとなっている。



参照:
非公認ガイド修行の午後 [ アウトドーア・環境 ] / 2008-06-06
日蝕 12,8% (散歩絵)
[PR]
by pfaelzerwein | 2008-08-04 14:21 | アウトドーア・環境 | Trackback
トラックバックURL : https://pfalz.exblog.jp/tb/8392949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 擦れ違う視線の笑い 日本人は惨めっぽい? >>