青いブルマに魅了される

今日はなぜか北京での日本選手団の活躍がTVで多く映された。柔道ではなかったが、フェンシングと女子バレーは特に長い時間みる事が出来た。

フェンシングは、ドイツのクレフェルトの若者が金メダルを取る相手になったのが京都の日本人であり、完全生中継されたが、初めの形成が決まってしまう緊張した場面は来客があって見逃してしまった。実力の差にも増して、心理的な差が大きかったのかどうかはだから判断出来ない。しかし、よく日本人が専売特許のように発言する精神性にかなり差があったように感じた。やはり真剣勝負から導かれる集中度とか殺気などは、ただのスポーツではないと感じさせる。剣道も然り。

初めて、現代の日本バレーボールチームの面々を観た。人気物の恵とかいう名は聞いていたがなるほど上背がある。それでもポーランドチームと比べると小さく弱弱しく狡猾な雰囲気があるので、ドイツ第一放送のナレーションが、ポーランドチームに火をつけろ、打ち込めといらいらする気持ちはよく理解出来た。

TVに映される表情などをみていると、日本女性のそれよりもポーランド女性の気持ちの動きが手にとって分かってしまうのは、日常生活からしかたない。ドイツ女性に続いて、ポーランド女性と接する時間が多い年月が既に人生の半分近くなってきている。日本女性は、昔から苦手であったが、さらに理解し難い存在となってきている。

少しぼけっとした表情になんとなくその心情が辿れるようだが、とても難しい。しかし、嘗ての東洋の魔女と名付けられたほどの不思議さは、幾らかその目も止まらぬちょこまかとしたコート上での動きに片鱗が見えるほどで、相手にとってお手上げの雰囲気にまでは至らなかった。なんとなく雰囲気があの伝説的な映像を思い出させるのは、体格はよくなったと言っても同じ民族だから当然であろう。しかし、金メダルを取るような威光がないのはそれでもよく知れた。

ポーランドチームはこれで可能性が無くなり、ポーランド人の北京オリンピックへの関心が俄然落ちるかと思うと、ポーランドの敗戦は残念である。それにしても、あのポーランドチームの青いブルマーは、彼女らのお尻を大変美しく魅せていた。幾らトップスポーツウーマンとは言っても、ポーランド女性の下半身にそれほど魅了された事は今まで一度もないので、あのブルマーのカッティングがとても優れていたのだろうと考えている。
[PR]
by pfaelzerwein | 2008-08-14 05:26 | | Trackback
トラックバックURL : https://pfalz.exblog.jp/tb/8444438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 君が代はおろかしく厚顔 軽蔑される浅ましい輩 >>